*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京神様巡り
今日は一日物件探しに充てようと思っていたが、思うところあって、敢えて次回上京時に延期することに。即決できる態勢を整えてから、然るべき人に付き添ってもらって。

お昼は、学大の「igrec」というイタリアンで。遅くなってしまったが、友人Mの誕生日祝い。味は、抜群によかった。でも繁盛してない理由も、ちょっと分かった。
100809_1.jpg
一日ポッカリ予定が空いてしまったので、渋谷に出て映画でも観ようかと思ったが、特に魅かれるものもやってなく。コインロッカーに荷物を預けて、今まで訪れたことのなかった東京の名所を散策することにした。

まずは、飯田橋にある「東京大神宮」。東京のお伊勢さんと呼ばれるこの神社、縁結びのご利益があるらしく、近年は良縁を願う若者たちのパワースポットとして名を馳せているのだとか。実際、参拝客の多くは若い女性たちばかり。とりあえず自分も、「鈴蘭守り」を買って、お祈りしておきました。
100809_2.jpg
飯田橋から九段下を通って、途中神保町の古書街で寄り途したり、思い出の喫茶店「さぼうる」で一息ついたりしながら、「神田明神」へ。
100809_3.jpg
参拝前に、参道の茶屋で冷たい甘酒と、酒まんじゅうを戴く。美味しかったけど、四万温泉の冷やし甘酒には及ばないなぁ。あの味が忘れられない。
100809_4.jpg
江戸城の表鬼門守護の場所に位置する「神田明神」、西暦730年からの古い歴史を持っており、「江戸総鎮守」として篤く崇敬されたというが、鉄骨鉄筋コンクリートの社殿にはやはり少し違和感が。耐火のためとはいえ、もっと大切なものがあると思う。将門公はどう思っておられるのだろう。何はともあれ、今後の戦勝祈願を神妙に。ご利益がありますように。
100809_5.jpg
秋葉原から日比谷線に乗って、最後に訪れたのは、なんと吉原。言わずと知れた、遊郭のあった街で、今でも風俗街として有名。日本舞踊の先生から「見返り柳」のことを聞いたり、実際に女形として花魁や遊女を舞うたびに、せめてその名残を肌に感じてみたいと思っていた。

遊郭の入口があった「吉原大門」という交差点で、「見返り柳」を発見。でも環境が激変し過ぎて、感慨深さも何も得られず。
100809_6.jpg
風俗街を抜けて、吉原神社へも参拝。大量の蚊にかまれる。折角来てはみたものの、残ったのは痒みだけかと肩を落とし、近くの吉原弁財天にも一応足を運ぶ。が、ここにいらした観音像がとても素晴らしかった。マリア像さながらの神々しさで、後光のさす彼女を、うっとりと見上げる。いまだかつて、これほどまでに美しい観音像を見たことがない。彼女に会うためだけに、もう一度でも二度でも、ここを再訪したいと思う。
100809_7.jpg
安政2年の大震災で、多くの遊女が投げ込むように葬られたことから、投込寺と呼ばれるようになった「浄閑寺」(埋葬された遊女は2万人を超えるという)は既に閉門しており、門前の「生きては苦界し、死しては浄閑寺」という有名な句碑に手を合わせ、吉原を後にする。

意図せず、神様を巡ることになった東京散策。疲労もピークで、身体はキツかったけど、心は浄化されたようでスッキリ。でも、今夜はまた13時間かけてバスで松山に帰らなくてはならないのは非常に憂鬱。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。