*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美女缶
bijyokan.jpg

先週ドラマレビューの中で要チェックと書いた『ロス:タイム:ライフ』が、先週土曜のフジ深夜枠でスタートした。テーマも設定も面白く、テンポも緩急あって役者も優秀。次回以降も非常に楽しみ、なのだが。個人的にはとても心臓に悪い始まり方で、背中に嫌な汗をかかされてしまった。

気になったので少し調べてみたのだが、総合演出の筧昌也氏が監督した同名短編映画がもとになっているらしい。早速彼の作品をネットで検索し、唯一DVDでレンタルされている『美女缶』という作品を渋谷TSUTAYAで借りて帰る。

いかにも低予算で作り上げたインディらしい中篇映画なのだが、設定が秀逸。日常の中に突如現れたSFへの入口。漫画を読んでいる感覚で、するりとその世界に入り込める。役者もほぼ無名だし、基本四畳半で繰り広げられる狭い世界。なのに、物語にとって必要な要素がぎっしり詰まっている。

実際、自主上映から始まったこの映画、「ゆうばり国際」を皮切りに日本全国、さらには海外のインディ映画各賞を総なめにし、05年には妻夫木聡主演の「世にも奇妙な物語」でリメイクもされていたのだった。

この『美女缶』と同時上映されたショートフィルムが『ロス:タイム:ライフ』。その後パート2も制作され、それはDVDの特典映像に入っていたので観ることができた。設定は、先週放送されたドラマとほぼ同じ。おそらく1の方が、先週オンエアされた作品の元になっている感じじゃないかなと推測。

『美女缶』にしても『ロス:タイム:ライフ』にしても、設定の勝利。設定が面白ければ、他は多少質を落としても充分観るに耐えるものになる。とても勉強になりました。
来週以降の放送も忘れないようにしなきゃ。一人だけレギュラー出演の温水洋一も要チェック!
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。