*All archives* |  *Admin*

2010/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年を振り返る
2010年が終わる。
ということで、手帖を見ながら今年1年をざっと振り返ってみた。

初っ端にキツい出来事があった後、前半は特筆すべきこともない地味な期間。
長い冬だった。

春になり、友人たちの結婚式が続く。
そして新緑の頃、TBSからまさかの朗報。
祝福の春。

半端なかった猛暑の夏は、資格試験の勉強から執筆に切り替えて創作に励む時期。

長かった夏が終わり、短い秋の間に様々な出来事が。
新たな出逢いもあり、俄かに第二幕の序章がスタート。

冬の到来とともに、度重なる東京往復。
上京の準備と脚本の〆切であっという間に12月。
そしてついに、再上京。さらに会社設立。

数えてみると、今年1年で東京に10回も行ってた。
前半から後半にかけて、スケジュール帖もオセロばりに白から黒へ。

実家で母と過ごす穏やかな日々も決して悪くなかった。
でも大きな決断をして、再び東京に出てきたのだ。
頑張らなくては。
スポンサーサイト
母子手帳
101229.jpg
昨日今日と年末、そして来年に向けて必要な買い物や手続きなどに東奔西走。
東京に戻ったら必要な物はまだたくさんあるけど、ひとまずこれで年は越せそう。

ふと思い立って、母に自分の母子手帳を見せてくれと頼んだ。
あるのは知っていたのに、今まで開く機会がなかった。
知りたかったのは、出生時間。

なんと、1973年の7月3日、午前7時7分生まれ。
惜しい、あと4分早く生まれてば73続きの奇跡的な数字が並んだのに。
でももしかしたら、本当は7時3分生まれだったんじゃないかって気がしてならないのだけど。
こうなってみると、気になるのはtellの出生時刻。
日にちで言えば一日違いだけど、時間ではどれくらいの開きがあるのだろう。

母子手帳、初めてじっくり見たけど、いろんな情報が分かるんだな。
でも今の母子手帳はもっと詳しく書かれているのだろうか。
今度annちゃんの見せてもらおうかな。
don't wannna be dry
ざっと部屋の掃除をして、諸々片付けて最終便で帰省。
再上京の最初の年だし、年末年始は母との時間を大切にしようと思う。

年末年始を千葉の自宅で過ごす姉の車で空港から帰宅すると、玄関灯が切れていた。昨日からだという。
早速明日電気屋に行こう。
この前帰ったときは、その前日から居間の電気が切れていて、母は随分心細い思いをしたらしい。
帰省のタイミングで電気が切れるのは気持ちいいものじゃないけど、母に何日も不安な思いをさせずにすんだと思えば。もう35年も住んでる家なのだから、方々で綻びが出てきて当然。

父の死後、不要なものは極力整理して物を少なくしてきた。
そして必要なものもこうやって新しく取り替えられていく。
面影や思い出が一つ一つ消えていくようで切ないけど、必要なことだから仕方がない。
でも実際は、そんな風に割り切ったドライな考え方なんて持ててないんだよな。
馬納め
先日六本木で会ったばかりの妹分的存在Kと、正午に渋谷で待ち合わせ。
なかなか実現しなかったが、ようやく彼を紹介してもらう機会を得た。
彼女の上京前後から兄貴的な感情を勝手に抱いているので、彼がどんな人かは興味津々だったのだが、とても気さくでノリのいい、何よりとても優しそうな人で安心した。

次回は彼のテリトリーで「川崎大師」に参拝後、「川崎競馬場」へと約束をして一旦帰宅。
バタバタしててろくに予想する時間もなかったが、2010年の有馬記念を自宅観戦。
馬券も外れちゃったし、ブエナビスタも負けちゃったけど、見応えのある素晴らしいレースだった。
東京大賞典は買えそうにないから、有終の美を飾れぬまま今年はこれで馬納め。
競馬を始めて以来、こんなに馬券を買わなかった年は初めてだ。
101227.jpg
夕方から用事があって小田急で読売ランド前へ。
13年も住んだのだから当たり前かもしれないけど、今住んでる街よりやっぱり落ち着く。
もしかしたら、今後も縁のある街になるかも。
ノーサプライズ
Theatre_1.jpg
夕方、役者Aくんと青山のスパイラルで待ち合わせ。
いつものように新宿の安居酒屋でいいところを、クリスマスに男同士の待ち合わせが何故敢えて青山なのか。
サプライズなゲスト(もちろん女性)でも連れてくるのかと思いきや、

