*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Wedding on Marine Day
20110718.png
全英オープンゴルフでD.クラークが悲願のメジャー初制覇を成し遂げ、その数時間後に我らがなでしこジャパンのW杯優勝。
興奮と感動をたっぷりと味わい、清々しい朝に少しだけ眠る。

日中諸々の用事を済ませた後、新宿の京王プラザホテルへ。
受付時間より早めに着いて、披露宴終わりの友人たちとラウンジで合流。
スーツ姿の自分もプレミアだけど、ドレスアップした女性たちはとても素敵。
久しぶりの友人もいて、受付時間ギリギリまで談笑。

17時。受付を済ませて47階の二次会会場へ。
今日は、「アンタント」にウェディングプランで来てくれた友人、AKIRAちゃんの結婚式だった。
「NIGHT SHAKER」という青山でやったショウイベントで出会ってから7年。
まさかサロン経営者とお客様という関係にもなるとは思ってもみなかった。

底抜けに優しく、なによりも新婦を心から愛している旦那さん。
その愛に応えて、育んで、素敵な家庭を築いていってほしい。
どうか末永くお幸せに。
Happy happy birthday to us!!
13時にtellが麻布十番到着。
昨日予約したケーキを受け取りにヒルズのHERBSへ。
帰りにNISSIN World Delicatessenでドリンクを調達。

帰宅後、ベッドやらソファなどのレイアウトを変更して、軽く掃除機をかける。
日当たりが良すぎて、エアコンをつけても一向に涼しくならないお部屋にて、タンクトップな2人。

15時頃、saoriさんがann姫と一緒に到着。
彼女が料理の下準備をしている間、tellは姫のお相手。
間際になって気付く足りないものを買い出しに行くのは自分の役目。

そしてなんとか準備が整った17時過ぎに、今年のスペシャルゲストが揃って登場。
2011年のスペシャル・バースデー・パーティーがいよいよスタート!

もう何年目になるのか、もともとは、まだ恋人同士の関係だったtellとsaoriさんと3人で始まった合同お誕生日会。
当初は、saoriさんが豪勢な料理を作ってくれて、男2人は本を見ながら頑張ってデザートを用意したりしていた(失敗して、すぐクビになったけど)。
いつも3人で、早く偶数になるといいねぇなんて話しているうち、tellとsaoriさんは結婚して、ann姫が産まれて4人になった。確かに偶数にはなったのだけど、まぁちょっとやっぱり何か足りない感じでここ数年。

今年、合同お誕生日会に参加してくれたのは、昨年頭辺りから急激に仲良くなったPoさんと、たくませいこちゃん。
彼ら夫婦と、tellとsaoriさんは案の定相性バッチリで、既にとてもいい関係を築いている。
もうそれだけでも、今日の会に参加してもらうのに充分な理由ではあるのだけれど

Poさん 5月29日
saoriさん 6月29日
tell 7月2日
ryuu 7月3日
せいこちゃん 7月5日

これはもうちょっと運命的としか言いようがない。
分からないのは、もう1人の誕生日が29日繋がりなのか、6月末から7月頭なのかということだけ…。

そして今回はさらにもう2人、いや正確には3人、お祝いに駆けつけてくれた。
3ごくんとオチョボちゃん夫婦、そしてオチョボちゃんのお腹の中にいる男の子。

彼らとはまだ出逢って日も浅く、実際会うのは今日が2度目なのだけれど、
Poさんの大親友である3ごくんは、男として、人間として非常に気持ちいい人で、
久しぶりに会った瞬間、彼とはきっと仲良くなれると確信した。
クリエイターとしても素晴らしい才能の持ち主で、アンタントのホームページは彼が作ってくれた。
オチョボちゃんはとっても若いのに、のんびり屋で古風な一面があり、癒しの存在。
そんな2人にも、是非今日の会に参加してほしいと思って声をかけたのだった。

そうそう、彼らにも運命的な繋がりが。
実は彼らの子の出産予定日は、なんと9月12日で、ann姫のお誕生日と一緒なのだ。
初産だし、予定日にピッタリ産まれてくるとは限らないけど、でもなんかちょっと素敵だ。

そんなこんなで始まった今年のスペシャル・バースデー・パーティー。
ここからは画像メインで。といっても、楽しすぎてあまり撮れてないのだけど。。

なにはともあれ、まずは乾杯。
料理は、saoriさんが用意してくれたバーニャカウダとマグロのカルパッチョ、塩焼きチキン。
そしてサルヴァトーレのピザが3枚。
ann姫には特別にオムライス。
dinner_20110705003230.jpg

