*All archives* |  *Admin*

2011/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜大工
20110630.png
午前中、一昨日買ってきた資材を使って、ベランダの物干しスペースを改修。
母のために父が作った支柱を、新しく設置し直す。
燦々と照りつける太陽のもと、汗だくになりながらの木曜大工。
取りかかるまでが億劫だけど、やり始めると結構楽しいもんだ。
一つでも二つでも、帰省したタイミングで母のために何かできることがあると嬉しい。

でも今回の滞在は今日が最後。
連れて行きたい場所がいくつもあったのに。
次回は父が好きだった横峰寺に行こう。
スポンサーサイト
素敵な関係
20110629_1.jpg
午前中、高校の同級生Mの事務所へ。
父親が営む不動産会社から独立起業し、自分の建築事務所を開いた彼。
20年ぶりくらいに再会したのが昨年で、今日はあの日から約一年ぶり。
互いの近況報告に始まって、起業家としての悩みなども打ち明けつつ、楽しい時間。

午後は大学時代の友人と再会。
毎週のように合コンを持って来ていた彼も一児のパパ。
あの頃に比べればスッカリ落ち着いたけど、でも当時の片鱗が時折垣間見えることも。

そして今日はsaoriさんのお誕生日。
なのに今夜はアンタントで一人、お仕事を頑張ってくれて本当に感謝。
お祝いのメールを送ったら、そのお返事があまりに感動的でウルウルしてしまった。
考えてみれば、恋人でもないのに、これほど関係性が変わることって珍しいんじゃないだろうか。
親友の恋人から親友の妻になり、そしてannちゃんの母親であり、自分にとってもかけがいのない友人で、今はビジネスパートナーでもある。
tellと近い立場から、そして別の立場から、とても深く自分のことを理解してくれる、本当に有難い存在。
お誕生日おめでとう。
これからも末永くよろしくお願いします。
一年前の日常
20110628.png
午前中、近所のカフェで朝食を摂りながら諸々作業。
無線LANの環境が整っているから、持ち帰ったipadで快適に事を進める。

午後から街に出て、夏物の服を何点か購入。
帰りに、母に頼まれたベランダの改修に必要な資材を買い込む。

帰宅後、母と一緒に餃子を作る。
ニラを6束も使って、たくさん作った。
お昼を軽くして、ペコペコにしたお腹にぎっしり餃子を詰め込み、ひぃひぃ言いながら媛彦温泉へ。
一年前はこれが日常だったんだと思うと、非常に複雑な心境。
father's garden
20110627.png
12時間半のバス旅を終えて松山駅に到着。
帰宅後、夕食のようなヴォリュームの朝食を食べ、少しだけ眠って外出。

用事を済ませてから、母を連れて祖父母と父の墓参りへ。
山の麓にある霊園で、しかも薄暗い場所に水場があるので、さんざっぱら蚊に喰われた。
でもやはり帰るたびに必ず一度はここに訪れたいし、このためにも度々帰って来れるようにしたい。

実家の庭には、母が育てた植物がたくさん花を咲かせていた。
帰るたびに、母が嬉しそうにその報告をする。
怪我が心配で庭仕事を控えるよう諫めていた時期もあったが、父の庭で花を育てるという作業が、母にとってとても大切な時間なのだと分かって以降、あたたかく見守ることにした。でもくれぐれも熱中症にだけは気をつけてもらいたい。
サロン見学
meからxp、そしてようやくvistaに慣れた頃にまたパソコンが壊れて、今度買ったパソコンのOSは7。
別にもうこれ以上便利にならなくていいから、毎度新しい機能を覚えなきゃいけない手間を省かせてくれないものか。

今日は午後から姉とその友人がサロン見学に来た。
施術についても詳しい話を聞きたいということなので、日曜だけどsaoriさんにも同席してもらうことに。
彼女たちなりに内容を理解してくれたようなので、周囲の人にも少し話しやすくなったかな。
20110626.png
saoriさんを迎えに来たtellの車内でおやすみのann姫。
来月のお誕生日会でたくさん遊んでもらおう。

夜、新宿からバスで松山へ。
そのペン書けず
朝から来客があり、先日契約した某ポータルサイトの管理画面について説明を受ける。
今日から、そのサイトにアンタントのサロン情報もアップ。
詳細については、近日中にアンタントのブログでご紹介できれば。