「表参道のイルミネーションを見たかったから」

って、おいっ!
三十路半ばの独身男二人が寂し過ぎるじゃねぇか。

ま、そんなことはさておき。

いつぞやこのブログにも書いたと思うけれど、Aの所属するTheatre劇団子は、年明け翌月末に紀伊国屋で「もう一つのシアター!」という舞台を上演する。人気急上昇中の作家有川浩が原作の「シアター!」を舞台化したもの。劇団子をモチーフとして書かれた小説を、外伝的に戯曲化するという話題の作品。
役者として、脚本家として様々な思い入れがあり、一般の社会人とは違う人物に感情移入して読んだ作品だけに、その役を演じるAくんには、観客をぐっと魅きつけて客演陣をペロリと食ってほしいと切に願う。楽しみだなぁ。

まだ明るい時間から会っていたのだけど、気がつけば日が変わるくらいの時間。
折角だからと原宿駅まで表参道を男二人で歩いて帰った。
寒さが身に沁みた。
スペシャルなイヴ
101224.jpg
午前中に必要な書類を全て用意し、自宅から目と鼻の先にある法務局へ。
今日はついに「Office Green Planet」の登記申請をする日だ。

法務局に入り、少し緊張して窓口に立ち、担当者に書類を渡す。
それなりに待たされることを覚悟していたのだが、必要な書類が揃っていることだけ確認してあっさり終了。
不備がなければ、翌年5日に登記完了となる。
我らがOGPがついに、株式会社になるのだ。

会社設立日は、申請を出した本日。
つまり2010年の12月24日、クリスマスイヴということになる。

拙作オーディオドラマ『最後の約束』で主人公が起業した会社には、クリスマス休暇がある。
OGPにもクリスマス休暇があれば、イヴが設立記念日なので2連休か。
そんな余裕のある会社になればいい。
そしていつか新入社員に

「どうしてウチの会社は、イヴとクリスマスが2連休なんですか」

なんて聞かれてみたいものだ。
クリスマスに休むなんて、商売っ気無さ過ぎだけど。

何はともあれ、今日が非常に重要な一日となったことは間違いない。
一生忘れない、忘れたくない一日になりますように。
mini×mini in eveeve
101223_2.jpg
tellとsaoriさん、annちゃん、そしてMの5人、浦安駅集合でmini2台に分乗し港北へ。
目的地はカーテンファクトリーとIKEA。諸々思惑通りというわけにはいかなかったが、最低限の目的は達成。
それにしてもIKEAって商売上手。
安い安いと思って、あれもこれも買っちゃうし、あれもこれもと思って、たくさん食べちゃう。
で、気がつけば結構なお金使ってんだな、これが。

帰宅して少し作業をした後、麻布の大阪ひとくち餃子屋「点天」で夕飯。
そこでバッタリ日舞同門のTさん一家に遭遇。
まさかこんな形でtell家のannちゃんとT家のhanaちゃんが会うことになるとは。
今夜は視線を交わしただけって感じだったけど、いつか改めてお互いを紹介したい。
都会のオアシス発見
101222_1.jpg
正午に元職場跡地にてKと待ち合わせ。
先日訪れたときにはまだ建物が残っていたのに、すっかり空き地になっていた。向こうまで見渡せる空が少し切なかった。
原宿を離れても、味が忘れられずについ来てしまう「かわらや」でランチを済ませた後、ファミレスに移動して夕方までたくさん喋る。いつもずっと気にかけてくれていて、何かのときには細やかな心遣いで嬉しい気持ちにさせてくれるK。出会った職場はなくなってしまったけど、こうやって関係が続いていることを有難く思う。
101222_2.jpg
青山某所までKを送る途中、246から少し入ったところにお洒落銭湯を発見。
折しも今日は冬至。次の予定まで少し時間も空くし、ゆず湯もやってるというので、手ぶらで立ち寄る。
普通の銭湯に比べれば少々料金は張るが、スペックが一々洒落ているし、シルク風呂等、充分に楽しめる。
まさに、都会のオアシス。お気に入りに追加しよう。

夜は、看護師の友人と渋谷で食事。
旦那さんがお医者さんなので、自分の身体や、医療モノを書くときにアドバイスをして戴いたり。ご夫婦にお世話になっている。
彼女と話す中で、今後お互いのやっていくことで協力し合えることがあるんじゃないかと、その可能性が少し見えてきた。実際具体的に詰めてみないと分からないこともあるが、こういう話をしている時間はとても楽しい。
夢がもりもり
buresque.jpg
午前中に資本金の振り込みなど済ませ(自分の口座に自分から振り込むのに手数料525円もかかった)、午後からヒルズでスティーヴン・アンティン監督の『バーレスク』を観た。物語的にはありふれたサクセス・ストーリーだが、見所満載の極上ショウエンタメ映画であることに間違いない。映画初主演とは思えないクリスティーナ・アギレラの圧巻のパフォーマンス。シェールとの遣り取りも見応えがあった。やっぱり、こういう作品を観るのが好きなんだなと改めて実感。