美味しい食事の後は、せいこちゃんがann姫のお相手を。
ann姫はせいこちゃんが大好き。
だって、本気で遊んでくれるもんね。
ann seiko 1

女優さんだけど、にらめっこだってやるときは本気。
姫だけじゃなくて、大人たちも大爆笑。
niramekko 2

19時過ぎに、saoriさんの妹、hioriちゃんと、その夫のうっちゃん、そして彼らの娘kiriちゃんも来てくれた。
hioriちゃんのお腹にも、もうすぐ出産予定の男の子がいるから、一気に4人増えた。
えーと、これで何人になったんだ?
大人が9人と、子供が2人、そしてお腹の子が2人で、13人か。
仮にお腹の子を0.5(まぁもう実際にはそれぞれ0.8とか0.9に近いのだけど)としてみると
1人+2人+2.5人+3人+3.5人という構成(この場合合計すると12人)に。
あぁ、複数が羨まし過ぎるっ!

実はkiriちゃんとは初対面。
でもtellやsaoriさん、そしてhioriちゃんのブログに登場してくる彼女に会えるのが本当に楽しみだった。
kiriちゃんのことが大好きなann姫も、彼女の登場にご満悦なご様子。
ann kiri 2

kiriちゃんはパパに抱っこしてもらって、ベタの正宗に興味津津。
kiri.jpg

みんなが揃ったところで、ロウソクに火を灯してバースデーケーキ入場。
全員でバースデーソングを歌って、ann姫とkiriちゃんが火を吹き消す。
HERBSのミルフィーユは大人たちに大人気。
姫たちにはイチゴのショートケーキ、喜んでくれたかな。
birthday cake

ケーキも食べ終わったら、後は子供たちと遊ぶ。
パパたちに高い高いをしてもらってキャッキャとはしゃぐお姫様たち。
takaitakai.jpg

煙草を吸いに出たベランダで、tellと3ごくんはホームページの管理についてご相談。
背景の東京タワーが画になる大人男子2人。
tell sango

「もう子供たちが可愛すぎて、うちも生れるのが待ち遠しくなりました」と言う3ごくんたち。
楽しそうにはしゃぎ回るann姫とkiriちゃんに終始優しい目を向けていた。
sango ochobo 2

お疲れな男性陣には、saoriさんからヘッドマッサージのサービスが。
うっちゃん、Poさん、3ごくんもやってもらって、来たときとはまるで違う、シュッとした顔になってました。
takeho massage

それにしても、みんな子供が大好き。
Poさんも、この顔!
takeho.jpg

2人の子供たちのおかげで、ずっと笑いの絶えない大人たち。
みんないい顔してるなぁ。
ann kiri 3

そして終盤、みんなでプレゼント交換。
その人のことを想いながら選んだ、心のこもった品々が受け渡され、温かい拍手に包まれる。
もらったどのプレゼントも素敵なものばかり。
そしてann姫からは、似顔絵のプレゼントが。
こういうのって、親限定の特典だと思っていたから、めちゃくちゃ嬉しい。
寂しいときも、この絵を見たら元気になれそう。
nigaoe.jpg

最後にはみんなで記念撮影。
最高に素敵な人たちが集まって、この楽しい時間は絶対的な必然だった。
奇跡的、運命的なこの集いが、これからもずっと続きますように。
そしていつか、自分の傍にも素敵な誰かがいてくれますように。
all 1

素晴らしい誕生日をどうもありがとう!!
all 2
柏木一門新年会2011
今日は毎年恒例の柏木琴重美一門の新年会。
昨秋の追善舞踏会には顔を出せたものの、昨年の新年会には上京叶わなかったため2年ぶりか。
いつもの場所で、先生を中心に見慣れた顔と、ご無沙汰の顔、初対面の顔が浴衣姿で集う。
今年も演者としては参加しないため、記録係を頼まれて動画撮影。
急遽自分のデジカメで撮ることになったので、上手く撮れているかどうか。

