*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランス語にする意味も分からんし
久しぶりに取った週末二連休。特にこれといった予定もなくのんびり。翌日のことを気にせず眠くなるまで執筆できるのがいい。

今日は夕方から観劇のため「彩の国さいたま芸術劇場」へ。日中は布団が干せるほどの好天だったのに、外出時には雲行きが怪しくなって、ホームに着いた途端に雨が降りだした。傘、持って来なかったのに。車窓には大粒の雨が流れ、上空には稲光が走る。東へ北へと雨雲から逃げるように電車を乗り継いで、与野本町の駅に着いたときには雨が降り出す直前。走るように歩いて、劇場に到着と同時にポツリ、ポツリ。その雨も観劇中にやんで、結局今日も傘いらず。

晴れ男っぷりを自慢するより、肝心の芝居はどうだったか。

「彩の国さいたま芸術劇場」は、5月に「KUROYURI project」の公演『helena』が行われた小屋。土日の3ステ全公演を鑑賞し、その度に震えるほどの感動を覚えた。都内での再演が本当に待ち遠しい。あれからもうすぐ4ヶ月かぁ。そのときまで劇場の存在すら知らなかったのに、まさか数ヶ月で再び与野本町に足を運ぶことになろうとは。

あ、劇場を懐かしんでないで、肝心の芝居はどうだったか、か…。

「東京パフォーマーズ倶楽部」の第一回プロデュース公演『ヴァンサンカン』。チラシにはどこにも発表会とは書かれていない。実際3300円もの席料を取っている。発表会なら発表会で、一般ウケする既製の脚本を使い、少しは名の通った演出家がつくものだろうし、そもそも発表会で木戸銭を取るべきではないというのが持論。…的なところから書き始めてはみたけれど、もう何がヒドいって、全てがヒド過ぎ。幼稚な脚本、あり得ない演出、競うようにカミまくる演者たち。こういうものを見せられると、笑うどころか、怒りを通り越してヘコんでしまう。どうしてこういうものを平気で上演してしまうのだろう。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。