101221.jpg
映画の後、豊島区在住の友人宅に駆けつける。
前回は約一カ月半前だったが、友人Kの愛息kazmaくんの成長は目覚ましい。先日出版した小島武夫氏の『ろくでなし 伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年』という本も好評で、嬉しいニュースが続く。
先に来ていたYはフィアンセ同伴で、来春挙式の予定だという。投資家よりギャンブラーという言葉がしっくりくる彼の恋人には非常に興味があったのだけど、とっても穏やかで優しそうな人だった。
自分の再上京祝いも兼ねて、居合わせた面々全員の幸せを祝って乾杯。とてもいい宴だった。
rokudenasi.jpg
実は今日まで知らなかったのだが、再来年から大殺界が始まるらしい。
で、今年は2番目にいい年。そして来年は1番いい年なのだという。
2番目にいい年にTBSの話があり、再上京して会社の登記申請も済ませた。
一番いい年に、全力疾走するための準備はほぼ整った。
新年明けたら、本気モードに突入だ。
あれもこれも、実現させたい夢が山ほどあるのだ。
always can not keep to the point
お昼まで実家でゆっくり過ごして、バスで松山空港へ。いつもはガラガラの路線バスが、今日に限って激混み。しかもご高齢者の方々ばかりで、乗降にも時間がかかるし、乗ったら乗ったで運転手に質問責め。そうこうしているうちに大幅な遅れが生じ、飛行機の時間にはとても間に合わない状況に。仕方なくタクシーを拾って、空港へ急いでもらった。余裕で間に合うはずだったのに…。

帰郷後、六本木で友人Kと待ち合わせ。ミッドタウン内にある「Baker Bounce」のハンバーガーを食す。それなりにヴォリュームはあるのに、するするっと胃に滑りこんでいって、先日の勉強会について話し終える頃にはすっかり完食済み。とても美味しかった。
101220_2.jpg
共通の話題が多いというのもあるが、Kはノリのいい聞き上手さんなので、自然と話が弾む。弾み過ぎて脱線しまくり、なかなか本題に戻って来れないという事実もあるが、いずれ軌道修正されるだろうという楽観的なスタンスを互いに持っているので、やっぱりなかなか戻って来れない。今後の物創りには欠かせない存在。
偲ぶ会
本日行われる父を偲ぶ会に出席するため、昨日の午後に飛行機で帰郷した。
こういうのは本来命日前に行うのが通例だが、法事という堅苦しいものでもなく、身内だけが集まって父の思い出を語る会なので、最も多忙な人間の都合に合わせて今日になった。

出席者は、母と姉の他に、父の弟二人と妹一人、そして母の妹が二人の合計8名。
午前中は、みんなでお墓参り。
101219_2.jpg
午後からは場所を「大和屋」という有名な老舗旅館内料亭に移して、ゆっくりと食事。
食後には旅館内の風呂に入ることもできた。
101219_1.jpg
前回もそうだったけど、優しい空気に包まれた、穏やかで和やかな、素敵な会になった。
有り得ないことなのだけど、この場に父がいたらどんなだったろうと、つい想像してしまう。
今まで正月にも集まらなかった親戚たちが、こうやって父方母方共に一堂に会する。
もっと早くから、こんな機会が持ててたらよかったのに。
でもきっと、それは無理だったんだろうな。
誰より父が一番、こういう場を苦手としていたのだから。

それにしても驚いたのは、父の一番下の弟である叔父が、つい最近まで父の本当の名前を知らなかったということ。いくら年齢が10歳離れているからといって、そんなこと有り得るのだろうか。
確かに、父の名前の読み方はちょっと変わっていて、知らない人は叔父のように読む人が多かった。でも実の兄の名前なのに?!きっと父も驚いていることだろう。

一旦帰宅後、一昨日の夜につかなくなってしまった居間の電気を買いに電気屋へ。
電球を替えてもダメだったので、照明器具から交換しなければならない。
買って帰って、早速電気をつけてみる。
パッと明るい電気が、部屋を照らす。
すると、母が思わず涙声で安堵の声を漏らす。
一昨日の夜は一人だったし、相当心細かったのだろう。

年末年始も帰郷する予定だが、明日一旦東京に戻る。
今年はなるべく母とゆっくり過ごすことにしよう。
長い一日
午前中、定款認証のため公証役場へ。
面倒な手続きもあと一息。

午後、もう何年ぶりかも分からないほど久しぶりな友人Nと国立競技場駅近くのカフェで再会。
難しいことなど何も考えず、毎日が楽しかったあの頃に出逢った友人。
お互い状況は確実に厳しくなっているけど、こうやって笑い合える幸せを噛み締める。
狭い喫煙スペースで3時間半。喉が…。

夜まで中途半端に時間が空いた。
twitterをチェックし、近くにいたMに連絡をして新宿で待ち合わせる。
またもカフェで、1時間半ほど笑いっぱなしの喋りっぱなし。

