*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯治 in 箱根
急遽決まった箱根行き。2週続けての連休も関係なく働いたし、ここ最近疲労も蓄積気味なので、箱根の温泉に浸かりながら、個室を借りてゆっくりと執筆に時間を費やそうという目論見。9時には出発しようと思っていたのだけれど、昨夜の就寝も遅くなって結局お昼近くになってノロノロと出発。
連休明けで高速も空いており、スムーズに箱根到着。まずは箱根湯本の駅近くにある、数年前に日舞の面々でも訪れた「箱根自然薯山そば」で遅い昼食。店のおばさん達はみんな耳が遠くて全然注文を聞きに来てくれなかったけど、粘り気の強いとろろは絶品。
デザートは芦ノ湖の眺望を堪能できる「御番所茶屋」で関所だんごと甘酒。どちらもそこそこ美味しかったのだが、中之条で飲んだ冷たい甘酒には遠く及ばず。あの甘酒は本当に美味しかった。あれを飲むためだけにもう一度行ってもいいかなと思うほど。でもできれば映画を撮るために再訪したいものだ。
sekishochaya.jpg

茶屋のベンチに腰掛け、傾きかけた陽に照らされた芦ノ湖をのんびりと眺める。静かに、太陽の周りを悠然と輪を描いて飛ぶ鳶。ゆっくりと過ぎ行く時間を感じながら、焼き直そうと考えている作品のアイデアをいくつか胸に書き留める。
asinoko.jpg

まるで「行き当たりばっ旅」のように何の計画性もなく動き始めたこの湯治旅。どこの温泉宿を利用するとも決めずに出発したので、無駄足も踏んだが、それでも何とか目的に見合う宿を見つけることが出来た。ガイド誌に載ってるのが不思議なくらい、こじんまりとした個人経営の宿「湯の宿 遊月」。ハキハキと喋る元気なおばさんに案内され、部屋で一息ついて早速温泉へ。露天と言うには無理のある、なんとか夜空が覗き見える小さなお風呂にのんびりと浸かり、部屋に戻ってノートを開く。とはいえ旅の疲れもあってそれほど筆の進み具合は芳しくもなく。あー、このまま1週間くらいここでこういう風に書くことだけに専念させてもらえたらなぁ。
宿のおばさんがとてもいい人で、部屋の利用時間を無料で延長してくれた上、しじみで作ったかわいらしいお土産までもらった。またいつか機会があったら…うーん、また来るかなぁ苦笑
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。