*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白いリボン
whiteribon.jpg
ジムを終えて、丑の日前夜に鰻を食べて帰る。
途中、TSUTAYAでミヒャエル・ハケネ監督の独映画『白いリボン』を借りて帰る。
09年カンヌでパルムドールを獲った話題作であり問題作。

全編モノクロで映し出されるドイツ北方の村は美しい。
が、時は第一次世界大戦開戦前夜。
ファシズムの代表ナチスを生む、所謂社会悪の起源が薄気味悪く描かれている。

ドクターの落馬事故に始まり、不可解な事件が次々と起こり、その犯人が明かされぬまま物語は進む。
村民たちの間に募る不信感。
権力者の教条主義が悪意・暴力・欺瞞の連鎖を導く。

直接的な暴力の描写はなくとも、容赦なくそのイメージを想像させる。
女性は美しく、子供は純粋無垢で、本来人間は正しい心を持っているという誰もがそう信じたい大前提に、真っ向から異を唱える。
「悪とは」という究極の問いを投げかける。
そんな残酷で希望のない、人間不信に陥りそうな痛々しい映画だが、見応えのある秀作。
クライムミステリーというカテゴリーより、社会派として見るべきだろう。
「白いリボン」というタイトルも秀逸。実質は黒い鎖。

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。