*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あと一日。
今日が転居日の予定だったが、昨夜になってようやく大物が片付いたところで(kureさん、ベッド引き取ってくれてありがとう)、小物の整理や部屋の掃除、荷造りも未完の状態でバタバタと去るのもなんだなと思い、出発の日を一日延期。

午前中のうちにクロネコさんが来て、全ての荷物を手際よく運び出す。掃除を済ませ、散々捨てたはずなのにまだ出てきてしまったゴミを集積所へと持っていき、がらんとなった部屋を見渡す。上京して以来13年、一度も越すことなくここに住んだ。腰が重かったのも事実だが、住み心地が快適だったことも間違いない。思い出がたくさん詰まった、愛おしい部屋。家具も何もかもなくなっても、まだ自分の居場所だよと優しく語りかけてくれているよう。

090601_1.jpg
窓からの見慣れた景色とも、今日でお別れ。
駐車場兼の庭には、いつも緑があって、四季を感じさせてくれたものだ。

090601_2.jpg
駅前の風景。
13年のうちに店はいろいろ変ったけど、狭いのに路上駐車が多いこの道にも、思い出がいっぱい。

写真を撮りながら、部屋から駅の周りをゆっくりと歩いた後、13年という月日を過ごしたその場所を離れる。それから、汗をかいて気持ち悪かったし、何度も通った「丘の湯」へ。露天の湯に浸かり、薄曇りの空を見上げながら、いろんなことを振り返る。やっぱり、帰省を一日延ばしてよかった。

090601_3.jpg
ランドリーで洗濯物を回した後、夢を追いかける第一歩となった場所、三軒茶屋へ。
交差点でバッタリ、以前職場でお世話になった女性と再会し、彼女の行きつけの喫茶店でお茶をご馳走になった後、甘酸っぱい思い出の場所、とあるビルの屋上へ。今は頑丈な扉で閉鎖されてしまったこの屋上から、夜の東京タワーやレインボーブリッジを望み、夢を語り合ったあの頃。あぁ、甘酸っぱ過ぎる…。

090601.jpg
三茶の他にも、三宿や六本木・青山など、時間の許す限り、思い出深い場所を通りながら、夜は中野へ。「桃園文庫」で行われた「KUROYURI Project」の合同お誕生日会に参加させてもらう。楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、いよいよ明日は本当に、出発の日。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。