*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポリフォン 54型 ミカド
mikado.jpg
母に付き合って、セキ美術館で開催中の洲之内徹「絵のなかの散歩」展へ。
松山で生まれた洲之内徹が亡くなって22年。彼が評してきた日本、そして愛媛ゆかりの画家たちの作品70点余が一堂に展覧できる。戦後の日本美術・文化に多大な影響を与えた洲之内徹の人生の軌跡。そう銘打った美術展。ただ、母ほど興味はなく、実際に絵を見ても特に琴線に触れるものはなく。

印象に深く残ったのは絵ではなく、ロビーに常設されているドイツ「ポリフォン社」のアンティーク・オルゴール「ポリフォン 54型 ミカド」だった。直径62.5cmのディスクを使用するこのオルゴールは、ポリフォン社のディスクオルゴールの中では、最大直径のもの。1ペニーコインを入れると1曲演奏される仕組。
美術館の静寂の中に、突然響き渡る美しい旋律に心奪われる。今までに聴いたこともない多彩なメロディで、オルゴールならではの心鎮まる音色。ディスクを替えればいろんな曲を演奏させることができるのだが、これは正直欲しいと思った。たかがオルゴールと侮るなかれ、この音色を一度聴いたら、虜になること間違いなし。ドイツ製なのに、「ミカド」という和名の愛称がつけられているのも素敵。

今夜は久しぶりに真っ暗な大谷池の展望台で満天の星空を見上げた。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。