*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感動の牡蠣カレー
masterpeaceこと土田くんと、半年振りに押上のカレー屋「spice cafe」へ。木造アパートを改築して作られた雰囲気あるお店で、外観を眺めるだけでワクワクする素敵なお店。

いつものことながら、本日も予約で満席。土田くんが予約をしてくれたおかげでやっと取れたラスト1席は、彼が「いつか女の子と行きたかった」ソファ席。実際、正面に壁しかない2名掛けのソファは、男二人で座るにはとても違和感のあるラブチェアーだった。
その彼の無念を、予約が取れた旨を告げる確認メールだけに留まらず、店に来る道すがらでも散々聞かされた。すみませんねぇ。今度はカワイイ女の子を連れてきてあげておくんなまし。
spice2.jpg

今夜は牡蠣のカレーをオーダー。これが絶品だった。シチューのようなカレーに絶妙なバランスで混ざり込み、そのマイルドな味わいは非常に食べやすく、スプーンを持つ手が止まらなかった。美味しさに満足というより感動を覚える食事って素晴らしいな。
spice3.jpg

回転率など度外視して、1晩1テーブル1組の客を厚くもてなすスタイルは非常に好感が持て、アクセスは不便なのにリピート客が絶えることなく訪れる。客層も上品で、店全体に優しい空気が漂っている。

そんな中で、いち早く聴かせてもらったmasterpeaceの新曲の感想や、今年やろうとしている壮大なプロジェクトについて熱く語り合っていたら、あっという間に終電タイム。
出逢いからして運命的だった土田くん。畑は違えど、同じ想いで夢を追いかける彼とは、出逢うべくして出逢い、いるべくして今、そばにいるのだろうと強く感じた夜だった。
2008年、今年の二人に要注目ですよ。

それにしても、執筆中の戯曲と彼の新曲、同じ人間にインスパイアされているという共通項にも驚かされた。当人は不在だったが、彼の存在が二人に与えている影響ってのは決して小さくはないのだなと思い知った夜でもあったのでした。
Secret
(非公開コメント受付中)

to tell
牡蠣カレー、今季初チャレンジだったらしいんだけど、本当に美味しかったよ。
新居から遠くないんだし、次回は是非。
あ、でも土田くんは「女の子と二人で行きたい」みたいだから笑
土田くんに誘って頂いたのに行けなくて残念でした。
で、この記事を読んでさらにさらに行きたくなりました。
牡蠣カレー、食べてぇ~!

今度はぜひ☆
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。