*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋するマドリ
午前中、姉に頼まれた足底板絡みの道具を会場に運んだ帰り、父方の祖父の墓参りへ行ってきた。父と来ていたのは中学生くらいまでだったろうか。おぼろげな記憶を辿り、やっと見つけた祖父の墓は、誰かの手によってきれいに手入れがされていた。父が亡くなって一年も経つので、もしやと思ったが安堵した。その墓は、昭和五年に建立されていた。父が生まれる一年前に、会ったことのない祖父の手によって。長きに渡る非礼を詫び、父のことを話しながら墓前に手を合わせる。これからはこちらにもちょくちょく来るようにします。

koimado.jpg
大九明子監督『恋するマドリ』を観た。一人暮らしを始めたかわいい女子大生の、素敵な偶然が素敵な出逢いを連れてきた的な、とっても少女漫画チックな映画。ドラマに予定調和的偶然の重なりは不可欠なんだけど、あからさまにそりゃねぇだろと思わせてしまっては。物語自体が嘘なのだから、展開上のご都合的安易な嘘は極力排してもらいたい。なんだかんだ言いながらも嫌いな設定じゃなかったんだけど、成田に急行するのに隅田川を屋形船って…。羽田でもあり得ん。それまではちゃんとまとまってたのに。

それにしても、13年一人暮らしをしてたけど、あんな偶然はなかったなぁ。ま、あそこにずっと13年じゃ無理か。もっといろんな街に住んでみればよかった。この映画のロケ地でもあった目黒川沿いなんて、本当に住めたら素敵だろう。家賃半端なさそうだけど。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。