*All archives* |  *Admin*

2011/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴメン、マサムネ
20111231.jpg
今朝起きると、母からショッキングな報せが。
マサムネと名付けたベタが死んだ。
東京から13時間車に揺られ、途中水中から飛び出すハプニングもあって激しく体力は消耗していたのだろう。
それなのに油断して、帰宅した時は家の中がとても温かかったから、ヒーターも入れないで一晩過ごさせてしまった。
疲れててゆっくり休みたかっただろうに、ただでさえいつもより狭い水槽の中で、寒さの中で凍えながら息を引き取ったのだ。
後悔してもしきれない。自分の愚かさをいくら呪っても、彼は二度と息を吹き返すことはないのだ。
庭のライラックの木の下に、丁重に葬り、手を合わせた。
マサムネ、本当にゴメンね。
どうか安らかに。

そして今年最後の墓参りにも行ってきた。
先日死亡した叔父が入った祖父母の墓には、まだ彼の名前が刻まれていなかった。
そんな2011年の大晦日。
母の長寿と健康を祈りながら、年越し蕎麦を食べる。
スポンサーサイト
無事到着
無事、松山に到着。
途中、静岡を脱出する前に力尽きて1時間の仮眠を摂った後は、ほぼノンストップで。
帰省ラッシュや事故渋滞に巻き込まれながらも13時間で走破。
でも今回は流石にキツかった。
同乗者がいなければ、居眠り運転しちゃってたかも。
絶えず話しかけてくれた同乗者に感謝。
20111230.jpg
その同乗者のご近所にあるお店で遅めのランチを。
高校時代、部活の前によく通ったお店「粋人」で、大好物のチキンカツカレー。
変わらない味。甘いカレー。このヴォリュームで550円!
バッタバタな帰省前
20111229_3.jpg
今年最後のジムでガッツリ身体を動かした後、友人に誘われてミッドタウン前にできたベンツカフェへ。
ここに置いてあったバイクが滅法カッコよかった。
バイクもいつかまた買いたいなぁ。
20111229_1.jpg
しかしこのカフェ、めちゃオシャレなのに空いてるのは年末だから?
ジムの後なので、小松菜とほうれん草とセロリの野菜ジュースを注文。
見た目と違い、とても飲みやすくて美味しかった。
20111229_2.jpg
先日から置かせてもらっている車を取りに行く流れで、tell家と忘年会的な焼肉ディナー。
年末でどこの店も混雑しており、目的の店には入れなかったけど、辿り着いたこの店も結構美味しくて。
焼肉食べたし、帰省前に姫のお顔も見られたし、疲労も吹き飛んだ…かな。。
でも実際は明け方5時半に寝て、朝からバタバタ動いて、ジムでガッツリ動いて。
一旦帰宅してからも残務処理が意外と片付かなくて、実はもう既にかなりぐったりな感じ。
この後、12時間も運転できんのか。
20111229_4.jpg
とはいえ、なんとかかんとか諸々片づけて、まずはけやき坂TSUTAYAでソイラテを。
車でここに寄るのって、ちょいと洒落乙な感じ。
そしていざ松山に出発。
約850キロ強の道程です
間違いなく静岡辺りで眠くなりそう。
後、また後
20111228.jpg
日が落ちるまで大掃除。
後、拙作『最後の約束』を届けに友人宅へ。
後、カリスマの娘にクリプレ持って青山のサロンへ。
後、大好物の豆源持って日舞の先生宅へ。
息子のように可愛がってくれる先生と過ごす時間は楽しくていつもあっという間。
そう遠くない未来に、また通えるようになるといいな。
と、ずっと思っている…。
仕事納め
20111227.jpg
おかげさまで、本年のアンタントの営業は無事終了しました。来年もよろしくお願いします!

スタッフの1人は家族が待っているし、もう1人は明日の朝に沖縄へ帰省。
なので、近場の店でお一人さま打ち上げ。
お酒だって飲んじゃうのだ。
この一年を振り返りながら。
アンタントを、そして未熟な僕を支えてくれた全ての人に感謝しながら。
such a X'mas time in 2011
20111225_1.jpg
20111225_2.jpg
クリスマスの今日、美味い餃子を食べに行こうということで栃木へ。
餃子と言えば宇都宮。宇都宮といえば「みんみん」。
という評判だったのだけど、水餃子は原宿餃子楼、焼餃子は王将で充分だな、個人的に。
結論、水餃子は言うに及ばず、焼餃子も母の手作りに勝るものなし!!
やはり絶対母の餃子をマスターしなければ。

