*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プルーフ・オブ・マイ・ライフ
20060904.png
劇団四季の取材やらで松山から出張中の友人と渋谷で夕食。学生時代一番仲の良かった友人で、今でも交流の続く数少ない地元の友。朝5時起きで出てきて、重い荷物抱えて、相当疲れているはずなのにこうやって会う時間を作ってくれて、とてもありがたい。10年も離れ、生活スタイルも全く違うから、共通の話題も多くはない。昔話や、誰々に子供が産まれたなんて話はすぐに尽きる。この溝が埋まることはないだろうけど、それでも一緒にいて居心地が悪くならないのは、揺るぎない信頼関係。「僕はずっとここにいるから」いつかそう行って見送ってくれたことを思い出す。帰省したとき、彼が「おかえり」って言ってくれるから、また頑張ろうって思えたりもする。

ジョン・マッデン監督『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』を観た。ピュリッツァー賞、トニー賞を始めとする数々の権威ある賞に輝き、世界各国で上演された舞台の映画化。元が戯曲だけに台詞の応酬が面白いのだが、舞台などあまり観ない人には苦手なのかも。精神を病んだ天才数学者の父を介護の末に亡くし、差し伸べられた優しさに立ち直るきっかけを掴みかけても逆に突き落とされて、生きる気力さえ失ってしまった一人の女性。どうしようもなく深く傷ついた彼女の喪失から再生までを描き、明日を生きる希望を見せてくれる映画。最後の語りは、ずっと心に留めおきたいと思う。そして、とにかくグウィネス・パルトロウの演技が素晴らしい。監督とのコンビはロンドンでの舞台かららしいが、それは是非観てみたかった。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。