午後のお客様が帰られた後、軽く打ち合わせをして巣鴨の呉服屋へ。
実は今週月曜日に続いて二度目。
楽しい用事ではなかったが、いろいろと勉強になった。
そして少しでも役に立てたなら嬉しい。

渋谷で久しぶりに王将の餃子を食べた後、下北沢の駅前劇場へ。
当ブログではお馴染みTheatre劇団子の公演『そのペン書けず』を観てきた。

前回、紀伊国屋で大成功を収めた劇団にとって、今回こそが真の勝負公演。
下北沢が初参戦というのは意外だが、紀伊国屋の後に駅前劇場。
しかも役者が企画した初の時代モノ。
有川浩氏と沢城みゆきさんのタッグで獲得した新規客を繋ぎ留めた上に、前回少し首を捻ったコアファンを納得させるには、正直厳しいのではと思わずにはいられなかった、のだが。
20110624.jpg
今まで観た中で最もクオリティーの高い、劇団子の新たな代表作となるべき秀作だったと思う。
映画もTVも、そしてお芝居も、やっぱり人間を深く描いたドラマこそが素晴らしい。
石山さんの筆力を改めて思い知ったし、役者陣の力量のバランスも絶妙だと思った。
本当にいい物語だからこそ、いくつか欲張りな注文をつけたい気がしないでもないけれど、それはまた近々阿部くんに聞いてもらうとして。
劇団子の本来の、そして新たな魅力がたっぷり詰まった本作、いつか必ず再演してもらいたいものだ。
待った
一晩中格闘してはみたものの、復旧せず。
朝からサポートに電話して、試行錯誤してみるも、症状は悪化の一途。
挙句、リカバリさえかけられず、ご臨終を告げられる。
やむを得ず、渋谷のヤマダ電気で型落ちのデスクトップPCを購入。
時間もないし、駅まで運べる重さでもなかったので、タクシーで帰宅。
急いで作業して、夕方までにどうしても片づけなくてはならなかった作業をなんとか終了。

夕方、六本木でブツの受け渡しを終え、中野ポケットへ。
友人の出演する舞台『グッドモーニング・ブルーバード!』を鑑賞。
「実はこの作品を最後に、役者を辞めようと思う」と、その友人から聞かされていた。

序盤はなかなかよかった。
空間構成が上手く、もっと広い劇場でやれたらよかったのにと思った…。
この後は書く気になれない。
でも一つだけ言わせてもらうなら、友人に「その決断、待った」と言いたい。

逃げるように劇場を去り、友人宅で行われているお誕生日会へ。
この場で渡されたプレゼントが、本日なんとか間に合ったアンタントのギフトチケット。
とっても喜んでもらえてよかった。
ハードワークの合間を見つけて、身体のメンテナンスに来てもらえれば。
こういうときに限って
月曜日にジムへ行ったら全然動けなかった。
少しバイクを漕いだだけで気持ち悪くなり、でも折角来たのだからと頑張ってみたが、筋トレもランニングも続けられず。
その時は何かマズい病気にでも罹ったかと不安になったが、ただの空腹と睡眠不足が原因だったらしい。
ということが事実だったらしいことが、今日のジムで分かった。

夕方、アンタントのホームページを見て連絡をくれた某誌の営業さんが来社。
帰った後、すぐに夜の予約の準備をして、某サイト運営会社との打ち合わせ。
明日のために必要な作業もあって、to doがガッツリ山積。
なのに。
パソコンが全然動かなくなった。
とっても嫌な予感。
新大久保
20110621_1.png
麻布十番で待ち合わせ、お目当ての店も決まっていたのだけれど、そのカフェが混んでいたのと、実は非常に韓国料理が食べたかったので、電車に乗って新大久保まで移動。
オススメの「チャムナム家」に入り、まずは生マッコリで乾杯。
今まで飲んだことのない飲みやすさで、何杯もおかわり。美味い。
サムギョプサルも、海鮮チヂミも、トッポッキも全部美味しかった。
20110621.png
わざわざ海を超えずとも、新大久保で事足りるとは言われるが、でもやっぱ本場へ行ってみたいな。
次回、第11回目の「行き当たりばっ旅」は、やはり韓国だな。と、勝手に決定。
新大久保にはカジノないしね。

