*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行き当たりばっ旅2011(2010)伊勢・名古屋編 3日目
ばっ旅3日目。
最終日の今日は、少しゆっくりめなスタート。
午前中は、名古屋城へ。
nagoyajyo2.jpg

名古屋城といえば、もちろん金鯱。
でもこうやって見ても、意外と感動しないもんだな。というのが素直な感想。
nagoyajyo1.jpg

明治神宮のパワースポット、「清正井」で有名な加藤清正の像。
実はここにも「清正の石」というパワースポットがあるのだけど、工事中で立ち入り禁止区域になっていた。
nagoyajyo3.jpg

名古屋城には「おもてなし武将」がという集団がいるのは、テレビで見て知っていた。
開府400年に合わせて、信長や秀吉、家康や前田慶次など、愛知三河に縁のある武将たちが、名古屋の魅力を全国に伝えるために結成したユニットらしい。
主な活動内容としては、観光客の出迎え・観光案内・記念撮影など。
折しも「おもてなし演武」というイベントが始まるところだったので見ていくことに。
nagoyajyo5.jpg
今日は前田利家と慶次、加藤清正の出番。
演技も踊りも上手で、ショーとして立派に成立していた。
熱狂的なファンもいるらしい。地元の松山城でもやればいいのに。でも全国的に有名な武将いないしな…。

名古屋城は現在改修工事中。
ということで、裏から見るとこんな感じ。
ディズニーランドも海側から見ちゃいけないけど、名古屋城は天守閣の中に入っちゃいけない。
どうしてこんな復元の仕方をしてしまったのか。
エレベーターで最上階まで上がり、そのまま降りてきてしまった。
再び名古屋城に来ることがあっても、二度と天守閣には上らない。
日本三名城らしいけど、松山城の方がよほど立派だと思わずにいられない。
nagoyajyo6.jpg

名古屋城にとてもガッカリして、いきなり疲労感がドッと出た。
せめて美味いものでも食べて気を取り直そうと、宿の人に薦められた「山本屋総本家」で味噌煮込みうどんを注文。
yamamotoya1.jpg

うーん、昨日の味噌カツに引き続き、期待以上でも以下でもない味。
確かに麺の硬さには特徴があり、食感は楽しめるのだけど。
名古屋の味噌の味が好みじゃないんだろうな、きっと。
ebizousui.jpg

テンションは上がりきらないまま、中京競馬場へ。
開催中でもなく、しかも工事中なせいもあってか、今日はフェブラリーSだというのに人が少ない。
うーん、名古屋の人はみんなどこに行ってるんだろう。
chukyokeiba.jpg
結局、大勝負に出て惨敗し、さらにテンションを下げて競馬場を後にする。

なんだろう。イマイチ盛り上がらない名古屋。
このままだと帰路が辛いなぁなどと思いつつ、今回最後の目的地「蓬莱軒」へ。
ここも宿の人に、ひつまぶしならココと薦められたお店。
でも知らなかっただけで、かなり有名なお店のよう。
houraiken1.jpg

もちろん、ひつまぶしを注文。
で、出てきたのがコレ。
houraiken2.jpg
もう絶品でした。
昨夜からのイマイチな名古屋のイメージを払拭して余りある、素晴らしい味。
これを食べるためだけに、もう一度名古屋に来る価値がある。
いやぁ、本当に美味かった。

舌鼓を打ち鳴らし、胃も心も満たされたところで、東京へ。
途中、ばっ旅の終わりにはつきものの雨も降りだしたが、tellとの話は弾み、楽しいドライブ。

でも、何か物足りない。

ばっ旅中は交代でずっとビデオを回すことになっており、最後には毎回必ずシメの言葉を入れる。
今回は雨も降っているし、時間もかなり遅くなってしまったので、車中でシメ。

今回のばっ旅を最初から振り返りつつ、どうしてこんなに物足りないのかを検証してみた。
一つの大きな要因として、名古屋があまりに期待外れだったというのはある(ひつまぶしは別)。
でも、二人の結論として辿り着いたのは、2001年から10回もやってると、正しい大人な判断力ができるようになってしまったことが問題だろうと。無茶をしなくなったというか。
体力的な問題もなきしもあらずだろうけど、やはり一番大きいのは経験だろう。
でも、本来上手な旅がしたいわけじゃなく、「行き当たりばっ旅」なのだから、想定外のハプニングこそが醍醐味なわけで。
ということで、おそらく本年中に11回目を迎えるであろう行き当たりばっ旅。
次回は初心に戻って、テンション上げ上げの楽しい旅にしたいと思います。
Secret
(非公開コメント受付中)

to 天然保湿
へぇ、そうなんだ…。
でも松山城の方がよっぽど落ちなさそうだけど、昔は違ったのかな。

蓬莱軒のひつまぶしは、本当に絶品です。
あれを食べるためだけに名古屋へ行く価値があります。
是非お試しあれ。
No title
日本3名城は、立派であるとか、でかいとかじゃなく、攻め落としにくいという基準です。あとのふたつは熊本城と江戸城です。
僕も蓬莱軒のひつまぶし食べてみたいです。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。