*All archives* |  *Admin*

2011/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美容系イベントに出席
今夜は青山の「アーキテクトCAFE」で、知人の女性が主催の美容系イベントに出席。
その名も、「ヘルス&ビューティ パワーミーティング」。
こういうイベントとか正直苦手なのだけど、状況やら立場を考えるとそうも言ってられない。
普段着慣れないスーツで、頑張って参戦してきました。

初っ端こそ緊張してまともに動けなかったけど、和やかな雰囲気と親しみやすい人たちのおかげで、たくさんの出会いと、有意義な話し合いを持つことができた。
名刺交換からFACEBOOKの友達申請、そして個人的なお付き合いへというのがこれからの主流のようだ。
人生の初のナマ手品を目の前で見られたりで、思った以上に楽しむこともできたし、今後は積極的にこういう社交的な場に出るようにしよう。
スポンサーサイト
一人飲み
110929.jpg
ジムの後、渋谷で用事を済ませた後、今夜は珍しく一人飲み。
そんなことを出来る場所は限られていて、店主が温かく迎えてくれる「dress」へ。
ここに来ると頼まずにはいられないアンショビポテトと、食後にはブルーチーズのケーキ。
本日も美味しく戴きました。

帰りにけやき坂のTSUTAYAに寄って、年末の4公開に向けて、ミッションインポッシブル1~3と、トップガンもオマケにつけてブルーレイ大人買い。今年49歳のトム・クルーズ。Mi:4もスタントなしのハードなアクション満載らしい。楽しみ。

最後に備忘録として
ある人が、ある人の弔辞の最後に詠んだ作者不詳の道歌
「若いとて 末を遥かに思うなよ 無常の風は時を嫌わじ」
似たような言葉はいくつもあるけど、一番胸に沁みました。
それでも、生きてゆく

録り貯めていた『それでも、生きてゆく』を一気見。
休日丸一日費やす価値のあるドラマだった。
身体は動かさなかったけど、心がいっぱい動いた。
小田和正の「東京の空」、いい曲。
Sweets After Salon
110922.jpg
サロン営業終了後、麻布十番の「CAFE LIFE CAFE」へ。
今夜はアンタントメンバーに加えてtellくんと、お客様のKさんもご一緒に。
Kさんとは初対面だったのだけど、とても気さくな人で、あっという間に打ち解ける。
お腹がよじれるほど笑って、本当に楽しい時間だった。
画像は、スイーツ好きの面々(tellを除く)が「ヤバっぺ!ヤバっぺ!!」と大騒ぎした食後のデザート。
次回はサロンPartyをやろうということになりました。
アリュクス10月号
issue.jpg
本日発行の美容系フリーペーパー「alluxe(アリュクス)」に、アンタントが掲載されています!

メトロの駅などに設置されているラックで見かけたら、是非お手に取ってみてください。
気ままに、ひとっ旅~韓国編 2日目
本当は夜中もカジノを楽しみたかったのだけど、どうやっても睡魔には打ち勝てず、昨夜は早々に就寝。
軽い朝食を摂って、お昼ごろまでカジノへ行ってチェックアウト。
110919_1.jpg
この日は夕方頃までタクシーとメトロでフラフラと歩きまわったのだけど、画像を全く撮っていない。
ま、さほど目を引く場所がなかったというのもあるのかもしれないけど、やはり相当疲れていたのだろう。
唯一、あれは撮っておくべきだったなと思うのは588。
所謂、例の、なんていうかその、そういう場所として有名なトコ。
まだ明るくて人気もあまりなく、その場所だけをさっと通り過ぎるだけだったけど、夜はガラリと雰囲気変わるんだろうな。

なんだかんだ、特にこれといったイベントもなく、あっという間に時間だけが過ぎてしまった。
日が落ちた頃に到着したのは、空港からは離れた場所にある仁川の中華街。
110919_2.jpg
駅から坂を上がって中華街に入ると、本当に国が変わったかのよう。
110919_3.jpg
韓国で食べる麻婆豆腐と水餃子。
韓国料理も中華料理も、やはり日本で食べるものの方が美味しく感じる。
本場の味って大概期待外れ。ま、そりゃそうなのかもしれないけど。
110919_4.jpg
タクシーで仁川大橋を渡り、空港そばのハイアットへ。
110919_5.jpg
軽く時速120~130キロ以上で飛ばすタクシーから撮った橋の画像は思いっきりブレまくり。
とても綺麗な橋なのだけど、ま、これはこれで。
110919_6.jpg
ハイアットは、もちろん宿泊のためではなく。
翌朝の飛行機の時間ギリギリまでゴールデンゲートカジノへ。
110920.jpg
翌朝は、雲ひとつなくとはいかなかったけど、とても清々しい空だった。
「ばっ旅」よりも行き当たりばったりな、妙な旅だったけど、いい気分転換になりました。
気ままに、ひとっ旅~韓国編 初日
直前までどうしようか迷ったけど、ひとまずの仕事が片付いたので、久々に「ひとっ旅」を決行。
ギリだから飛行機の発着時刻も限られるし、成田発しか取れない。でも仕方ない。
睡眠不足が続いていたし、昨夜なんてほぼ寝られなかったので、成田までは社内で爆睡。

