*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしさという麻薬に溺れてはいけない
ガッツリ残業した帰りにいつものファミレスに寄ると、結構遅い時間だというのに、かなりの混雑ぶり。当然狭いテーブルに追いやられる。先週の金夜はこんなことなかったのに。
頭脳労働の後に重いものを食べたものだから、猛烈に睡魔が襲ってきた。1時間ほどうとうとして、これでは作業が捗らないのでやむを得ず(ここ大事)、甘味を注文する。先日忠告されたばかりなのに。どうして脳は糖分を欲しがるんだろう。

帰宅後、今日はもう書けないだろうと判断して、アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』を借りてみる。レビューの評価が高くて、ずっと気にはなっていたのだが、アニメの中でも「よいこ」コーナーに並べられているこの作品を、カウンターに持っていく勇気がなかなか持てなかった。今日もどうしようか一瞬迷ったのだが、パッケージに岡本太郎の「太陽の塔」が描かれているのを見て、意思が固まった。つい先日「岡本太郎美術館」を訪れ、今は通勤の電車で彼の著作を読んでいるところだ。
sitamachiyukei.jpg

実際、借りてよかった。まさか「クレヨンしんちゃん」で涙腺が緩むとは思わなかった。脚本の構成もしっかりしているし、小学生レベルの下ネタでも思わず笑ってしまう。主人公のキャラを考えれば、若干上手くまとめ過ぎたのではないかなとも思うけど。未来が失われそうになったとき、「もっと家族といたい」という気持ちはあるにせよ、「大人になりたいから」という理由にはどうも違和感を覚える。

「懐かしさ」に心を支配され、今も未来も投げ捨てて童心に返る大人たち。「懐かしい」という気持ちは、麻薬みたいなものだ。美化された甘酸っぱい思い出にどっぷりと浸り、幸せな気持ちになるアッパー系。トラウマという傷だらけの過去に陶酔し、不幸のどん底を味わい尽くすダウナー系。どちらも自分の殻に閉じこもって、決して今を生きようとしないし、未来を見ようともしない。過去を振り返るのは決して悪いことじゃないと思うけど、常習になると抜け出せなくなるもの事実。ハマる気持ちは、よく分かるんだけども。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。