*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「行き当たりばっ旅2006四国篇」2日目 ~Age33~
ryoma

風呂から上がって、だだっ広い座敷に大の字に寝そべる。もうこのまま寝てしまえたら…。そんな誘惑になんとか打ち勝って、次の目的地に向かう。今日中になんとか高知市内に入らなければ。
当初は足摺岬も目的地に含まれていたのだが、雨だし、到着する頃には暗くなってそうだしってことで断念。実は足摺岬も室戸岬も行ったことがない。父や訪れた人が絶賛するだけに、非常に残念。

高知市内までの長い道のりの途中、黒潮町の「砂浜美術館」に立ち寄ることにした。とはいっても実際に建造物があるわけではなく、会期中にその砂浜で様々なアートの展示をしたり、イベントを開催したりといった一風変わった美術館。実は数年前、この美術館が主催した小さな短編小説のコンクールに入賞したことがある。だから一度は来てみたかったのだ。今はもう特に活動していないのかと思っていたが、ホームページを確認するとBLOGは更新されている模様。
折角なので記念に砂浜を歩き、打ち寄せられた綺麗な貝殻をいくつかお土産に拾って帰る。

もうすっかり暗くなってから高知市内に入る。桂浜近辺の宿に泊まって、明朝夜明けとともに龍馬像を拝んでから徳島に向う予定だったが、目当ての国民宿舎が土曜ということもあって満室。急遽予定を変更して、今夜のうちに龍馬と対面することになった。
桂浜の龍馬像とは何度目の再会になるのだろう。学生時代、ちょっとドライブのつもりでよく来たもんだ。でも日中に来たことはほとんどない。画像のことは気にしないように。
先週12日は「第33回龍馬まつり」が開催されたらしい。この前後1ヶ月は竜馬像のすぐ横に櫓が組まれ、龍馬の目線から太平洋を眺められるようになっているのだが、こんな遅い時間では櫓に登れるはずもなく。tellにも見せてあげたかったが、またいつか。
それにしても気になるのは「33」という数字。二人とも、今年33歳。龍馬が死んだのも33歳。「第33回龍馬まつり」。松山と高知を結ぶ国道はR33。なんなんだ、一体。

竜馬像が見下ろす桂浜の波打ち際を歩き、太平洋に向って大声で叫ぶ。もどかしさや、やりきれない想いを吐き出すように。
「はりまや橋」の歌を唄いながら階段を上って車に戻る。夕飯にはうどんを食べて、高知市内のBHで今夜は就寝。明日は夜明け前に出発だ。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。