*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臥薪嘗胆捲土重来
091107_1.jpg
全国高校サッカー愛媛地区大会決勝戦は、母校「松山北高校」と「松山工業高校」の対決だった。松山北高は、昨年県代表として全国大会に出場したものの、緒戦で強豪「國學院久我山」と対戦し、なんと1対7というサッカーのスコアとは思えない大差で大敗。主将の父親でもあった兵頭監督は、子とともにロッカールームで敗戦の涙を流した後、愛媛に戻って部室に「屈辱」と書いた紙を貼ったという。

その意志を受け継いだ今年の部員たちが今日、見事2年連続3度目の県大会優勝を成し遂げた。前半は1対2とリードされて終了したが、ハーフタイムで監督が熱い檄を飛ばしたのだろう。後半は別チームのように動きが変わり、同点に追いつき、ロスタイム突入直後に勝ち越した。

もちろん、目標はその先。なんとしても、去年の雪辱を果たさなければならない。チーム力としては昨年に及ばない気がするが、大事なのは気持ち。悔いのない試合をしてきてほしい。応援に行ければいいのだけど。

気になるのは我らがラグビー部。今年は県予選に出場もしていないようだが、一体どうなっているのか。


Secret
(非公開コメント受付中)

to 名無しさん
指導者の重要性は高校生に限ったことじゃないと思うけど、この年代は特にそうなのかもね。僕らの代のラグビー部も、あと2年前からI監督に来てもらえてたら、もう少し上にいけてたんじゃないかなと、今でも思います。

それはそれとして、名を名乗れ。
No title
ここ数年母校のサッカー部は強いみたいね。野球もそうですが、高校生は指導者によってチームは大きく変わるんですね。嫁のいとこも北高サッカー部OBで数年前国体に行ったらしいです。

 
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。