お店でおばちゃんが食べてて、それがとっても美味しそうに見えたもんだから、
帰りにコンビニでチョコクランチアイスを買い食い。
食べながら近くのドンキへ寄り道。
深夜のペットショップでほんわか癒されて帰宅。
新大久保って面白い街だな。
憂鬱なベランダ
とある症状を発すると、かなりの確率でベランダに出てある行為に及ぶ。
やりきれない想いを抱えて昨夜も、深夜でも煌々と明るい東京タワーを眺めながら。

睡眠不足も重なり体調は芳しくなく、雨も降っていたのだけれど、
昨夜はOUTBACKでたらふく肉を食べ、食後のデザートもしっかり摂ってしまったのでジムへ。
でもこのジムに行ったせいで作業が進まず、楽しみにしていた今夜のLiveには行けず。

必要があって今夜一気に読んだ宮部みゆきの某著書。
かなり古い作品なのだけれど、情景こそ色褪せても、テーマは深く、展開の妙は非常に鮮やか。
読後、少しテンション高めに作業をこなす。
fbいいね!
20110618.png
日本に戻ってから多忙を極めているカナダ人Dから招集を受けて、品川の「OUTBACK」へ。
D牧場のメンツは今回も欠席者多し。
結局、今アンタントにブライダルプランで通ってくれている友人と、その優しき旦那さん、そしてDと同じシェアハウスに住んでいる女性の5人だけしか集まらなかったが、なかなか味のある面々で、何より相変わらず盛り上げ上手なDのおかげで、非常に楽しい晩餐になった。
近々Dたちのシェアハウスに遊びに行ってみたいし、そこの住人たちの通うクラブにも足を運んでみたい。

店内にはいくつもの不思議な絵が飾られていたのだけれど、その中の一枚が非常に気になった。
署名を見ると、Valda Gilliesと記されており、iphoneでチェックしてみるとシドニー在住の女性画家だと判明。
帰宅後ネットでさらに検索をかけると、彼女のfbを見つけたのでメッセージを送ってみた。
すると、すぐに返信があり、知りたかったその絵のタイトルを教えてくれただけでなく、友達リクエストにも応えてくれた。
これぞまさにfbの醍醐味だなぁ。
いつか、彼女のその絵が買えるといい。
語座万朶の会
20110616.jpg
tellと待ち合わせて、ルーテル市ヶ谷ホールで行われた「語座万朶の会」へ。
久しぶりに、広瀬未来さんの語りを聞くことができる今夜をとても楽しみにしていた。

彼女が語座のステージに立つは、もうこれで何回目になるのだろう。
回を重ねるごとに、確実に腕を上げていく彼女。
純粋に一人の観客として、ずっと彼女の朗読を聞き続けてきたファンとして、その変化に驚き、感心する。
お世辞抜きに、今回彼女が一番上手かったと思うし、その安定感たるや見事。
作品のチョイスもよく、語りも完璧なだけに、物語の結末に注文をつけたくなるほど。
また次の機会を楽しみにしています。
go on
午前中、先日契約を交わした業者が来社。
メニューの作成法など、いくつかのアドバイスをもらう。
続いて、少し遅刻してきたカメラマンが登場し、サロン内の撮影。

午後から池袋へ出向いて、某コスメ会社のセミナーに出席。
saoriさんがモデルになったアンチエイジング・リフティングセラピーの効果がスゴい。
手土産にもらったアクティベイト・マスク、風呂上りに試してみようかしら。