折角栃木まで来たのだからと日光まで足をのばし、手軽に入れそうな「すず風」という温泉に。
ほぼ風情というものを感じるに至らない庶民的な、施設的には銭湯のようなところだったけど、湯質はなかなか。
日帰りでふらっと立ち寄るなら充分…かな。
それなりに楽しい二日間だったけど、来年はこれくらいのハードルは軽く超えられますように。
OGP一周年
20121224.jpg
今日はchristmas eveであると同時に、Office Green Planetの創立記念日でもある。
クリスマス休暇を設定するべく狙ってこの日に設立したわけだけど、そんな記念すべき一周年の今日はみんなでサロンPartyをするでもなく、プライベートで幸せな祝杯をあげるでもなく…。
でも折角のお休みだし、ということで友人と大好きなTomの『Mi:4』を観たり、テレビでも紹介されたホームイルミネーションを見に行ったり。それなりに楽しい時間を過ごすことはできた。
でも来年、いや再来年の3周年には、それなりに人を集めて、賑やかなひとときを持てるように頑張ろう。
叔父の死
20111220.jpg
数日前、朝シャワーを浴びていて気付いた左肩に出来た掻傷。
全く身に覚えはなく、でも痒いからといって寝ている間にかいてできる傷とも思えず。
よほど尖った爪か、ボールペンの先のようなものででないとできない傷。
爪は伸びておらず、いつも切るときは深爪になるくらい。
この不可解な傷ができてから、身の回りで嫌なことや気持ち悪いことが連続して起こるようになっていた。
だから、きっと近いうちに何かあるのではと気は張っていたのだけど。
姉からの電話で、あぁこのことだったのかと腑に落ちた。

叔父が、死んだ。
いかにも叔父らしい死に方で。
「何やってんだよ、叔父さん」と苦笑してしまうような死に方で。

こんな夜に、久しぶりの友達から飲まないかという急な誘いの電話。
断ろうかとも思ったけど、叔父を弔うには相応しいなと思い、六本木まで出た。
六本木の喧噪に紛れると、さっき聞かされた衝撃的な事実も虚構の中に紛れてしまいそうになる。

入った居酒屋で、友人の恋愛話を聞き、最後に少しだけ叔父の話も聞いてもらった。
今日はちとハイペースで飲み過ぎた。
頭ぐるんぐるん。
でも今夜はこれでいい気がする。
これでいいですよね。

ダイヤモンドの夜に会おう
午後、久しぶりにキャラメルボックスの『流星ワゴン』を観るため池袋のサンシャインへ。
今回は菅野さんが出演するし、重松清の原作も読んでるし(発行当時だけど)。
ちょっと前に十番の居酒屋で地元の役者連中と飲んだ折、菅野さん本人からどんな感じかは聞いていたので、その後稽古を積んでどうなったのかも興味があった。
あの作品を舞台化すること自体、かなりなチャレンジだったとは思う。
しかもキャラメルのカラーを崩さずにやるとしたら、肝心な部分を描けないかも。
などと想像はしていたのだけど、それ以前に突っ込みどころが満載で。
終演後、菅野さんにご挨拶に伺った際にいろいろ投げかけてみたのだけど、期待した切り返しはなかった。うーむ。
20111218.jpg
夜は、渋谷松濤にあるセレブなサロン「エルデ」へ。
もう15年も昔、上京してすぐに入所した役者の養成所「アクターズ・ファーム」の同期と同窓会。
何年も音信不通になっていたのだけど、これもfacebookのおかげで連絡を取り合えるようになり、久しぶりに会おうじゃないかということになったのだ。
今回集まったのは、サロン付のバーで働いているHさんを含め6人だけだったが、うち4人が今でも現役で役者を続けていることに驚いたし、とても嬉しかった。
でも懐かしく昔を振り返る中で、仲間のうちで最も若く華やかだった女性の不幸や、諸々と世知辛い世の中を痛感するエピソードなどもあり、あの頃とはいろんなことが変わってしまったことを思い知らされもした。
そういえば、養成所の最後に打った卒業公演の内容がまさにこんな感じだった。
あの作品では、もう一度みんなで芝居をやろうなんて盛り上がるのだけど、でも流石にそうはならず。
でも、もし誰かが本気で言い出したら、どうなったんだろうな…。
何はともあれ、これからは極力、現役で役者を続けている仲間の舞台は観に行くことにしよう。
そしてまたいつか、ダイヤモンドの夜に会おう。
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
mi4.jpg
待望のMi:4『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』がいよいよ本日公開。
過去同シリーズ3作に『トップガン』もおまけにつけてブルーレイを購入し、復習はバッチリ。
今回はブラッド・バードがメガホンを取った。
内容については語るに及ばず。
とにかくトムがメッチャかっこいい!!
もうそれだけで充分。
実際、とても面白かったし。
息をもつかせぬ、肩の力入りっぱなしの、そしてラストがとっても切ない作品。
ラストの切なさを知るには、少なくとも『Mi:3』は観てから行くべし。
ド深夜から観たので、気分良く劇場を出たのは明け方前。
けやき坂TSUTAYAの閉店時間に初めて立ち会った。
TAKERUさんのお誕生日会
20111215.jpg
今夜は赤坂の高級焼肉「みやま」にて、写真家TAKERUさんのBDパーティー。
facebookを始めるまでは全く縁のなかった人たちが、今やもうすっかり楽しいお友達。
しかも会うたびに魅力的な仲間が増えていく。
今日は2012年のミスインターナショナル日本代表など魅力的な女性たちが華を添えてくれた。

