*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるりのこと。
年明けに始まって、六回を数えた交渉事も、本日をもってようやく収束。この間、事前協議やら、足を使っての訴えかけなど、数多の時間を犠牲にし、肉体も精神も磨り減らして闘ってきたわけだが、その結果として、原告側の要求はほぼ通過。先陣で旗を振った団長でさえ驚きを隠せないほどの成果を得て、全面勝訴の幕引きとなった。後日正式な謝罪の場が設けられて完結となるわけだが、努力は報われても、失ってしまったものは取り戻せない。やりきれなさを、最後まで引き摺ることになるだろう。
gururi.jpg
橋口亮輔監督『ぐるりのこと』を鑑賞。気恥ずかしくなるほど赤裸々な描写が、ときに笑いを誘い、ときにグサリと胸を刺す。序盤から繰り広げられた、週に3回のセックスを巡る、価値観の全く異なる夫婦間の遣り取りなど、どこかで聞いたような台詞の応酬で、若干ヘコみながらも口許が緩む。
折り目正しく生きたいと頑張る妻の脆さと、いい加減に見えて、決して流されるわけではなく、しなやかに、しっかりと人生を受け止められる夫の強さ。全然違う二人なんだけれども、何があっても絶対に離れない。諦めずに、二人でいること。繋がり続けていくこと。疲れていても、腹が立っても、面倒臭くても。それらを潜り抜けてこそ、先に見える何かがある、のだろう。
反省しきりの鑑賞後、妙に清々しい気持ちで一件の電話を受ける。心が軽くなったせいか、会話が弾み、自然と笑いがこぼれる。ぐるり、自分の身近にいる友人、同僚、恋人、家族。大事な人間関係をついついおざなりにしがちなとき、この映画を観るといい。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。