*All archives* |  *Admin*

2012/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「思いを伝えるということ」展
20120222.jpg
渋谷PARCOで開催中の大宮エリー 「思いを伝えるということ」展へ。
彼女のことはあまりよく知らなかったのだけど、その空間と、扱う言葉にホッコリとさせられた。
台詞を書くくせに、感情を制御しきれず乱雑な言葉を使ってしまい、自己嫌悪に陥ることがある。
無意識のうちに自らの発した言葉が相手を傷つけていて、それを気付かないままでいるようなのは嫌だなと思うし、なるべく意識的に、必要に応じて反芻をし、できる限りその言葉に責任を持ちたいなとは思うけど、なかなかそう上手くいかない。
言葉は大事だなと思うし、その言葉を相手に伝える声も重要だと改めて思い知った。

夜は以前勤めていた職場で知り合って以来、兄として慕っているSさんとヒルズで待ち合わせ、初めて夜のローダーデールへ。
現状で抱えている悩みを正直に打ち明け、勝手だと承知の上で協力をお願いした。
期待を微塵も裏切らず、力になると約束してくれたSさんに心から感謝。
スポンサーサイト
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
arienai.jpg
ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーヴン・ダルドリー監督が映画化した話題作『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を鑑賞。
911で父親を亡くした少年が、父が残した鍵の謎を探るためにNYを奔走。無謀とも思える冒険の中で、少年は再生へのきっかけを掴み…てな物語なのだけど、前半がとてもタルくてウトウト。でも中盤以降は、祖父を伴って謎が解明に近づいてゆき、少年の再生へと物語が加速。話題作とは言いながら何の前知識も持たずに観に行ったのだが、父親を亡くしている自分としてはラストを涙なくしては観られなかった。終わった後、姉に母と一緒に観にいくよう薦めた。

夜は久しぶりに劇団子の阿部くんと西新宿でいつものコース。
年に一、二度、彼とは定期的にサシでガッツリ語る時間を持つ。バカな話も真面目な話も織り交ぜて勢いよく話し始めるのだが、その勢いは決して削がれることなく最後まで続き、別れる頃には大概喉をやられている。
三十五段屋
20120213.jpg
週末は実家に帰っていた。
特にどこに出かけるでもなく、誰かと会うでもなく。
極力母のそばにいて、家の用事をしたり、お墓参りに行ったり。
ほんの2、3日でも、なるべく母のもとに帰れるようにしたい。

夜はtellと待ち合わせ、まだ上京したての頃によく利用していた渋谷の「三十五段屋」というビストロへ。
珍しくtellがきっかけで仲良くなった友人、yuukiちゃんと、その友人も一緒に。
誰かさんが連絡無精なために随分遅くなってしまった結婚祝いも渡せたし、何より喜んでもらえてよかった。
にしても、「三十五段屋」懐かしかったなぁ。
あの頃連れてきた友人たちはみんな東京から離れてしまって、もうなかなか会えなくなってしまってけど、大根おでんの味は変わらずに美味しかった。当時はなかった納豆アイスも大人気。またちょくちょく利用しようかな。
声が聞きたい
20120208.jpg
ジムで昨年登録したキャンペーンの最終測定をしてきた。
エントリーしたときより、脂肪量がマイナス100gごとに100円、筋肉量がプラス100gごとに100円キャッシュバックされるというもの。
年末年始暴飲暴食したし、筋肉量が100gでも増えていれば御の字だと思って計測器に乗ったのですが、なんと脂肪量マイナス2500g、筋肉量はプラス700g。
それぞれMAX2,000円と上限が決められているので、トータル2,700円のキャッシュバック。
でも高校時のベスト体重にはまだまだまだ。
頑張ってあと3キロは絞ろう。

母に頼まれて、生前父が足底板を作るときに撮った動画をCDRに焼いた。
PCに保管しているデータを、家庭用のデッキで観られるようするまで、いろんなソフトをDLして悪戦苦闘。
でも母のために何とか完成。
父の写真はいつもデスクの上にあるけど、やはり動画を見ると来るものがある。
残念なのは、父の声を保存できていないこと。
留守番電話の声でもいいから、父の声が聞きたい。
日舞新年踊り初め2012
20111228.jpg
今年も恒例の柏木琴重美一門による新年踊り初め。
場所もいつも通り、滝野川にある某施設内。
今年は先生を含め12名が計13の演目を踊った。
通っていた数年前に比べて同世代の名取も増え、みんな格段に上手くなっている。
そして何より先生がまだまだご健在で踊られていることが本当に嬉しい。

踊り初め後は、王子に移動してこれまた恒例の新年会。
門下生たちと楽しく食事をする先生のお姿を今年も側で見守ることができてよかった。
今年も通う余裕はなさそうだけど、できるだけ顔は出すようにしよう。
そしてできれば、来年からはまた通えるようになるといい。
豆まき
20120203.jpg
今日は節分いうことで、麻布十番商店街の豆まきをちょっくら覗きに。
でも、ほんの10分ほど、あっという間に終了してしまった。
豆源の豆、残念ながらほとんど手元には飛来してこなかった。
来年は、有名どころに顔出してみようかな。

関係ないけど、今見ているドラマ『最後から二番目の恋』の脚本家、岡田恵和さんは女性を描くのが本当に上手い。
特に30代、40代の女性をリアルに(少なくとも自分にはそう見えるのだけど)書いている。
そして気になっているのは、この作品中で中井貴一が鎌倉の海岸で桜貝を拾い集めているシーン。
拙作『最後の約束』を思い出さずにはいられない。
何処かで耳にしてくれてたなら嬉しいなぁ、シナリオ学校の先輩だし。
タイトルに「最後」って入ってるのもカブってるし笑
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。