*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂漠
sabaku090616.jpg
以前、伊坂ファン同士の広瀬未来さんと、どの作品が好きかという話になって、彼女が躊躇なく挙げた作品。マスピ土田くんが「伊坂作品を読むなら何がいいですかね」と尋ねたとき、tellもこの小説を推薦していた。広瀬さんと話した直後から手元にはあったのだけど、実際に読み始めるのに今日まで時間がかかった。伊坂幸太郎の『砂漠』。勉強の合間にちょっとだけのつもりが、面白くて一気に読み終えてしまった。

軽妙な筆致、魅力的な登場人物、微かに異次元的な伊坂ワールドを手軽に楽しむにはピッタリな作品。広瀬さんもブログに書いているが、今回はとにかく西嶋のキャラ設定が秀逸。奥田英朗作品の主人公っぽい感じ。でも、やっぱり『ラッシュライフ』の方が好きかな。伊坂ワールドを堪能したければ、こっちもオススメ。

この作品に限ったことではないが、作中にはニーチェであったり、テグジュペリであったり、三島由紀夫であったり、作者に影響を与えたであろう偉人たちの言葉が数多く引用されている。みんな、個人的に気になっている人たちばかり。読もうと思っているものは間違っていないのだろうな、多分。でも音楽の分野は苦手だ。でも村上春樹然り、優れた作家は音楽にも精通している。食わず嫌いはよして勉強しなければ。

それにしても、労働について勉強し始めて最初に読んだ本が塚田努の『だから山谷はやめられねえ』で、大学に通い始めて最初に読んだのがこの『砂漠』とは。これもまた不思議なシンクロニシティだこと。

結局、重要なのは、「何を考えたか」じゃなくて、「何をしたか」なのだ。
でも何を考えるでもなかった自分の学生生活を振り返ると、いかに無味乾燥な4年間だったかとウンザリしてしまう。だから今を憂えて過去を懐かしむなんてことはするつもりもないけど、力強く前進すべき未来さえ見失ってしまわないように。
その気になって、いつかは砂漠に雪を降らせるのだ。
Secret
(非公開コメント受付中)

to ノエミ
読みたい本は山ほどあるんだけどね。
読んでる場合じゃないと思うと余計読みたくなっちゃうし。
村上春樹の新刊が読みたい。tellくんみたいに手元にはないけど。
伊坂さんの作品は、ページを捲る手が止まらなくなるよ。
最近上司の影響で読書をするようになりました。
この作品、チェックしておきますね!
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。