*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスピ来松 3日目
もう雨男は卒業したのだと本気で抗議する土田くん。確かに昨日一昨日は見事な晴れっぷりだったが、彼にとってのメインイベントだったはずの「讃岐うどんツアー」当日である今日は、朝から雲行きが怪しい。松山自動車道を走り始めた頃から降りだし、香川にいる間は終始どんより雲から小雨が。

090912_1.jpg
本日一軒目の讃岐うどん屋は、その昔村上春樹も絶賛したという「中村」。何気に期待度ナンバー1。
ナビに翻弄させられながらようやく辿り着いた、民家をそのまま店にした感じの素朴なお店。でもその前には、まだ早い時間にも関わらず、人も車も長蛇の列。

090912_2.jpg
1時間半ほど待って、ようやくありついたうどんを、軒先に並べられた椅子に座って食べる。

090912_3.jpg
で、味はどうだったかというと…。
「ん?」、な感じ。
食べ終わって帰っていく客たちの顔つきからして、そんな予感はしなくもなかったが、これだったらもっと美味い店は松山にもあるぜ、と言いたい。
讃岐うどん特有のコシもさほどなく、感動どころか待たされた時間にはとても見合わない味。
まだ一軒目なのに。

090912_4.jpg
気を取り直して、二件目の「山越」へ向かう。ここにも、長蛇の列。
当初ここはプランに入っていなかったのだが、昨日「青空食堂」の店長さんに勧められて、急遽追加したお店。店長さんは、ここが一番だったらしい。何気にそういう情報が一番確かだったりするので、改めて期待。

090912_5.jpg
で、ここはどうだったかというと。
先の「中村」と、この後訪れた「山下」のうどんの画像を見比べてもらえるといいのだが(ま、ほとんど同じ画像に見えちゃうんだけど…)、麺に艶があって、「山越」のうどんにはシマリがあるように見えないだろうか。実際、コシもしっかりとあって、個人的にはここが一番。

090912_7.jpg
そして最後に訪れた「山下」。うどんを茹でている釜を近くで見られ、作っているおばちゃんたちがとてもフレンドリー。そんなこともあって、土田くん的にはここが気に入ったらしい。
でも最終的な結論としては、うどん食べにわざわざ本場の讃岐を訪れる必要はないということ。最近は四国他県に限らず、東京でもそれなりに美味い讃岐うどんを提供する店はあるし、何時間も待たされてあの程度なら、近場でいい店を探すことをお勧めする。

帰りに高速を降りて一般道を走っている途中、またもや土田くんの気になる看板。

「西条市考古歴史館」

「行ってみる?」と聞くまでもなく、小高い丘の上にある弥生式住居を模した建物へ。

090912_8.jpg
内容は、松山で訪れた考古館とさほど大差なく、しかもここには土田くんが「なりきる」ための衣服試着コーナーもなかったので、さっと流すように見物。ただ最上階からの展望は素晴らしく、西条市を眼下に一望できた。晴れてればもっと気持ちよかったはずだけど。画像は火を熾す土田原人。

夕食は、廻っているわりに結構美味い回転寿司。その後、学生時代に友人とよく訪れた北条の海までドライブ。当時はデートの定番カフェだった(というか、ちょっと洒落たカフェっていうとそこしかなかった)「ベティクロッカーズ」へ。あの頃からすると嘘のような閑散ぶりの店内でまったりと過ごし、帰宅。
明日は晴れるといいのだけど。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。