*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庄内へ
090918.jpg
準備不足もあって寝不足。それでもなんとか4時半に起きて、登山用リュックを背負って松山空港へ向かう。機内では座った途端に爆睡。

羽田に到着すると、以前皿が嶺にも一緒に登ったくれた父の登山仲間、Iさんが待っていてくれた。
早速Iさんの車に乗り込み、激混みの首都高を抜けて東北道へ。一路庄内へ向かう。

百名山制覇まであと五座に迫るIさんは、自分の車で北海道から鹿児島まで縦断。高速料金が安くなったのは、何よりの朗報だったに違いない。
今回はシルバーウィークと重なるため、明日からは料金を気にせずに高速に乗り放題。だから彼の当初のプランでは、今日の24時までSAで時間を潰し、車内で休眠を取って明朝そのまま登山の予定だった。

いくら年齢は若くても、Iさんほど体力に自信はなく、今夜車内泊は厳しいなぁと思っていたのだが、お喋りに夢中になっていたせいか、まだ夕方にも関わらず鶴岡インターを出てしまったIさん。実は気付いていたのだが、代金を負担してもいいから今夜は宿に泊まりたいと思っていたので、ストップをかけることもなく料金所通過。気付いたIさんが「あっ!」と声をあげたときには後の祭り。

いつまでも失策を悔やむIさんに、「宿代は出しますから」と慰めて、ガイドブックで見つけた海沿いの国民宿舎「うしお荘」へ向かう。

ちゃんとした食事も摂れ、日本海を臨む温泉にも入れ、ほっと一息。
布団に横になった途端、秒殺で眠りについたIさんの鼾を聞きながら、リュックの中の父の遺灰をそっと取り出す。いよいよ明後日だよ、父さん。

明日は明後日の本番に備え、ウォーミングアップも兼ねて「月山」にアタック予定。
Iさんに言わせれば「皿が嶺」と代り映えしないお手軽コースだと言うが、ここ数カ月まともに身体を動かしていないし、「月山」だって百名山の一座だ。油断大敵。
ということで、今夜は早く寝よう。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。