*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サド侯爵夫人
ご招待を頂いて、三島由紀夫の『サド侯爵夫人』を観劇。そこそこ芝居は観ているのに、グローブ座での鑑賞は初。最寄りの新大久保駅に降りるのも多分2回目くらい。先日の中目黒とは別のジャンルで集まったクリエイティヴな人たち。彼らと肩を並べて陣取った2階席最前列。2回の休憩を挟んでの三幕もの。転換もなく、役者の動きも少ない会話劇。しかも三島由紀夫ワールド。概要はなんとか把握できたつもりだけど、内容よりも睡魔との闘い。
登場人物は6人全て女性なのだが、キャスティングは男性のみ。篠井さんは流石だったけど、他の役者さんは時折、人によっては全編男性に見えた。台詞や衣装の問題じゃないんだなぁ。日舞で女形を踊るのは得意な方だと思っていたけど、実際そう見えていたのかしら。日本人が書いたフランス革命時代の物語。異なる時代、異なる国、そして異なる性別。ほぼ素舞台に近い板の上で、違和感はたっぷりだったが、三島由紀夫の深くて重いメッセージは何故か心にズシリときた。各々テーマを背負った人物の対立が、見事に描かれていたと思う。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。