*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋火
松濤での爆発事故で、渋谷上空には7機のヘリが旋回しており、代々木公園での執筆は諦めて真っ直ぐ帰宅。
tengoku001_rgb.jpg

先日観た『月とキャベツ』に引き続き、篠原哲雄監督の作品『天国の本屋 恋火』を鑑賞。演劇的な強引さはここでも。どうしても無理のある設定に、おそらく原作のテイストをなるべく残そうと努力した結果だろうが、無駄なシーンと不要なキャストがたくさん。竹内結子と香川照之の演技には見所があり、二人のエピソードをクローズアップすれば泣ける作品になっただろうに。ま、その場合はタイトルも『恋火』で充分ってことになるんだけど。
それにしても篠原監督は音楽の使い方が上手。彼の作品は上記二作品の他に、田中麗奈主演の『はつ恋』を観ているが、『はつ恋』は久石譲、『月とキャベツ』が山崎まさよしで、『天国の本屋 恋火』は松任谷正隆が音楽を担当しているのだから、当然の結果とも言えるが。因みに、もう一本借りている同監督の『地下鉄に乗って』の音楽は小林武史。
blueperiod.jpg

『月とキャベツ』で聴き惚れた山崎まさよしの「One more time, One more chance」がもう一度聴きたくて、彼のベスト盤『BLUE PERIOD』を買う。何度聴いてもいい。中之条への道中でもi-podでずっと聴いていたマスピがカバーしたらどんな風になるんだろうと想像してみる。
Secret
(非公開コメント受付中)

お!
ここにもこのブログを忘れずにいてくれた人が☆
コメントありがとね♪

『眉山×レミオロメン』はいつか必ず見ます笑
劇場で観たい映画はたくさんあるのに、今月は我慢我慢。

いい映画にはいい音楽が必須だね。
じんわりと泣けるラストに、胸に沁みる曲。

じんわりと泣けるラスト…。
どうか降りてきてください!!
奇遇です
お久しぶりです。

月とキャベツに恋火…
奇遇にも、見ているものがかぶってます☆
月とキャベツは以前から好きで、先日DVD買いました。曲も泣けますよね。

でもそれ以上に、『眉山×蛍(レミオロメン)』は本当にヤバイですから、いつかぜひ見てみて下さい。(しつこい)

恋火、ピアノが川原に…あれ、爆笑です。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。