*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありがとう、おつかれさま。
tozando.jpg
ここ数日の間に、書留で荷物を2度実家に送った。最初は父の運転免許証で、その後が車の鍵。どちらも持ち帰る必要のないもので、母に預けておけばこんな手間はいらなかった。車の鍵は、意図せず自分のキーホルダーにつけたまま戻ってきてしまったのだけど、免許証は形見の一つとして持っていたかった。だから、こっそり財布に忍ばせた。

実家の車(トヨタRAUM)を、2月中に廃車にしなければいけないことは分かっていた。運転免許証が必要とは思わなかったけど、車の鍵まで持ち帰ってしまったのは愚かだった。どこかに合鍵があったはずだけど、聞ける人はもういないわけだし。電話をかけてきた母に、心当たりの場所を告げてはみたけど、結局合鍵は見つからず、車を引き取りに来た業者に二度手間をかけさせてしまった。嫌な顔一つ見せず、父の死を悼み、「鍵が届いたらまた来ますから」と微笑んだ、そんな優しい人でよかった。

免許証と鍵が届き、今日、再度業者が来てくれたらしい。車が引き取られ、空っぽになった車庫に立ち尽くした母は、思わず涙をこぼしたという。

「もう、あの車(お父さんの存在した雰囲気のある、あの)は、二度と帰って来ない。この車庫は、もうずーっと空っぽなんだ、と思った途端に涙が溢れて…」~母からのメール

姉のお古で、オンボロで、車体には傷がたくさんあった。絵本の「きかんしゃやえもん」よろしく、アクセルを踏み込んでも、重い身体をようやく引き摺るようにのろのろと動き始めるだけ。エンジンは高速道路で唸りを上げ、信号で停まると、呻き声とともに弱々しく車体を震わせた。

総走行距離、15万1700キロ。姉が乗っていた頃には、毎日100キロ近くを通勤で走り、父が乗り始めてからは、登山道入口までのくねくねと曲がりくねった坂道を何度も何度も…。本当に、よく頑張ってくれた。その場にいたら、自分も泣いてしまったかもしれない。

父と会話をするシーンは、山を登っているときもそうだけど、車中が一番多かった。東京から帰省して、松山空港まで必ず迎えに来てくれた父。運転を替わって実家に向かうまでの道程で、いつも父は待ちかねていたように話し始めた。まずは母のこと。そしてこれからのこと。登山口への往路復路も、ちょっとした買い物に付き合うときも、そしてまた東京へ戻る自分を、空港に送り届けてくれる間にも。大概は耳の痛いお説教で、でも中には彼の若かりし頃の思い出話や、母と計画している旅行の話、次に登りたい山の話なんかもあって。あぁ、こう書いているだけで、愛しい思い出が次から次へと去来して、パソコンの画面が滲んでくる。

あのオンボロRAUMには父との思い出がたくさんたくさんあり過ぎて。それは母にとっても、姉にとっても。やがて解体されてしまう運命のあの車を想うと、ぎゅーっと胸が締めつけられて苦しくなる。

こうやって一つ、また一つと何かを失って、減らして、手離していく中で、でもその空っぽになった空間をなんとかかんとか埋めながら、生きていくしかないのだろう。だけど絶対に忘れたくない。喩えそれが神様から与えられた、前を向いて明るく笑えるための恩恵だとしても。父との思い出は、何もかにも全て忘れずに生きよう。泣いたっていいじゃないか。いつだって、何度だって。

ありがとう、RAUM。

お疲れさま、RAUM。
Secret
(非公開コメント受付中)

to tell
そだね。

tellくんとの思い出も、あの車には詰まってたんだよね。

「ばっ旅四国篇」でも大活躍だったRAUM。

あの双海の夕陽も、展望台から見た降ってきそうな星空も、RAUMが見せてくれたんだもんね。

tellくんからも感謝されて、きっと喜んでるよ。

ありがとう。
四国一周のときも、頑張ってくれたね。

僕からも、ほんの少し言わせて下さい。

お疲れ様、ありがとう、RAUM。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。