*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォール・ストリート
336306view001.jpg
昨日はバレンタインだった。
でも夜遅くにチョコより嬉しい電話を男性からもらってテンションが上がった。
と書くと誤解する人もいるだろうか。仕事の話ですよ、もちろん。

その仕事のための資料に目を通すため、久しぶりにほぼ完徹。
朝方少しだけ寝たものの、お昼に麻布ラーメンを食べたら足元がフラフラ。
なのに、今日はシネマイレージデイだし、前々から楽しみにしていたので、オリヴァー・ストーン監督の『ウォール・ストリート』を観にヒルズへ。
そんな状態だったから、シートに座った途端に睡魔が。
つまんなかったら確実に熟睡モード突入な様相。

サブプライムローンに端を発したリーマンショックなど、実際に世界を揺るがした金融危機を背景に物語は進む。
実家にいる間に株式投資を始めたことがきっかけで、経済について興味を持ち、それなりに勉強していたおかげで内容の理解度はそこそこ高かったと思う。知識があればこそクスリと笑える台詞やシーンも少なくなかったため、池上さんと日経ヴェリタスに感謝。
でもドラマ性としては少々物足りなかったな。ルイス・ゼイベルが電車に飛び込むシーンや、ゲッコーと娘の最初の和解のシーンなど、中盤までは結構見応えがあったんだけど。
ゲッコーほどのキャラは、ブレちゃダメなんだ。対抗するブレトンの方がよっぽどブレてなかった。
8年の刑期を終え、金より大切なものに気付いて改心したゲッコーという設定は、個人的には好きだったのだけど、それなら最後まで裏切らないで欲しかったし、家族さえ踏み台にして返り咲くなら、ラストは切ないままの終わり方であってほしかった。あの終わり方だと、結局金なのかよって思わずにいられない。
そもそも結局金なはずなんてないわけだから。恋人より金。家族より金。自分の時間よりも金。そんなことは絶対にない。裏切られても傷つけられても、寂しい思いをさせられても、人は人がいてこそ人でいられる。
それにしても、チャーリーシーンの登場には胸が痛くなった。老いも病み上がりも感じさせず、いまだ輝きを失わないMダグラスと同じ年を経たとは思えない。もしかしたら、この二人が言葉を交わすシーンにこそ、この映画の一番のドラマがあったんじゃないだろうか。
レビューの評価はイマイチのようだけど、でも全然眠くもならず、それなりに楽しめた作品でした。

一旦帰宅後、引き続き昨夜届いた資料に目を通す。
夜には仕事終わりでtellが来訪し、サロン用DMのデザイン打ち。
さらには、今週金曜から出発予定の「行き当たりばっ旅」についてなど。
結局諸事情あって目的地は韓国から伊勢・名古屋へと変更になった。

その後、tellと共通の友人Nと久しぶりに会って、麻布ラーメンで夕飯(本日2回目)。
彼女のお惚気満載な幸せな近況を、茶化しつつtellと共に喜び合う。
本日も楽しい夜でした。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。