*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳳仙花
先週中頃からだろうか、吸い込んだ繊維が肺に引っかかったような、もどかしい痞えがあって、吐き出そうと咳をするのだけど、その繊維的なものは一向に出てくる気配がないという状況が続いている。

最初は、寝ようと思って横になると症状が出ていたのだが、試験前日辺りから少しずつ咳の頻度が増え(試験前夜なかなか寝つけなかったのは、そのせいもある)、ここ数日は日中もずっと肺がむずむずして、乾いた咳を繰り返している。疲れなのか、ウィルス性のものか、父のこともあるし、近いうちに病院に行ってみようかな。病院嫌いだけど。

今日は母を大好きなカラオケに連れて行く。いつもは叔母と二人で5時間ぶっ通しで歌うみたいだけど、流石にそこまでは付き合えないので、2時間だけ。喉の調子も悪いし、母の半分も歌わなかったけど、顔にこそ出さないものの、母はまだ歌い足りなかったんだろうな。

これも、これもと父が好きだった歌を唄う母。聴き覚えのある曲がたくさんあった。どんな思いでこの曲を唄っているのか、推測するのは極力避けた。でも、加藤登紀子の「鳳仙花」を途中で唄えなくなってしまった母を見て、堤防は決壊寸前。畑仕事をしながらよく口ずさんでいた、今でも鮮明に覚えている父のその歌声。母の後を引き継いで唄おうと試みたが、どうしても声が震えた。

いつか一緒に行けるといいねと言いながら、結局父とカラオケに行く機会はないままだった。最初は誰だって消極的なもので、強引にでも連れて行ったら、案外思いっきりハマってしまったりしたかもしれないのに。世界一の曲数を誇るこの店なら、父が唄いたかったであろう曲もたくさんあったのにな。

帰りに、いつもの「姫彦温泉」へ行って、夕飯はちょっとお洒落なダイニング「青空食堂」へ。
試験勉強をずっと支えてくれたせめてもの恩返しのつもりだったけど、やっぱ何もかも吹っ切って思い切り楽しむことっていうのは、難しくなってしまったんだなと。仕方のないことだけど、やはり少し寂しい。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。