*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
りりかるなりりぃず。
浴槽の底が抜けるほど深く沈み、感覚を殺して意識を集中していたら、いつの間にか眠ってしまっていたらしい。朝方、水風呂の中で目を覚ます。前を向いたまま大幅な後退などできるはずもない。いつの間にか見失っていた本筋との分岐点まで、悔しさを噛みしめながら足早に戻る。

時間はないけれど、雨も降っているけど、今日ばかりは鬱々とした気分を変えて、ずっと楽しみにしていた黒田百合のワークショップ公演『Lyrical Lilies~コトノハ舞踊』へ。場所はいつもの四谷「Studio Dansage」。今回はtellも一緒。

WS公演という形態故に如何ともし難いが、歴然とした演者の実力差が作品に及ぼした影響は小さくなかった。それは非常に残念。でも、それでも彼女が意図した試みは明確に伝わったし、相変わらず独創的で神秘的な世界観は観客の心を魅了した。

今回は敢えて全曲邦楽を使用し、言葉という普段は対極にある手段を用いて、ときにストレートに、ときには逆手に、メタフォリックに表現。宇宙のように無機質で冷たい世界、太陽の光に照らされて色鮮やかに映し出される暖かな世界。ブログを読めば分かることだが、彼女の言葉選びのセンスは嫉妬するほど秀逸。それは意味よりも、言葉に宿る力や性質を知っているからなのだと思う。そんな彼女の心に響いた歌詞は、当然の如く素敵なものばかりで。

スタジオ中に溢れるコトノハにまみれて、ひらりひらりと舞い踊る黒田百合。その圧倒的な身体能力と存在感は言うに及ばず、彼女ならではの全くもってリリカルな作品に、憂鬱なことも忘れて酔いしれることができたのでした。今回はパイロット版ということで、いつか是非本編を、そして続編を作ってほしいと思う。一日限りのショーイングで終わらせるのは勿体ない。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。