*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Wonderful Night
100628_3.jpg
朝方まで執筆し、出勤する友人と入れ替わるように少しベッドで眠る。
タクシーを呼んで、正午に友人宅を出発。高崎線某駅から湘南新宿ラインと地下鉄を乗り継いで赤坂のホテルへ。

チェックイン後、汗だくだったのでシャワーを浴び、スーツに着替えて青山のヘアサロンへ。前回からお世話になっているkazくんにカッコよくセットしてもらう。

一旦部屋に戻り、一息ついてから、いよいよTBSへ。年明けに出した脚本が、「TBS連ドラ大賞」に入選したので、今夜はその表彰式なのだ。

当コンクールのファイナリストに残ったという報告は、今月7日にあった。母に作品のタイトルを聞かれても思い出せないくらい、期待どころか全く予期せぬ出来事に、嬉しさよりも、数日間は間違いではないのかという不安の方が大きかった。でも、担当者と表彰式の日程など遣り取りしているうちに、少しずつ実感も湧いてきて。

TBSに到着すると、ロビーには既に他のファイナリストたちが顔を揃えており、パスを渡されて会場へ。心地よい緊張を感じながら、開会を待つ。

主催者側と、受賞者を含むファイナリストたちの挨拶、歓談タイム、そして名だたるプロデューサーの御歴々から有難いお言葉を頂戴して、会は終了。お見合いと称された歓談タイムが、用意された豪華な食事を戴く限られたチャンスだったが、食らうのは、ご高名なプロデューサー陣からダメ出しで、美味そうな寿司やら肉やらは、ほとんど喉を通らず。でも非常に意義深く、今後が楽しみに思える素敵な表彰式だった。

ろくに食べられなかったのは、他のファイナリストたちも同じだったようで、式の後は全員参加の飲み会へ。近い将来、仲間というよりライバルになる面々だが、今夜は共に歓びを分かち合う楽しい時間でいいじゃないか。恐らく来月から始まる勉強会では、互いに切磋琢磨し、鎬を削り合い、ときに嫉妬を覚えながら、がむしゃらに夢を掴みに行くのだから。

今日は、やっと夢へのスタートラインに立てた記念すべき日。

友人たちからもたくさんの祝福を受け、素晴らしい夜になった。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。