セミナー後、3人でミーティング。
目の前に山積した課題を片付けながら、さらに取り組むべき案件もいくつか。
今が本当の踏ん張りどき。

帰宅後、昨日借りたX-MENシリーズを一気に鑑賞。
なるほど、上手く繋がっている。
もう一度ファースト・ジェネレーションを観てみたくなった。
過去シリーズにおけるミッシングピースがそこにある、エピソード0と呼ぶに相応しい作品だ。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション
今日はシネマイレージデーで1300円だと思っていたけど、14日はTOHOシネマズデーで1000円だった。
特に何か観たいものがあったわけじゃなかったので、意外にもYahoo!のレビューが高かったマシュー・ヴォーン監督の『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』をチョイス。シリーズは今まで全くのノーチェックだけど、さて楽しめるか。
xmenf.jpg
前作までも予告編を見て、ミュータントが大暴れするありがちなファンタジック・アクションだろうと高を括っていたが、まさかこれほどまでに濃密な物語で、ドラマ性の高い作品だとは。ミュータントの苦悩や葛藤を描きながら、そのテーマは普遍的で奥深い。過去作がつまりこの後の世界になるわけだが、これは是非とも観なければ。ということで、早速帰りにTSUTAYAに寄って、全シリーズをレンタル。期待もせず、そもそも観るつもりさえなかった映画がこんなに面白いと得した気分になるな。
surprise report
会おう会おうと言いながら、震災の影響もあってなかなか会えなかったM。
お昼前に目黒で待ち合わせ、約束だったこんぴら茶屋でカレーうどんを食べる。
先日越した先の場所が場所だけに、何かしら身辺に変化があったのだろうとは思っていたけど、実は嫁に行ったという電撃発表に、思わずうどんを吹き出しそうになった。
衝撃的な報告に若干動揺したが、情報を引き出すうちに少しずつ平常心を取り戻す。
目黒→恵比寿という馴染みのルートでアトレに入り、祝福と感謝を込めて帽子をプレゼント。
いつも冷やかしてばっかりのジャックの店で、彼女が本当に喜ぶものを買ってあげられてよかった。
20110613.png
まだ少し時間があったので、千疋屋でマスクメロンのババロアをデザートに珈琲タイム。
ババロアも美味しかったけど、やっぱり上に乗っかったメロンが最高に美味。
2つのお祝い Part2
何故か彼にとっての重大イベント直近でサロンに顔を出す傾向があって、それは震災当日から続いているのだけど、今日は新居への引越し直前。まだちゃんとお祝いできていないのだけど、ひとまず気持ちだけでもと思ってspiralでプレゼントを買う。今年の夏を乗り切るための節電グッズ。気にいってもらえるといいのだけど。そんなわけで、今日髪を切った。プリンだったので、カラーもお願いした。

夜は池袋の友人宅でホームパーティー。こちらも4月に挙式したばかりの新婚家庭。こちらにもspiralで買った別のプレゼントと、美味しいと好評だったバウムクーヘンを手土産に。結婚式前にアンタントに来てくれた友人夫婦以外、そこにいた面々全員が初対面。しかも男性陣は素性がよく分からない人たちだったし、女性陣は総じて若く、その若さを前面にアピールしており、非常に苦手な雰囲気。式のビデオなど見せてもらった後、早々に見切りをつけて退散した女性陣。少し間をおいて、彼女たちに続く。といっても後を追いかけたわけではなく。

帰宅後、tellから送られてきた新しいDMのデザインを見る。先日のデザ打ちと、渡した素材集だけでそんな劇的にはと思ってたのだが、いきなり非常に完成度の高い、素敵な作品に仕上がっていた。正直、驚いた。多少の手直しをお願いして、早速印刷に出す手筈を整えてもらう。出来上がりが非常に楽しみ。早く手に取りたいし、みんなの元に届けたい。
ブロークバック・マウンテン
アン・リー監督『ブロークバック・マウンテン』。
公開当時、非常に話題になった作品だし、実際ビデオ屋で何度も手には取ったのだが、結局今日まで見る機会がなかった。
今回観てみようという気になったのは、先日2回目の『ダークナイト』を鑑賞したことがきっかけ。
バットマンの宿敵ジョーカーを演じたヒース・レジャー。
28歳という若さでこの世を去った彼が、その2年前、アカデミー賞にノミネートされた作品を見てみたくなった。
brokeback.jpg
作品の素晴らしさは充分分かったのだが、主人公に感情移入できないとその良さは半減してしまう。
テーマとして普遍的なものも描いてはいるのだけど、どうにも共感はできなかった。
書き手の端くれである以上、この辺は課題だなと思うのだけど、難しいところ。
それにしてもヒース・レジャー。彼の怪演ぶりをもう観られないなんて残念すぎる。
beautiful bride from entente
7月に挙式を控えた友人が、アンタントのウェディングプランを試してみてくれることになった。
一生に一度の、特別な一日のために、アンタントから最高に美しい花嫁を送り出せるなんて素敵だ。