入門してまだ3ヶ月という生徒たちも、難しい演目を立派に踊り、名前まで取ったベテラン選手は、その名に恥じない熟練した舞いを披露。みんな本当に上手だ。
先生がお元気なうちにと思いながらも、流石に今年いっぱいは再びその門を叩く余裕はないだろう。
どうせもう一度やるなら、今度こそ名前を取るつもりでやらなきゃだし。
でも、実際に名前を取れることになったとして一つ問題が。
先生のお弟子さんは、名前に必ず「美」という文字を入れて、もう一文字は自分で選べるのだけど、「美龍」という字は既に使われてしまった。しかも最近取られてしまった。
うーん、だったら何にしよう…。

終了後、小さな料亭に場所を移して懇親会。
予想外にあっけなく終わってしまって残念だったけど、新たな出逢いもあり、とても楽しいひとときだった。
ロス・コンドルスとの出逢い
ジムの後、ディーラーで前輪タイヤの交換。出費は痛いが、気付かず高速に乗って東京にでも向かっていたら、ほぼ間違いなくバーストしていたはず。ふと気になってGSで空気圧を見てもらったことで分かったのだが、これが虫の報せというやつか。

砥部町の指定文化財でもある「坪内家」は、水車業を営んでいた旧庄屋。このとても雰囲気のある築150年の古民家で、今日から「鉄・西山毅展」が開催される。そのオープニングイベントに、一昨日飲んだkyuちゃんが出演するというので行ってみた。
100920_1.jpg
庭先の大きな楠木の下に、様々な鉄のオブジェが展示され、屋内では流木に鉄を加工した作品がいくつも陳列されていた。理解はできなかったが、アートを頑張って理解しようとすること自体がナンセンスなわけで、さらりと見て回る。
100920_2.jpg
本日一番の収穫は、オープニングイベントでkyuちゃんたちの次に出演した「ロス・コンドルス」との出会い。怪しげな風貌で、正直全く期待はしていなかったのだが、彼らの演奏に圧倒された。相方のギターも素晴らしかったのだが、思いっきり琴線に触れたのは、仙九郎さんの尺八と篠笛の音色。聴いているだけで周囲の景色が幻想的に見えてきた。こっちにいる間に是非とももう一度彼らのライブに行きたいと思うし、彼らには東京、いや世界に出て行ってほしいなと勝手に思う。
WAREHOUSE
warehouse.jpg
今となっては宣材写真を撮ってもらえたことがまるで夢のような、ついに業界のてっぺんにまでその手をかけた心優しき兄貴分的(と、勝手に思い込んでいる)カメラマン、Aさんのお誘いを受けて麻布の「WAREHOUSE」へ。

FPM(Fantastic Plastic Machine)田中さんのレギュラーPartyに、STUDIO APARTMENTの森田くんがゲストDJ。そんなプレミアなイベントにゲスト入場できるのもAさんのおかげ。

クラブなんていつぶりだろう。重い扉を開いて階段を降りると、いきなり強烈な光が目に突き刺さり、一瞬視界が真っ白になる。グルーヴィなサウンドに身を揺らすクラバーたちの間をすり抜けてドリンクを注文し、屈強なセキュリティガードに通されてゲストフロアでAさんと乾杯。

快楽的かつ退廃的な閉鎖的空間の中で、酒と音楽に陶酔し、熱狂的信者さながらに拳を突き上げる若者たち。青い光線に包まれて、身体を揺らす彼らの瞳の奥には、希望でも絶望でもない、どんよりと澱んだ闇が見える。そんな彼らと同化して、音の波にたゆたう心地よさを味わう。

いい出会いもあったし、明日が休みならオールしてもいいくらい楽しい夜だった。久しぶりに森田くんの勇姿も見たかったのだけど、確実に夜が明けてしまうので今回は断念。でもいい息抜きになったな。睡眠不足は解消されないけど、明日も頑張ろう。
日舞新年会
毎年この時期に行われる柏木琴重美会の新年会。稽古に通わなくなってもうどれくらいになるのだろう。昨年はお宅にひょいと顔を出すことさえなかったら、先生や他の門下生の中にも一年ぶり、もしくはそれ以上ご無沙汰だった面子も。子供連れだったり、話すことといえば芝居のことより仕事のことだったり、各々生活に変化があって、それが頼もしくもあり、寂しくもあり。

