*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生麦へ
20051210.jpg
 朝8時に車を取りに行って一旦ウチに戻り必要な荷物を積み込む。絶好のドライブ日和。間違いなく晴れ男。揺るぎない晴れ男。絶対的晴れ男(言い過ぎ)。BGMはレミオロメンとエルレガーデン、そしてもちろんmasterpeace。かなりご機嫌。寝不足でリポD飲んだとこだけど。
 第一の目的は、今月末〆切の脚本を書くにあたっての取材(今頃行くなって)。今回は京浜急行電鉄が主催ということで、京急沿線を舞台にしたドラマというのが条件。帰省する際に羽田空港へ向かう以外に普段全く縁のない路線だけに、町工場とかたくさんあって下町っぽい感じという漠然としたイメージしかない。ということで取材。
 でも一体どこに行けばいいのか。品川から終点三崎口までかなり幅広い。各駅停車で一駅ごとに降りて周辺を散策してまわっても埒あかないし、今日は午後からも予定がぎっしりなのだ。人に聞いたり、昨夜はネットでもいろいろ調べてみたけどイマイチ決め手となる情報を入手することはできず、結局歴史的にもビールの工場でも有名な「生麦」へ。
 ナビに遠回りの道を教えられて若干時間をロスしたものの比較的順調に目的地到着。パーキングに車を停めて、駅近くの書店で「生麦の昔の姿を考える会」編著の『生麦今は昔』という本を購入。店番をしている背中の曲がった小柄なおばあちゃんに「生麦事件の碑」がある場所を聞くと、丁寧に説明してくれた上に「近くに資料館もあるから行ってごらん。個人でやってるんだけど、館長さんの話は面白いから」と教えてくれた。ありがたい。あ、そういえばその書店のそばに歯医者さんがあって、その名前が面白かった。「ふみきり歯科」。確かにすぐ横に踏切あったけどさ。どうなの、そのネーミング。千駄木にあるパチンコ屋「パーラー千代田線」もでっかく出たなぁと思ったけど。あ、あと「パリス・吉祥寺新宿店」てのも。どこなんだよ!みたいな。ウチの実家にもありますけどね「ラフォーレ原宿松山」ってのが。ま、どうでもいいんですけどね。
 大通り沿いのガードの影にこぢんまりと立てられた生麦事件の碑。何の感慨深さもなく。合掌して写真だけ撮って、さっきおばあちゃんに教えてもらった「生麦事件参考館」へ。館長浅海武夫さんが自宅を改造し、古本屋を回ったり、海外の研究者に手紙を書くなどして集めた千点近い絵画や文献を展示している。予約さえしていけば無料で閲覧させてもらえる。中に入って実際展示品の数々を目にして驚いた。一個人でここまで収集できるものなのか。充分自治体レベルに匹敵する。
 さっき書店で聞くまで参考館の存在を知らなかったわけで当然飛び込みだったのだが、今日は他に取材があったらしく運良く浅海さんにお会いすることができた。予約もしないでふらりと立ち寄った若造に、最初は忙しいから適当に見たら帰ってねという感じで「私の作った参考ビデオがあるんだけど見ます?30分くらいだけど。見るならこのボタンが再生。終わったら電気だけ消し忘れないように。私は外にいますから一応帰り際声だけかけてください」と、あまりに素っ気ない対応で、書店のおばあちゃんの言ってた面白い話なんてとても聞ける雰囲気ではなかった。が、ビデオの再生が終わる頃戻ってきたときに「実は今度応募するシナリオの参考になればと思って伺ったんです」と話した途端態度が一変。彼も研究論文や資料作成など書く立場にいる人間であり、愛する生麦の地を舞台に本を書こうとしている男が急に好青年に見えたのだろうか。
 浅海さんはビデオや展示されている資料だけでは決して分からない、事件の真相に迫る裏の部分をとても面白く語り聞かせてくれた。明治維新の発端となった生麦事件。つまりこの出来事は日本の未来を変えたといっても過言ではないのだ。歴史の教科書にはたった一行しか記載されていなくても。浅海さんの研究はどこまでも奥深い。興味深く聞くものだから彼もテンションが上がってきたみたいで、自分の書斎にまで案内してくれた。明治の面影漂う素敵な書斎にずらりと並ぶ書物。窓からは明るい陽射しが差し込んでいる。そしてここでも止まらない浅海さんの話。本当に面白かった。帰り際手土産まで持たせてくれて「また来なさい」と言ってくれて嬉しかった。
 予定時刻は大幅に過ぎていたが、折角来たんだしと100段以上ある階段を駆け上がり、杉山神社にも寄ってみたが特筆すべきところもなく。急いで渋谷へ向かう。今思えば杉山神社行かなければセミナーに遅刻しないですんでたな…。ということで、先週に続き今日は古館プロジェクト主催「アングル」による放送作家セミナーの第二回。講師は山名氏。彼も現在一線で活躍している売れっ子作家だ。今回のテーマは「観察力」。グループを作って架空の番組の企画出しなど、とても有意義な時間だった。
 その後、先日新しいプリンタを買ったのでいらなくなった古いやつをKenさんにあげるべく職場へ。Kenさんは既に帰っていたので物だけ置いて池袋へ。ずっと借りていた漫画『MONSTER』を友人Kに返す。次の予定まで少し時間があったので川越街道沿いにあるDenny'sで食事をしながら、サシでしかできないコアな話。彼の優しさ、器のデカさには頭が下がる。
 21時過ぎにサンシャインで「キャラメルボックス」という劇団の芝居を観ていた松山の友人たちと合流。体調も万全ではないのに、その芝居で主役を張っている菅野さん(なんと今回彼の台詞は500近くもあるらしい。俄に信じ難い数字)も顔を出してくれて5人で飲む。菅野さんが松山でプロデュースした芝居をきっかけに知り合ったみんなとの楽しい時間。またいつか同じ舞台に立つこともあるのだろうか。あるといいな。松山で、そして東京で。
 菅野さんは明日も舞台があるので先に帰ってしまったが、残った他の3人ともうしばらく飲んで浅草を経由して品川のホテルまで送り届けて解散。長い一日だった。そして長い日記になっちまった…。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。