*All archives* |  *Admin*

2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョン・エヴァレット・ミレイ展
開催が決まった1年以上前からずっと楽しみにしていた「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」をBunkamuraの「ザ・ミュージアム」で。彼の代表作『オフィーリア』をどうしてもナマで観てみたかった。英国「テート・ギャラリー」まで行こうかと本気で思っていたくらい。
「オフィーリア」はもちろんのこと、ミレイの描く女性はドラマチックで美しい。どの女性にも眼に強い意志が宿っていて、その意識下に吸い込まれそうになる。「オフィーリア」、感動だったなぁ。立ち尽くして、しばらくその絵の前から動けなかったもの。水辺に浮かぶ若すぎる女性の死が、これほどまでに美しいとは。同作品が戯曲『ハムレット』の悲劇のヒロインであることは非常に有名だが、同じくシェイクスピアの『尺には尺を』から想を得て、テニスンが読んだ詩を基に生まれた「マリアナ」も素晴らしかった。絵の中の女性に鼓動が高鳴るほどの感情を抱いたのは初めて。
名声を得た後の、商業的に描いた肖像画は別にして、彼の描く劇的な作品はどれも生命力に満ちており、今にも動き出しそうだし、喋り出しそうで、何かしらを訴えかけてくる。語りかけてくるそのメッセージを必死に汲み取ろうとして、受信モードをマックスで鑑賞したものだから、美術館を出るときにはもうぐったり。でも開催中にもう一度行けるといいな。奈良で買ったシャガールの『誕生日』の支払いがようやく終わったところなのに、『オフィーリア』と『マリアナ』の複製画がとっても欲しくなった。2枚で12万6千円也。
Secret
(非公開コメント受付中)

to tell
よかったよぉ!

土曜の夜なのに意外と混んでなくて、ゆっくり観られましたよ。
夜がいいのではないかと。土曜日曜は遅くまでやってるからね。
渋谷までくるなら、そんときは一声おかけくださいまし。
あ、これ行きたいと思ってた~!

混んでた?
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。