何より嬉しかったのは、先生のご健在ぶり。今年も番組の最後に「猿舞」を見事に披露された。とてもとても八十歳とは思えない。親父と同じ昭和一桁世代。食べ盛りの頃にろくな食事も摂れなかったせいで、内臓・血管系に爆弾を抱えている人もいるらしいが、基本的には丈夫な人が多いのかもしれない。いつまでもとは言えないけど、少しでも長く、ああやって華麗に舞う先生の姿を見続けていられたらなと心から願う。

ということで、今日は先生の傘寿のお祝いに、門下生一同から桃色の素敵な傘と、寄せ書きをプレゼントした。新年会が終わった後は、これも毎年恒例、先生のお宅で親睦会。いつになく饒舌に話す先生のにこやかなお姿に、みんなも自然と笑顔になる。先生が元気なうちに、また教わることができるだろうか。環境さえ整えば、そんな日がまた来てもいいんじゃないか。先生も踊りも好きだし、あの場に集う人たちはみんな好き。だから頑張らなきゃな、後で悔いても遅い。
masterpeace × CAFE桃園文庫 ×Office Green Planet
午前中からバタバタと用事を済ませ、夕暮れ頃に三鷹のマスピ土田くん宅へ。機材を積載し、普段より少し混雑した道を一路中野に向かう。自他ともに認める、旱魃地域派遣要員の土田くんだが、こちとら天下御免の晴れ男。世紀の対決は、「小雪」という決着に。
0124MPDM.jpg
今回の「masterpeace」ライブは、我らが「Office Green Planet」の主催で、中野の「CAFE桃園文庫」において行われたコラボ企画。OGPの仕切りでイベントをやるのは今回が初めてだったし、桃園文庫にとってもミュージックライブは初体験。初物尽くしで少々の不安もあったが、今夜を迎える楽しみの方が断然大きかった。成功しないわけないと思ってたし。
mpmomo1.jpg
あの空間に30名弱(スタッフ含め)というのは、正直詰め込みすぎだと分かってはいたし、のんびり癒し空間である普段の桃園の良さは伝わらない。満足なサービスも提供できないだろうことなってことは容易に想像できた。でも、小笠原からのmasterpeace凱旋ライブを一人でも多くの人に見てもらいたかったし、桃園文庫を一人でも多くの人に知ってほしかった。そして何より、演者含め全ての人に最低限の報酬の出せる収支を得るには、それなりの客数確保が必須だった。もちろん、それでお客さんが満足できなければ本末転倒もいいところなんだけど、ライブが終わって店を出て行くときのみんなの顔を見れば、このイベントが成功だったか否かは判断に難くなかった。
mpmomo2.jpg
Set List
[Part 1]
1. オトノタワムレ
2. 雨を見たかい?
3. shirushi love song
4. ココロのはね
5. black butterfly
6. 愛について(w/蓮沼万里)
7. アイアルセカイ(w/蓮沼万里)
mpmomo3.jpg
[Part 2]
8. night walk
9. weather station
10. You’ve got a friend(w/黒田百合)
11. spiraldays
12. faraway music
13. DAYS
mpmomo6.jpg
[encore]
14. lovers
15. Yesterday
16. monogatari
mpmomo4.jpg
個人的にも、小笠原から戻ってきて新春一発目のmasterpeaceワンマンライブは非常に楽しみにしていたのだが、一部二部ともほぼ裏方に徹していたため、まともに聴けたのはアンコール曲くらい。しかも最後方からひっそりと。だからライブの質自体がどれほどのものだったか正直よく分からなかったのだけど、代表曲「lovers」でバシッと決めてくれなかったのは残念。でもお客さんの評判は上々だったし、次に繋がるライブだったと思う。
mpplate.jpg
船旅に出たり、小笠原に出稼ぎに行ったり、マスピワールドに深みが増したことは間違いないのだろうが、今年はライブの本数こなして、腕に磨きをかけてもらわなければ。そう遠くない将来、OGPの企画で、それなりに大きなハコでもやってもらいたいと思っているし。
mpmomo5.jpg
反省点は少なくなかったけれど、tellくんは学生時代以来のホール接客を見事にこなしてくれたし、桃園文庫のお二人が美味しい料理を提供してくれて、ギターの奥野くん、そしてmasterpeace土田くんの頑張りによって、とっても素敵な夜になったと思う。みなさん、本当にお疲れ様でした。そしてそして、ご来場くださった方々。不行き届きな面は多々あったかと思いますが、楽しんで戴けたなら嬉しいです。ありがとうございました。
mppeachpie.jpg
因みにこの「マスターピーチパイ」、冗談抜きで激美味です。大のスゥイーツ好きが自信を持ってオススメします。ホント、衝撃的。ライブ中はあまり注文出なかったのが物凄く残念。でもそのおかげでライブ後の打ち上げでみんなで食べられたんだけど。でもみんな大絶賛でしたよ。ギターの奥野氏なんておかわりしてましたから笑
スペシャルメニュウ
ライブの準備のために、仕事終わりで「CAFE桃園文庫」へ。音響機材を運んでくれたHと久しぶりに再会し、閉店時間を少し過ぎた頃にマスピ土田くんが登場。店を閉めた後、あーでもないこーでもないと言いながら、当日の席を組んでみる。演奏スペースを確保して、最低限の動線も確保して、ライブと食事を楽しんでもらえる席作り。一軒家カフェに総勢30名近くが詰め込まれるわけで、思ったより大変。でも結局はシンプルな配置に落ち着いたのだけど。