そこそこ海外に行ってるのに、実は成田発着は今回が初。
なので少し余裕を持ってウチを出たら、かなり早く着いてしまったので、スタバでゆっくり。
そして両替。先日の「ばっ旅」より少しレートは上がったけれど、以前半端ない円高ウォン安。有難い。
窓口のお姉さんが良心的な人で、為替損を抑えるためにも最低限必要な額の両替をと薦められる。
今回もカジノ行くしなーと思いながらも、ま、勝ちにいくんだしと思って5万円だけ両替。

そして再び睡魔が襲ってきた頃に搭乗案内。
「ばっ旅」は大韓だったけど、今回はアシアナ。アライアンスで乗り合わせているせいか、若干広めの機内。
110918_1.jpg

仁川空港到着。
機内ではついつい映画など観てしまい、ほとんど眠らなかった。
「ばっ旅」からひと月も経たない今回の旅は、「ばっ旅」ではやらなかったこと、行けなかった場所へ。
まずはソウルへ向かうべく、リムジンバスの切符を購入。
110918_2.jpg
バスのチケットはこんな感じ。
韓国語で買おうと思ってたのに、流暢な日本語で応対されてしまって拍子抜け。
にしても、ガイドが空港に迎えにきた「ばっ旅」はやはり如何なものかと改めて思う。
110918_3.jpg
バス車中では、ipadにDLしてきた韓国語学習番組をひたすら聞く。
半月でハングルはかなり読めるようになったし、少しでも喋れたらより楽しい旅になるはず。
それにしても、韓国はいつも曇ってるなぁ。
マカオもそうだったけど、あまり空気も澄んでないし、カラッと気持いい好天ってあるのだろうか。
110918_4.jpg
ソウル駅に到着。
そして本日の目的地まで移動。
ホテルにチェックインする頃にはもう日が沈んでいた。ま、途中カジノとか寄り道しちゃったからだけど。
110918_5.jpg
今回、ホテルはそれなりにいいところを取った。
非常に快適。
いかにも元ラブホって感じのエアコンが煩さかった「ばっ旅」のホテルとは格段の差。
110918_6.jpg
スカイアクアリウム
久しぶりにローダーデールのランチ。
でも15時直前に駆け込むことが多いから、いつもコンボは売り切れ。
パスタも美味しいんだけど。
20110915_0.png
一旦帰宅後、十番商店街で待ち合わせて、まずは話題の「山下晴三郎商店」へ。
チョコとプレーンは売り切れていたので、イチゴの東京えんとつを。
お店というより、工場内の一区画に椅子とテーブルを置いてみました的な場所で食べる。
先の理由からか、テーブルは2つしかなく、冷房もキツめで、でも何故かジブリの曲がずっと流れている。
そんな店内だったけど、一口食べてビックリな美味しさ。
見た目のイメージよりしっとりしていて、中のクリームも抜群に美味い。
これはハマっちゃうなぁ。
20110915_1.png
ヒルズに移動して、ずっと来たかった「スカイ アクアリウム」へ。
海抜250Mの展望台に神秘的な空間が広がっていた。
20110915_2.png
普通の水族館のように、魚の名前や説明などは一切なし。
20110915_3.png
会場内には、「水の色の音楽」というイメージで作られたというオリジナル曲が流れている。
20110915_4.png
とにかく、ライティングが素晴らしい。
20110915_5.png
やっぱクラゲが一番テンション上がったなぁ。
20110915_6.png
ニモの水槽越しに見える東京タワーもなかなか。
20110915_7.png
平日の夜でもかなり混んでいた。
オールナイトでやってくれれば、終電が終わった後にゆーっくりと観られるのになぁ。

