*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見下ろしてごらん、夜の町を。
朝方にぶつかった壁をどうしても超えられず、結局タイムオーバー。折角休みをもらったのに、ギリギリまで悪足掻きする気にどうしてもなれず、日中襲来する睡魔に身を委ねてみたりして。無念。
miorosite.jpg
夕方、熱いシャワーで気持ちを切り替えて下北沢へ。本多劇場で公演中の「東京ヴォードヴィルショー」の『見下ろしてごらん、夜の町を』を観劇。ヴォードヴィルが音楽劇?ゲストとの絡みも含め正直ピンと来なかったが、随所に織り込まれたフォークソングが郷愁を誘い、技術より人で魅せるヴォードヴィルらしい手法で、じわっと胸が熱くなる素敵な作品に仕上がっていた。
toukon05.jpg
かつて半年間だけ在籍していたヴォードヴィルショーの養成所。途中脱落したり、劇団を去ったり、開講時30名以上いた同期の中で、正劇団員として所属し、今回も出演を果たしているのはたった5人。そんな彼らの仕切りで、今夜は、とうの昔にこの世界から足を洗い、来月結婚することになったKさんのお祝い旁々、観劇後に集まろうということになっていた。

当時最年少17歳だったKさんも三十路を迎えたという。劇団を去って後、音信不通になっていた面子も含め、なんと15人もの同期が今夜一堂に会したわけだが、自然十何年ぶりかの再会になったわけで、みなそれぞれに多少なりの変化が。昔話に花を咲かせ、積もりに積もった波瀾万丈紆余曲折臥薪嘗胆捲土重来的な話を、堰を切ったように喋り倒す。あの人ともあの人ともあの人とも話したかったのに、こういうときの時間は普段の何倍もの速さで流れるもので。楽しかった。

それにしても、最年少のKさんが結婚するというのに、15人もいて他に誰も既婚者がいないのはどうしたものか。そりゃ道を踏み外したと周りが言うのも無理はないな。今回をいいきっかけに、年に一度くらいは集まれるようになるといい。来たくても来られなかったという輩も他にたくさんいたみたいだし。

長い旅公演からようやく東京に戻ってきたのに、来週にはまた西方の地へ旅立つ劇団員の彼ら。どうか怪我や病気のないように。千秋楽まで頑張ってください。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。