以前、ipadでTAKERUさんが撮った何百枚もの写真を見せてもらったことがあるのだけど、どれも到底素人には取れない見事なショットばかりだった。実際すごいところで仕事をしてきた彼なのだが、全く飾ることも奢ることもなく、人間としても素晴らしい。
そんな彼が弟のようにかわいがってくれることをとても嬉しく思う。いつか一緒に仕事ができますように。
TAKERUさん、お誕生日おめでとうございました。
beside the tree
AgoKXpBCEAE5CkF.jpg
有難いことに今月とても忙しいアンタント。
その分、saoriさんやこっちゃんに負担が大きいわけだけど、充実している。

今日はann姫から
「今夜、きっといらしてね」
と強い要望をいただいたので、喜んで馳せ参じた。
たくさん遊んで、でも疲れるのではなくて幸せな気持ちになるのってすごいなと思う。
幸せという言葉をそのまま形にしたtell家。
いつも温かく迎えてくれて、だから去り際とても寂しくて。
X'masまであと10日かぁ。
3年
20111211.jpg
昨夜からお腹の具合が良くならない母。
なので、今日は姉夫婦と3人でお墓参り。
今日で3年。
あっという間という気もしないし、長かったという気もしない。
いまだに実感は湧かず、依然お墓の前で手を合わせる気にもなれない。

さて、今夜は久しぶりに車で東京だ。
媛彦温泉によーく浸かって、事故らないように東京戻らなきゃ。
そこにいない父
今週は連日忙しくて、TSUTAYAのキャンペーンで安かったから6本も借りたDVDを結局1本しか観られないまま今朝返却。
昨夜から一睡もしないまま朝一便で松山へ。
松山空港にも若干地味ながらクリスマスツリーが。
20111210_1.jpg
今回の帰省の目的は大きく2つ。
1つは、明日が父の命日だから。
そしてもう1つは、年末の帰省に向けて、愛車を一旦東京に持ってくることにしたから。

松山空港の到着ロビーを出ると、いまだに父の姿を探してしまう。
「おかえり」とも「よく帰ったな」とも言わず、黙って外に停めてある車に戻り、運転席を譲る。
当たり前だった光景を、もうどうしようもなく喪失してしまったことをいまだに認めたくない自分がいる。

一旦帰宅して、車に母を乗せて松山城下へ。
「たきざわ」という料理屋で、姉夫婦と一緒に遅いランチ。
20111210_2.jpg
夕方からお腹の具合が悪くなった母を置いて、夜は一人で媛彦温泉へ。
温泉の露天風呂から見上げる皆既月蝕。
時折雲がかかったり、湯けむり越しだったり。
湯船に身体を浮かせてだから首も痛くなかったし、ポカポカと温かい中での天体ショーは最高だった。
facebook効果
午後、代官山の「セレブdeトマト」で久しぶりの友人と再会。
もともとは勤め先のお客様だったのだけど、同世代だし、舞台やショーを観に来てくれたりするうちに仲良くなって。
諸々あって数年音信不通が続いていたのだけど、facebookをきっかけにこうやって再び巡り会えた。
そんなわけだから、互いの近況を報告するうちあっという間に時間が過ぎて、続きはまた次の機会に。

