*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャンソナイト
dan

昨夜のゴスペルに続いて、今夜は中目黒の「楽屋」でシャンソンのライブ。
シャンソンといえば、歌い手としては淡谷のり子と美輪明宏。楽曲なら「愛の賛歌」と「オー・シャンゼリゼ」。映画は『暗い日曜日』しか知らない。フランスの歌謡曲全般を指すらしいが、その括りは結構曖昧のようだ。
「友達が歌うから、よかったら是非」と誘われて、座った席は何故か今日も最前列。開演時間には満席になったライブハウスは、始まる前からアットホームであたたかい空気に包まれていた。
ピアノとアコーディオンを伴奏に始まった宇野敦子のライブ。小柄な彼女が感情豊かに全身で歌い上げるシャンソンは、今まで抱いていたちょっと敷居の高いイメージを一新。一曲一曲に憂いを帯びた物語があり、その情景がありありと浮かび上がる。歌い手としてだけではなく、間違いなく女優としての素質も秘めている彼女ならではの素晴らしいステージだった。
今夜も二部構成で、後半は歌手を目指して北海道から上京したばかりの女性ジャズシンガーが登場したのだが、こちらはちょいとヒドかった。俄か編成のバンドは全く息が合っておらず、ヴォーカルは一人突っ走ってちぐはぐな感じ。それでも客席からの大きな拍手にアンコールまでやってしまったのだが、本人にとっては厳しい洗礼を受けた方がよかったのではないかと思ってしまう。
久しぶりにアコーディオンの演奏を聴いて、またDANくんのライブを観にいきたいなと思った。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。