*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大塚国際美術館
101017.jpg
徳島を経由して、昨夜のうちに鳴門入り。今日は大塚製薬グループの創業75周年事業で1998年に設立された「大塚国際美術館」に行って来た。07年に開館した新国立美術館に次ぐ、私立では国内最大の美術館。鳴門海峡の一握の砂から始まった陶板開発。世界最高レベルの優れたタイル製造技術を編み出した彼らは、オイルショックを契機に美術陶板を手がけるようになり、その作品の完成度は本物を所蔵する各国の美術館員さえをも唸らせた。

陶板に原寸で焼き付けた世界中の名画たち。中でもミケランジェロの「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」の迫力は圧巻で、展示ホールに一歩踏み入れると、そのまましばし身動きが取れなくなる。他にも、「スクロヴェーニ礼拝堂の壁画」や、エルグレコの「祭壇衝立」、モネの「大睡蓮」、ピカソの「ゲルニカ」などなど、原寸大で味わう感動は格別。が、実物を見たことのある一般絵画にその感動はなく、やはり複製は複製でしかないのだと逆に思い知らされ、1000点余に及ぶ全展示作品を見終えた後には、感動より徒労感が残ってしまった。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。