夜は赤坂の有名な韓国料理屋「兄夫(ヒョンブ)」で、power peopleが集って忘年会。
考えてみると、ここに集まった人もみんなfacebookがきっかけだったりする。
各々自分の道を自分で切り開き、夢や栄光に向けて全力で走り続けている人たち。
そんな面々だから、楽しむときも全力。
久しぶりにリミッター外して、バカ騒ぎしてきました。
ラブアゲイン
loveagain.jpg
シネマート新宿にてグレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督『ラブアゲイン』を鑑賞。
順風満帆な生活に満足してきた四十路男が、妻に浮気をされ、いきなり離婚話をつきつけられたことから巻き起こるラブコメ。
あーだこーだと御託を並べる必要はなく、ただただ面白おかしく笑って泣ける素敵なラブストーリー。
外見やステイタスの変化とともに人は変わってしまいがちだけど、根っこにある純粋な気持ちはずっと失いたくないものです。
邦題も悪くはないのだけど、個人的には『Crazy, Stupid, Love,』という原題の方が断然マッチしてると思うなぁ。
デートには最適な作品でしょう。
町内忘年会
20111207.jpg
友人が関わっている舞台『蒼穹のファフナー』を池袋のシアターグリーンにて。
アニメじゃなきゃ映像化は無理だろうってな感じの思いっきりファンタジーな世界を、よくもまぁ舞台化しましたな。
と、それ以上にはなかなかコメントのしづらい舞台でございました。招待してもらっておきながら…。
でもこの作品、原作が冲方丁というのを後から知って、もう少しじっくり観ればよかったと少し後悔。
冲方丁といえば、『天地明察』の著者。この本は本当によかった。

夜は居住地区の忘年会。
元々有志で発行している街のミニ新聞的なものがあって、そこからfacebookへの誘導。
少しずつ人が増えて、折角だから顔合わせ的に忘年会でも開きましょうかという流れになっての今日。
震災があって、最寄りの避難場所やAEDの設置場所を知ること、何より近くに助け合える知人がいることの大切さを誰もが感じていたからこそ、この呼びかけにみんなが賛同した。
一次会は日韓の有名人も訪れる韓国料理屋「KOSARI」。この会の意図を知ってか知らずか、店長から随分サービスをしてもらったようだ。料理はどれも抜群に美味しかった。
二次会は、そのすぐ近くにある洒落乙なバー。雰囲気も良く、ご近所にこんな素敵なお店があることも分かり、今夜はとても有意義な会だった。
今泉清氏のGROWコーチング
午後、来社した取引先との打ち合わせで喉が痛くなるほど喋り倒す。
そして食事をする暇もなく、雨の中を都内某所で行われたとあるセミナーへ。
基本晴れ男なのだが、新しい靴をおろした日は雨が降るというジンクスがある。
昔は不定期に通っていた日舞のお稽古日がそうだった。

セミナーの講師は、同世代のラガーマンなら知らない人はいない今泉清氏。
早稲田のフルバックで、あのプレスキックに憧れてみんな練習したものだ。
もちろん、自分もそのうちの一人。残念ながら試合で蹴るチャンスはなかったけど。

かなり恰幅のよくなった今泉氏の公演は非常に面白かった。
所謂コーチングというものを初めて体験したのだが、納得の講義内容で時間があっという間。
コーチングというものに多少偏見があったが、少し理解できた気がする。
とはいえ、こういうセミナーに出続けようとは思わないけど。
あ、今泉さんにサインしてもらうの忘れた。。
Grand Galleryにて
20111205.jpg
誘われて、友人と渋谷から代々木八幡に移転した井出靖氏の「Grand Gallery」へ。
業界人も含めたくさんの人が詰め掛けたそのお店は、さほど広くはないけれど温かみのあって居心地がいい。
陳列されたヴィンテージものの服は値札を見て、そっと元の位置に戻すしかできない代物ばかり。
ケータリングで用意された美味しい食事を戴きながら、金原さんのヴァイオリンの音色に耳を傾ける。

チケットと引き換えでGGのCDを1枚もらって、少し早めに退散。
以前は井出さんが主催するイベントにちょこちょこ顔を出したりしていた。
今思い返すと、何気に印象深いシーンがいくつも。
でもやっぱり今回も輪の中にうまく溶け込めなかった。
新喜劇辻本班
お昼前に歯医者。
大事な奥歯を一本抜かれた。
数年前に治療したとき、神経を抜いた歯はいずれと言われていたけど、ショック大。

麻酔でほっぺたが少し引き攣った顔で、新宿ルミネtheよしもとへ。
今回もまたせいこちゃんのご厚意で無料招待。有難い。
震災時に比べれば随分客の入りも戻ってきた感じ。
でも大半は修学旅行生で、しかも宮城の学校だった。

今回、前半はチュートや中川家も出てきたのだけど若干期待外れ。
売れてる人たちはここじゃ全力出さないんだなと思うと、仕方ないんだろうけど少し残念。
でも後半の辻本班の新喜劇は、今まで観た中で一番面白かった。
どこまでがアドリブか、もしかしてほとんどそうなのかとさえ思えるリアルな笑い。
でも実際は大半が計算なのだということがあとで分かって舌を巻く。
新喜劇の真髄、見せてもらいました。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。