夜は自転車で下北沢まで。
久々に会うネイリストの友人と、お互い近況報告などなど。
近い業界にいるので、今後も情報交換や何かしらのコラボレーションなど実現できるといい。
DMデザイン打ち
夜、渋谷でtellと待ち合わせ。
店が汚いとクレームをつけたオッサンが立ち去った後、
次の会計を待つtellの耳に届く声の大きさで、
「チッ、くそオヤジ」
と呟いた副店長のいる某回転寿司屋で夕食を済ませた。

公園通りのデニーズへ場所を移し、URL告知用DMのデザイン打ち。
仕事帰りのminも合流してくれて諸々アドバイスをもらう。

途中から本題とは全くかけ離れたAKBネタや、アニメ界の巨匠宮崎×押井×細田論、震災・原発・政治などなど、話題は多岐に渡り、熱く熱く語らう3人。非常に有意義な時間だった。

帰りにけやき坂のTSUTAYAで、minに教えてもらったデザイン用素材集など数冊の本を購入。
未読の本がどんどんたまっていく。
アンタントな一日
20110608.jpg
今夜はサロンに軽い審査が入るため、朝から諸々準備を済ませ、お昼前に新宿駅で待ち合わせ。
腹が減っては、ということで、古巣HALCの叙々苑で焼肉ランチ。
店内は懐かしいけど、知っている顔は一人もいない。寂しい。

13時から、ハイアットリージェンシー地下の広間で某美容系製造メーカーによるセミナー。
講演やら技術デモンストレーションなど。

帰社後、少し遅い時間にエステ系ポータルサイトの運営会社の人たちが来社。
簡単な審査と、登録のための説明など。
ホテル時代、web予約の重要性は痛いほど思い知らされたが、さてこの業界では如何ほどか。
ジムの成果
そういえば先月末、ジムをスタートして一カ月目の測定があった。
その少し前に実家に帰省して、たらふく食べた後だったので、タイミング的に微妙だなとは思ったのだけど。

体重    -3.7kg
体脂肪量 -2.8kg
体脂肪率 -2.9%
ウエスト  -2.8cm
内臓脂肪 -0.24
BMI -1.1kg/㎡

目標までまだもう少し足りないけど、基礎代謝率も上がってるし、それなりの結果は出た。
体重や脂肪も課題だけど、あとは筋肉量だな。
もう少し逞しい身体になりたい。でもこれが結構大変なのだ。
朝食
再上京の後、朝食といえばCalbeeのフルーツグラノーラだった。
いろんなシリアルを試してみたけど、やっぱりこれが一番美味しいと思う。
でも震災の影響で流通が滞り、お店でもネットでも入手できなくなってしまった。
guranora.jpg

なので、今は専らこのアサイーエナジーと、ナチュロのパン。
このアサイーエナジー、ちょいと値段は高めだけど、飲むとすっと気持ちよく、一日のパワーが漲ってくる感じ。
他にもビューティーとソイがあるのだけど、断然エナジーがオススメ。
asai.jpg
新たなる
午後、長かった海外出張から帰国したばかりのtellと、彼の家でDMのデザイン打ち。
saoriさんとann姫はおでかけ中だったので、久しぶりに2人で競馬なんぞしながらまったとした時間を…。
じゃなくて、打ち合わせに来たんだってば。
DMは今まで2枚作ったのだが、お客様目線、そして女性目線から厳しい指摘も戴いて、今回はそれを反映した上で、先日完成したばかりのホームページをなんとか見てもらうべく、あーでもない、こーでもないと頭を捻る。
なんとなくイメージは伝えたものの、自分の中でもハッキリと画が見えてない部分もあり、消化不良のまま帰宅。
今回の依頼は、tellにとっても新たな挑戦だったりするだろうし、もう少しじっくり取り組んでもらえたらいいのだけど、時間的猶予はほとんどないのだ、申し訳ないのだけれど。。
きままに、ひとっ旅~京都編
昨夜、目黒の「こんぴら茶屋」でカレーうどんを食べながら、「そうだ、京都へ」行こうと思い立ち、片道2,800円の夜行バスに飛び乗った。こんな風に思いつきでフットワーク軽く、もっといろんなところを旅してみたい。一日ダラっと過ごし、気の進まない飲み会に行くより時間もお金もよっぽど有意義に使える。ということで、今回に味をしめて不定期に決行しようと決意。折角だからネーミング。その名も、「気ままに、ひとっ旅」。ひとっ旅には、(独り×突然×旅)×(一っ飛び)の意味が込められている。毎年恒例のtellといく「行き当たりばっ旅」との違いは、一人旅であることと、出発日が突然決まるってこと。「ばっ旅」の自由度は充分高いが、「ひとっ旅」は本当に何でもあり。さて、次はどこへ行こうかな。と、その前に。今回の旅のレポートを画像メインで(手抜きともいう)。

