*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法隆寺と阪神競馬場
一晩中賑やかなペアシートの隣ではまともに睡眠を取ることもできず、それでも予定通りに5時に起きて、ネットで場所を確認しておいた『極楽湯』へ向かう。地図を見た感じでは、徒歩30分の道程だったが、縮尺を気にせずアバウトな見方だったため、少し道を間違えたりもして実際は到着まで小一時間を要した。
6時開店でまだ5分しか過ぎていないのに、既に駐車場にはたくさんの車。風呂場はオッサンたちでいっぱい。ほぼ貸切だろうと思っていたのに、日曜朝から奈良のオッサンはどんだけ風呂好きなんだよ。

サッパリしたところで、次の目的地に向かうべく駅へ。進行方向と逆側の奈良駅まで1時間かけて帰るのも癪なので、近くのコンビニで地図を見て次の駅まで歩くことに。結構あるなぁとは思ったが、方角だけ頭に入れて、縮尺は敢えて気にしないことに。
大和路とはとても言い難い、大型ショッピングセンターやラブホテルが立ち並ぶ国道バイパスを、情緒の欠片も感じることなく、てくてく歩く。行けども行けども、だだっ広いアスファルトの道。奈良駅に戻るべきだったか。と、後悔の念が過ぎる頃、目の前に佐保川が現れ、越えるために歩行者は脇道に逸れなくてはならないという事実が発覚。想定外。いや、歩行者がこの川を渡ること自体が想定外なのか。川沿いの畦道をどんどん迂回。途中、道路が真っ黒になるほどの大群のカラスに両脇から睨まれる。目を合わせないようにして、「決して怪しいもんじゃないっすから」と呟きながら足早に通り過ぎる。川を越えてやっと元のバイパスに戻ったときには、全身に嫌な汗がびっしょり。風呂入った意味なし。
それからも結構歩いて、JR郡山駅まで1時間半くらい。遠っ!漫画喫茶からの距離を合わせると、正味2時間半の道程。朝っぱらからどんだけ歩くねん。

青春18きっぷ二つ目の入鋏印は、郡山駅。ここから関西本線に乗って、二駅隣りの法隆寺駅へ。駅からさらに片道1.5キロを歩いて、本日最初のメイン目的地、世界最古の木造建築「法隆寺」に到着。
DSC01026.jpg

最後の「法隆寺大工」、西岡常一の書いた『木のいのち木のこころ』を読んでから、奈良に行く機会があればきっとと思っていた。代々「口伝」として受け継がれてきた宮大工の修繕・解体の知恵と技術は、木の特性を最大限に活かすことで、樹齢千年の檜を、建物になってからさらに千年もたせる。建立から1400年。五重塔を見上げながら、その歴史の重みと、込められた願いを思う。さんざっぱら病を患った今年だけに、薬師如来の前でもしっかりと合掌し、法隆寺を後にする。
DSC01027.jpg

早朝のオーバーワークならぬオーバーウォークのせいで、予定より既に1時間以上もおしている。棒になりつつある足に発破を掛けて、法隆寺駅まで歩いて戻り、再び関西本線に乗って大阪へ。その間約50分は爆睡。大阪梅田で阪急電車に乗り換え、いざ仁川「阪神競馬場」へ。
DSC01031.jpg

東京と中山、小倉、新潟に続き、これで5つ目のJRA競馬場。1Rから始めて、せめて午前中のレースくらいは楽しもうと思っていたのに、着いたときには3R発売〆切直前。こういうときに慌てて買った馬券は大概外す。てか、外した。
DSC01034.jpg

続いて4Rは良血の2歳未勝利馬が多数出走。中でも安藤勝騎乗のブーケフレグランスは、今年の有馬記念で兄妹対決が実現したダイワメジャーとダイワスカーレットの妹。前走は出遅れた上に、負けた相手がビリーヴの初仔という不運。今度こその馬券だった。が、またも出遅れ。で、連敗。そして、タイムアップ。後ろ髪引かれまくりながら、仁川駅に戻ったのでした。
DSC01035.jpg

大幅にリニューアルされた阪神競馬場は、パドックも観覧席もとても綺麗。いつかまたリベンジしに来なくては。
DSC01036.jpg

さて、ということで今回の青春18きっぷの旅も、あとは来た道をまた10時間かけて戻るだけ。途中下車もなく、窓の外は真っ暗。読書して、寝て、物語の構想など練ったり、また寝てみたり。やはり往路よりは長く感じたけど、往復全行程座ることができたし、想像よりはだいぶ楽だった。これなら、年末松山まで帰れなくもないかな…。18きっぷは5枚綴りだから、まだあと3回分残っているし。
DSC01039.jpg

二日目はまさに「行き当たりばっ旅」を一人でやっている感じで、しんどい思いを共有してくれる相方がいない分疲労度は増した。でも見るべきものを見て、目的は果たせたわけだし。満足。ただ、やはりシャガールの『誕生日』と出逢えた初日の感動には遠く及ばず。
絵が届くのは約一ヵ月後。イーゼルを買って、手元にやってくる日を心待ちにしていよう。
Secret
(非公開コメント受付中)

☆tell
そだね、こういう旅こそ思い出に残るのだと思います。

仁川の記述に関しては、書きながら「うーん、誰もわからんだろうなぁ」と思いながらも筆が止まりませんでした苦笑
予想外、迂回、競馬…。まさに『行き当たりばっ旅~一人編』だね笑
でも、一生忘れられない旅になったね。

ところで、仁川の記述が詳しすぎるんじゃない?笑
僕は良いけど。ビリーヴの初仔とか、普通の人は分からんって!
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。