*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLAMDUNK
20060725.jpg
帰り道、職場に出入りしている宅配便の兄ちゃんが前を走っていた。暑いのに大変だなぁと思っていたら、すぐ横を歩いていた小さな女の子がお母さんに一言。

「ねぇ、なんであの人走ってんのぉ?」

思わず吹いてしまった。子供って無邪気、だから無敵。

帰宅後、素麺を茹でる。最近はスーパーに「薬味セット」なるものを売っていて、刻まれた葱と茗荷に、生姜までついて105円。別々に買うより安いし楽。男一人、ものぐさにもなろうもん。

無性に『SLAMDUNK』が読みたくなって漫喫へ。あの感動が再び甦る。読みながら何度も泣きそうになったり、笑ったり、身震いするほどの興奮の連続。やっぱ面白いなぁ。完全版買おう。

部屋に戻って、昨年買った「SWITCH」を再読。2004年12月、神奈川県三崎高校でたった3日間だけ行われた幻のイベント「あれから10日後」を特集した号。こんなのやってたの知ってたら、きっと行ってただろうな。友達と一緒に行って、体育館でバスケやりたかった。

原作者井上雄彦氏の

「ぼくは、いつも一人の読者に向けて描いているつもりなんですね」

という言葉に衝撃を受けた。一人の読者に向けて、か。彼にとってその一人の読者というのは、特定された、いつも同じ人なのだろうか。それとも…。

試してみる価値は充分にありそうだ。ただ、誰に向けて書くかってことをよーく考えて書かないと意味がない。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。