*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リラの木
皿が嶺の麓に父が植えたライラックの木が、心ない何者かに盗まれていたことは以前書いた。父の生前にも同じことがあったので、もうあの場所には植えられない。でもやっぱりあの山にライラックがないのは非常に寂しいので、Iさんが作ってくれた石碑の傍に、父が最後に植えたライラックを、実家の庭から植樹することにした。ずっとそのタイミングを見計らっていたのだが、暑さも少し和らいできたので、本日決行。

朝、母と一緒に庭のライラックを根っこから掘り出し、肥料をたっぷり混ぜた土と一緒に車に積み込んで出発。皿が嶺はもう何度目かだが、一人で登るのは今回が初めて。初心者向けの山ではあるが、若干の不安を抱きつつ、ゆっくりと登り始める。
100921_1.jpg
鳥の囀りや風の音に耳を傾けつつ、立派なブナやミズナラの樹を見上げながら、徐々にペースアップ。思っていたのとは違うルートからだったが、小一時間で無事に登頂。ホッと一息ついて、すぐに父の石碑がある場所へ。前回来たときより笹が勢いよく茂っており、傍にあった他の人の石碑はすっぽり覆われて全く見えない。父の石碑は、恐らくIさん他の有志がちょくちょく足を運んでくれているのだろう、そこだけはちゃんとスペースが確保されていた。

早速リュックからライラックの木を取り出し、スコップを忘れて来たのでストックを使い、父の石碑の前をゴツゴツと掘り起こす。至るところに笹の根が張巡らされており、とても難儀したけれども、なんとかちょうどいいくらいの穴を掘って、そこにライラックの木を植え、たっぷりと水をやった。周りの笹に負けず、しっかりと根を張ってくれますように。そう願って、石碑を後にした。
100921_2.jpg
今度、いつ様子を見に来られるだろう。もしかしたら、来春以降になるかもしれない。どうかそれまで、無事で。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。