*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行き当たりばっ旅2011韓国編 初日
決して爽やかな目覚めではなかったけれど、それでもテンション高めにtellを起こして機内へ。
国際線とは思えない大韓の小さな飛行機で、座席も相当狭い。こういうとき、いつも窓側を譲ってくれるヒョンに感謝。
haneda.jpg
2時間ほどで仁川国際空港に到着。
迎えに来てくれたガイドさんと、免税店へ。
行きたくなくても行かねばならず、何も買わなくても一時間ほどいなくちゃいけない。
仕方がないので、屋上のオープンカフェへ。
ソウルタワーなんぞ眺めながら、今日これからの計画について話す。
menzei1.jpg
免税店を後にして、ソウル郊外のホテルに向かう。
日本語がとっても上手で、知識も豊富なガイドさんの名前は、tellの娘と同じ名前のアンさん。
簡単な韓国語を教えてくれたり、いくつか問い合わせをしてくれたり、とても親切な人。

ホテルに到着後、荷物を置いて明洞へ向かう。
まずは、アンさんオススメの「古宮」でランチ。
石焼ビビンパも付け合わせも全部美味しくて、この後の食事が楽しみになる。
慣れた手つきでビビンパを混ぜてくれたアンさんとは、ここでお別れ。
最終日は他のガイドが迎えに来るということで、とても名残惜しいが仕方がない。
kokyu.jpg
食後、「古宮」を出てすぐのところにある「明洞実弾射撃場」へ。
とりあえず銃を持った主人公がカッコイイ映画のポスターを節操無く飾った入口。しかも日本のだし。
建物も古くて、探偵事務所とか入ってそうなオンボロビル。
shageki1.jpg
店に入ると、「いらっしゃいませ」と迎え入れられる。
写真を見ながら、とても流暢な日本語で拳銃の説明を受ける。
ルパンやらトム・クルーズやらが使った銃がズラリと並べられていて、好きなものを選べる。
shageki2.jpg
4つの違うタイプの銃を打てるセットメニューを選び、防弾チョッキとゴーグル、耳あてを装着していざ。
本物の銃は、想像以上にズシリと重く、撃った反動は驚くほど強かった。
楽しむというより、必死になって、真剣に的を狙い、次々に銃を撃った。
弾道が見えるはずもなく、的も暗くて遠い場所にあったので、命中したのかよく分からない。
でも、撃った的を見せてもらと、ビックリするほど精度の高い命中率。
shageki3.jpg
終わった後には、tellと2人で記念撮影。
それなりに楽しめたけど、進んでもう一度来ようとは思わないな。
shageki4.jpg
この後の予定を何も考えておらず、とりあえず明洞をぶらぶら。
噂に聞いてはいたが、原宿の竹下通りと変わらない。
あちらこちらで日本語が飛び交い、ちょっと歩いただけでもうお腹いっぱい。
myondon.jpg
スタバでガイドブックを広げ、とりあえず今日この後の道筋を決める。
まずは、近いところで明洞聖堂へ。
daiseido1.jpg
中に入ると、折しも結婚式の真っ最中。
謡うように祝言を述べる神父の前で、誓いを交わす新郎新婦。
その神聖で厳かな空気に包まれて、しばし心の安寧を。
daiseido2.jpg
タクシーを拾い、次に訪れたのは「景福宮」。
門前には派手な衣装を纏った衛兵がいて、タイミングよく交替式を見ることができた。
英国のバッキンガム宮殿で見たものと、だいたい同じことをやっている。
でもちょっと虚ろな目をしてる人たちが多かった気がしないでもない。
t_kyonbokkun8.jpg
光化門やら興橙門やら、いくつかの似たような門を潜ると、勤政殿に辿り着き、中には真っ赤な玉座が。
でもこういう建築物って、日本のものの方が造りが精密で、圧倒的に情緒深いと思う。
なので、特に心惹かれるでもなく、見るだけ見て退出。
kyonbokkun4.jpg
次に訪れたのは、韓国の伝統家屋の街並みが楽しめるという「北村韓屋村地区」。
が、高温多湿で疲労感増す中、景福宮から一丘越えて来るほどの見どころもなく。
hanokkiru6.jpg
こうなったら美味いものでも食いに行こうということになって、地下鉄に乗って江南区の「サンボン・ファロクイ」を目指す。
ここはサムギョプサルが美味しいと評判の店らしく、韓国通の「entente」スタッフKちゃんが「絶対に行った方がいい」とガイドブックに付箋を付けていたお店。
これは美味しいに違いないと、ハングルの看板ばかりで少し道に迷いながらも、頑張ってたどり着く。
が、これが意外と…そうでもなく。
もう一つのウリである冷麺も頼んでみたのだけど、新大久保で食べたほうが…。
うーん、やっぱり日本の韓国料理店は日本人好みの味に変えてくれてるのかなぁ。
t_samugyopu.jpg
ともあれ、腹は満たされたし、夜はまだこれからだということで、タクシーに乗って「ウォーカーヒル」へ。
マカオで勝って味をしめて以来、負ける気がしないと意気込んで乗り込む。
韓国のカジノは、マカオの大きなホテルに併設されているところに比べると、かなり規模が小さく、客も少ない。
これだと、マカオで編み出した勝てる法則を実践に移すことが難しい。
結局、調子の上がらないままコインを使いきって、今夜は終了。
でもtellはビギナーズラックも手伝ってか、少し勝っていた。
t_wakerhill.jpg
そんなこんなで、24時頃ホテルに戻り、全然ばっ旅らしくない初日が終了。
それにしても疲れた。
明日はテグなのに、朝起きれるかな。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。