昨夜2345に新宿を出発し、0600京都駅着。もちろん快晴。
コンビニでガイドブックを立ち読みながら旅程を練る。
0700の開店を待って、京都タワー地下にある大浴場へ。
シャワーが熱過ぎたけど、旅の始まりに風呂は重要。寧ろ終わりより大事。
110603_1.jpg

朝マック後、駅前のレンタサイクル屋で自転車ゲット(写真撮るの忘れた)。
一番安いママチャリ。一日1000円。

地図で見てちょい遠そうだなとは思ったけど、国道24号を南下して伏見の寺田屋まで。
本当に遠かった。途中ちょっと迷ったし。汗だく。

1020寺田屋着。
寺田屋は船宿。その船(十石舟)が渡る濠川。
濠川沿いの柳並木には、紫陽花も咲いていて和む。
110603_10.jpg

そして、ついに寺田屋。
今回で京都は何度目だっけ。でもここにはずっと来る機会がなかった。
ここかぁ!!
テンション一気に上がり、疲れも吹っ飛ぶ。
110603_2.jpg

ここが、龍馬の部屋だったんだそうだ。
感慨深い。
小説や漫画で読んだあのシーンが甦る。
110603_9.jpg

美しく整備された庭には、記念碑やら何やら。
そしてこの、あまりにも有名な龍馬の名言。
折につけ、この言葉を思い出す。
110603_5.jpg

寺田屋を後にして、えっちらおっちら京都駅方面へ戻る。
1130駅南西にある教王護国寺とも呼ばれ、世界遺産にも指定されている東寺へ。
悠々と泳ぎ、大きな鯉が出迎えてくれた。
110603_14.jpg

亀どもは、全く関心を示さず。
なんかそれどころじゃなさそうだし…。
110603_15.jpg

京都のシンボルタワーは京都タワーではなく、この五重塔。
高さ54.8メートルで木造塔としては日本一の高さを誇る。
池に映る逆さ五重塔が風流。
110603_17.jpg

1200お腹もすいてきたが、特に良さげな店も見つからず、お次は西本願寺へ。
こちらも世界遺産指定。
親鸞聖人像が安置されている御影堂がとにかくデカい。
110603_19.jpg

1300改修工事中の東本願寺は前だけ通って、次は三十三間堂。
国宝の木造千手観音坐像と、その左右に配された1001体もの木造千手観音立像。圧巻。
堂内撮影禁止のため、画像ないのが残念。
三十三間の間は長さではなく、柱間の数らしい。
110603_20.jpg

道筋の途中には清水寺への参道があったのだが、空腹に耐えられず通過。
ガイドブックに載っていた祇園下河原の「ひさご」で親子丼を食す。
卵ふわっふわでメチャ美味。
110603_21.jpg

気力も体力も回復して、清水寺参道の坂も自転車でぐいぐい上がる。
1600清水寺に到着。
110603_22.jpg

清水の舞台に立つ。
もちろん、飛び降りない。
110603_25.jpg

あんなところから飛び降りたら、ねぇ。
毎年12月12日に発表される「今年の漢字」はここ清水寺でって初めて知った。
110603_28.jpg

えんむすびの神は、修学旅行中の女子生徒たちに大人気だった。
彼女たちに混ざって、結構真剣にお祈りをしてみた。
お賽銭も、ちょっと多めに入れといたので何卒。
110603_27.jpg

で、その後に訪れるのもなんなんだけど、地元の人がオススメしてくれた安井金毘羅宮へ。
悪縁を切り、良縁を結ぶ祈願所だそうだ。
別に何を話したでもないのに、どうしてここを薦めてくれたのか…。
110603_32.jpg