「桃園文庫」ではライブ当日のスペシャルメニューもいろいろ考えてくれており、嬉しい限り。大人様ランチをベースにした「マスターピースプレート」は、masterpeace×Office Green Planetということで、グリーンピースを使ったオムライスに、OGPの旗が載ってくる。その他、「マスターピーチパイ」や、緑色を基調としたメニューが他にも。

<当日のライブスペシャルメニュウ>

・masterpeace プレート
 (豆ごはんオムライス~ブロッコリーソース~、ポテト、カポナータデリサラダ)

・ちぢみほうれん草のカリカリベーコンサラダ
・タラモサラダ(バゲット添え)
・ガーリックフライドポテト
・ソイ唐揚げ(大豆でできたヘルシー唐揚げ)
・ミックスナッツ

・マスターピーチパイ
・あずきグリーンティパフェ
・バナナの紅茶ティラミス

打ち合わせをしながら、だんだん土曜日が楽しみになってきた。OGPの企画イベント第一弾、素敵な夜になるといいな。
ドリチケ
drinkticket.jpg
24日のマスピライブで使うドリンクチケット。

ドリチケ用にogp(Office Green Planet)のロゴデザインをtellくんにリサイズしてもらったので、それを切ってコーティング。

カラフルでかわいいのができた。

早く使いたい笑
masterpeace live 2009 vol.1 @CAFE桃園文庫
0124MPDM.jpg
ついに、masterpeace2009始動です。

本年一発目は、中野にあるレトロシックな一軒家カフェ「CAFE桃園文庫」でのカフェライブ♪(かふぇかふぇ言い過ぎな文言だな)

昨年、夏の終わりから小笠原父島で出稼ぎ…ではなくスペシャルな体験をしてきたmasterpeace土田眞次

紺碧の空と海、イルカの群れ、水平線に沈む茜色の夕陽、そして満天の星空。

弥が上にもマスピワールドに磨きがかかるってもんです。

長引く不景気、多発する凶悪犯罪、この殺伐とした世界にこそ、masterpeaceの音楽が必要だと思いませんか。

サポートにはもちろん、今やマスピライブに欠かせないギタリスト奥野裕介くん。

美味しいお酒を飲みながら、二人が奏でる美しい旋律に酔いまくってください。

ライブの詳細、以下。

DATE : 2009年1月24日(土)
TIME : 19:30 open / 20:00 start(休憩を挟んで2stageを予定)
Place : 「CAFE桃園文庫」 中野区中野2-19-7(中野駅南口徒歩4分)
Charge : 2,000yen wiz 1drink(前売り)/ 2,500yen wiz 1drink(当日)

「CAFE桃園文庫」では、この日限定のスペシャルプレートを用意しています。

味は保証しますので、是非お腹をすかせてきてください。

お酒も各種取り揃えてありますし、サイドメニューもございます。

カフェライブなので、演奏中に追加オーダーなども可能。

お腹も心も満たされる、素敵なライブになりますよ☆

お申し込みはmasterpeaceホームページの予約フォームより。

もしくは個人的に連絡くださっても。

masterpeace HP
http://www.masterpeaceman.net/

masterpeace BLOG
http://masterpeacekun.blog19.fc2.com/

CAFE桃園文庫
http://momozonobunco.jugem.jp/

席数に限りがあるため、キャンセルはないようにお願いします。

何気にライブまであと1週間。

現時点でスケジュール空いてる人は、お早めにお申し込みください!!
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。