遅い夕飯は、麻布に戻って「グリル満天星」のオムライス。
限られた時間であっという間だったけど、とても楽しい夜でした。
20110915_8.png
ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える
hangover.jpg
トッド・フィリップス監督『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』を鑑賞。
前作の内容は、先日のtellのブログ参照。
正直、あまり期待しないで正解だったかな。
よりグロく、よりエロく、よりハードにはなっているのだけど、何故かマンネリ化している。
前作の良さは、あの馬鹿さ加減に謎解きの要素がしっかりと組み込まれていることにあったのだが、続編にはほぼない。
それでも、Part1を観ている人にとってはいきなり吹き出してしまいそうなオープニング。個人的には、爆笑する準備はできていたのだけど、他の観客が全く笑わない。仕方なく抑えているうちに中盤少しだれてきて、結局一度も声を上げて笑うことなく終了。爽快なカタルシスも今回は得られず。エンドロールは相変わらずサイコーだったんだけどなぁ。前作が面白過ぎた。
ヒルズのみR18で上映とは知らずに観たのだけど、初デートでは絶対行っちゃダメな映画です笑
昼は夏日、秋の夜長
日中は麻布と新宿でお買いもの。
毎年盛大に行われる麻布十番祭りが、今年は節電の為に自粛。
せめて秋祭りくらいはということだろうか、商店街で山車や神輿を担ぐ人々を目撃。
でもこれだけ残暑厳しいと、秋祭りな感じがしない。
110911_1.jpg
夜、ベルギービールのイベントがあると誘われてヒルズへ。
と、アリーナからノリのいい音楽が。
110911_2.png
ベルギー出身であろうバンドの曲に合わせて、ビールグラスを片手に持った人たちが盛り上がる盛り上がる。
おそらく日本ではなかなか手に入らないベルギーのビールをしこたま飲み、上手そうなソーセージにかぶりつく人々。
でも残念ながらチケット販売に間に合わず、それらを味わうことはできなかった。
110911_3.png
結局、新大久保に移動して、前回と同じ「チャムナム家」へ。
韓国で美味しいサムギョプサルを食べられなかったので、ここでリベンジ。
やっぱこっちの方が美味い。
110911_4.png
帰りに、財布に入っていた5,200ウォンをチップとして置いていったら、普段とっても無愛想な男性店員が、とっても素敵な笑顔で送り出してくれた。そんな顔できるんだ、とちょっとビックリ。

美味しいサムギョプサルも食べたし、月がとても綺麗で気分がよかったので、新宿駅へ向かう途中、あちらこちらに寄り道。
ドンキのペットコーナーやら、久しぶりのバッティングセンターやらゲーセンやら。
と、あえて今日という日の重要性に全く触れない能天気なブログを書いてみる。
監督失格
yumika.jpg
『ヱヴァ』の庵野秀明が実写映画を初プロデュースしたことで話題になっている平野勝之監督の『監督失格』。
35歳の誕生日直前に急逝したAV女優林由美香の日常を、14年間追い掛けたドキュメンタリー。
平野監督は彼女の元恋人で、だからこそ撮り得た映像の数々。

ロードムービーと呼べるような代物ではない東京から北海道への自転車旅行。
日陰な業界の不倫関係は禁断の恋というわけでもなく、痴話喧嘩にドラマ的な要素は全くない。
この作品を完成させる意図がまさに、監督自らが過去を乗り越え、前に進むためという自己完結的要素の強い映画。

なのだが、観ているうち、2人のその余りに生々しく、人間臭いやりとりに、やがて心がシンクロし始め、運命の人を失った平野監督が、本性を剥き出しにして、必死になって自身にけじめをつけようとする真っ直ぐな姿に、どうしようもなく心打たれてしまう。
かけがえのない人を失ったときの、あの喪失感、絶望感。
そこから這い上がるときの、凄まじいほどの苦しみは、実際にそれを味わった人にしか分からない。
人を強く想う気持ちを、これほどリアルに描けたのは、こういう形態だったからこそ。
作品として完成度の高いものを作ろうと思えば、絶対的に作為が働く。

ラスト、矢野顕子の曲が流れた瞬間に、じんわり涙がこぼれた。

賛否両論あって、確かに観る人を選ぶ作品だが、個人的には今年ベスト5に入る映画。
「監督失格」というタイトルも素晴らしい。

余談だが、林由美香さんとは以前直接お会いしたことがある。
かれこれもう20年ほども前だけれども。
ここに書けるような経緯ではないのだけど、この作品を観るきっかけになったのは間違いない。
ご冥福をお祈り申し上げます。
アメイジング・グレイス
amaging.jpg
マイケル・アプテッド監督『アメイジング・グレイス』を鑑賞。
イギリスの奴隷貿易廃止200周年記念作品だとか。
奇跡の賛美歌『アメイジンググレイス』誕生秘話であり、その曲に支えられながら闘った主人公の感動的な物語。
イギリスでの実話を描いた『英国王のスピーチ』とよく比較されるが、断然こちらの方が素晴らしいと思う。
それにしてもこの作詞が奴隷船の船長だったとは驚きだ。

「アメイジング・グレイス」という曲を初めて聴いたのは2004年。
とあるショウで共演したシンガーTONKAさんのステージだった。
神秘的なまでに美しい旋律に心が震えたのを覚えている。
itunesで彼女の歌う「アメイジング・グレイス」を聴きながらこの記事を書いた。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。