そういうお宮さんなので、ちょっと拝見した絵馬の内容はかなり際どく。
参拝者の手を合わせる時間もエラい長い。
そして何故かすぐ間裏にはラブホテル。
110603_31.jpg

心地よい風が吹き渡る鴨川を渡り、河原町へ。
ほどよく空いた小腹を満たすため、外せない京の甘味所へ。
「梅園」でついつい、みたらし団子と抹茶冷やしぜんざい2品も注文。
美味しかったけど、来週はガッツリジム通わなきゃな。
110603_33.jpg

いよいよ旅も終盤。
自転車を、偶然にも前の職場の姉妹ホテル駐輪場へ返却。
スタバでソイラテを飲みながら、帰りをどうするか考える。
総走行距離は何キロになったんだろう。
疲れた。結構疲れた。
帰りもバスは、キツいなぁ…。
ということで、イチかバチか勝負に出る。

で、メデタく勝利。
新幹線に乗るべく京都駅へ。
祝福の?お疲れ様的な?
駅前に着くと、音楽噴水「アクアファンタジー」が始まった。
どうしても節電という言葉が頭を過るが、東京タワーのライトアップ然り、適度にこういうのあっていい。
110603_34.jpg

新幹線ではipadで作業し始めた途端に爆睡。
2400帰京。〆は麻布ラーメン。
以上。
レスラー
昨日、初めてヘッドスパなるものを体験しに北千住のとあるサロンまで行ってきた。想像していたものとは違ったけど、いろいろと勉強にはなった。施術前のカウンセリングで、テレビで見たことのある毛髪チェックをしたのだけど、マイクロスコープで見せられる画は結構グロい。髪の毛って1つの毛穴から1本だと思っていたけど、違うのね。稲みたい。で、その毛穴には問題ないらしい。でも乾燥肌なのと、肩凝りなどのせいで血流が悪くなり、赤くなっている頭皮は改善の余地ありと。身体もあちこちガタがきはじめているし、アンタントのゴッドハンドに手入れしてもらお。
wresler.jpg
『ブラック・スワン』を観た後、未見なら是非と強力にプッシュされたダーレン・アロノフスキー監督『レスラー』。一人の人物にスポットを当て、ドキュメンタリーチックに仕上げた手法はここからか。人物設定は丸っきり違うが、主人公の身体と心の痛みを激しくリアルに感じてしまう点で共通。結末の後を観客に委ねるラストも似ている。でも本作の方がよりリアルで、かつ共感を覚えたのは、ミッキー・ロークとマリサ・トメイの人生を垣間見たからであり、主人公が男だからだろう。よくスポーツは筋書きのないドラマだなどと言われるが、プロレスにはあるようだ。少なくとも、結果は決まっているらしい。でも人生はそうはいかないから。現実は本当に厳しい。もちろん、「死」という結末だけは万人に定められた揺るぎないものだけど。
アンタントHP完成
10日ほど前のとあるきっかけで知り合ったクリエイターの3ごくん。
Poさんの親友で、奥さんのお腹にはann姫の誕生日が出産予定日の子供がいる。
物腰柔らかで、気配りと包容力の人というのが第一印象。
飲みの席ではあったけど、コイツは絶対いい男だという確信を抱いた。
そんな彼がHPを作れるというので、是非にとその場でお願いしたのだった。

縁とかタイミングって本当に大事。
既に見積もり取って仮契約まで済ませていたから、一日遅ければ業者に頼んでいた。
3ごくんにとっても、新しい職場に勤めるまでのほんの短いブランクスパンだった。
そして何より彼は、Poさんの親友で、せいこちゃんからの信頼も厚い。
おまけに彼らの子供の出産予定日がann姫の誕生日と同じだなんて。
でも縁やらタイミングってのは、こうやって出来過ぎていたりするから面白い。

で、その3ごくんが毎日朝方まで作業して、頑張って作ってくれた作品が出来上がった。
短い期間に、いろいろと面倒な注文をつけたにも関わらずその都度快諾してくれて、本当に感謝。

とっても素敵に仕上がったアンタントのホームページ、是非ご覧になってください。

3ごくん夫婦とは、今後Poさん家、tell家共々ずっと仲良くしていけるような気が勝手にしている。
これからも、どうぞよろしく。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。