渋谷に移動し、上京するたびに毎回とてもお世話になった友人mと夕飯。
律儀に引越し祝いまで戴いて恐縮。
諸々片付くまではと考えていたのだけど、もっと早く連絡すべきでした。

あと一杯だけ飲んで帰ろうということになり、折角ならとdressに。
ちょっと一杯のつもりが、ハイペースで2杯。
お酒弱いくせにハイピッチで飲んだせいで、トイレで蹲るハメに。
ま、そうなるだけの要因があったからなんですけれども。

とても濃くて長い一日でした。
世田谷ボロ市
原宿で直しに出していたジーンズを受け取り、世田谷ボロ市へ。
長く小田急沿線に住んでいたのだし、いくらでも機会はあったはずなのに、実は今回が初めて。
上町の駅からボロ市開催中の通りを隈なく歩く。
すごい人だかりだが、若者とご年配方の比率は2対8くらい。
店をのぞいてるのは大概後者で、若者たちは専ら食いに走っている。
101216_0.jpg
一応自分も若者の方に入るはずなので、もちろん食う。
でもお目当ての代官餅は既に売り切れ。
101216_3.jpg
仕方がないので、まずはけんちん汁。
そして甘酒。どちらも美味しく、そして身体を芯からあっためてくれた。
101216_1.jpg
「虎が猫になる味」というキャッチフレーズにつられて中華おやきも食う。
ま、確かに一口食べて「うみゃー」って言っちゃったけどね。
101216_2.jpg
あとはボロ市饅頭なんかも食べてお腹いっぱい。
結局食っただけで、形に残るものは何も買わずに一旦帰宅。
やっぱこういう露店巡りは誰かと一緒に行くべきだな。

夜は、最近松山で知り合った踊るご近所ナースと麻布の餃子屋へ。
演劇集団CのS氏の話でひとしきり盛り上がる。
次回は愛媛の演劇メンツも合流してくれたら嬉しい。
101216_7.png
初エステ
午後、ベッドが届いた。
マットレスはいつか余裕ができたらいいものを。
でもこれで大きな物はほぼ揃ったかな。
あと細々としたものは、生活していく中で随時。

今日は打ち合わせの後、エステ人生初体験。
saoriさんにやってもらったのだけど、衝撃の体験だった。

治りきっていなかった腰も、昨日痛めた肩甲骨からも不思議と痛みが消えた。
肩の凝りも楽になったし、足もちょっと伸びたみたい。
さらに驚いたのは、ヘッドマッサージで顔が変わったこと。
顔も身体も、放っておくとバランスって崩れていくのね。。
101215.jpg
画像は、背中の右半分だけやってもらったときに撮ったもの。
ジムを辞めてから原稿の〆切やら何やらを理由にぶくぶくと太った身体を晒して申し訳ないけど、
たった5分の施術で脇腹や肩甲骨の辺りが締まって見えるのが分かるだろうか。
治療×矯正×癒し×美。
まさにゴッドハンド。
もう二年
101211.png
今日は父の命日。
もう二年という月日が流れてしまったのか。
でも、いまだに実感が湧かない。
だから、墓前に立っても、掌を合わせたりしない。

多趣味で健康的で行動派だった父は、退職後も日中はほとんど家の中にいなかった。
釣りに行ったり、泳ぎに行ったり、山登りに行ったり、庭をいじったり。
そんな父だから、何処かから、ふと帰って来そうで仕方がない。

帰郷前にもそうだったように、再上京後も、母へのメールを1日も欠かしたことがない。
あの時よりも寧ろ、今の方が心配だ。

そんな母からの今日の返信

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

松山では空が泣いています。
母さんは泣いていません。

不思議なことにryuuが居なくなって今は家に独りでいるはずなのに独りだという気がしないのです。
もちろんryuuがいた時はryuuがいつも二階にいるという実感は当たり前の事なのですが、今もその実感があるのです。
気がする…ではなくて実感が…。

そうして更に不思議なことにryuuが居なくなってからは父さんまでが二階にも、応接間にも、台所にも、私の周りの中にいる実感があるのです。
夜中に目が覚めた時とか、朝、寝ぼけている時など
「父さん!」
と声をかけたほどです。
本当に不思議です。
こんなこと初めてです。
父さんが死んだ直後もこんなことはありませんでした。

ryuuが居なくなって淋しくないように父さんが居てくれるのかしら…
おまけにryuuの分身まで連れて来てくれて…。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

所謂「念」と呼ばれる強い気持ちって、伝わるし、感じるものなのだなと思う。

以前にも増して、自分の気持ちは今母とともにあり、
母はそれを感じとっているのだと思う。
そして、父の気持ちも。
everyday life
101209.jpg
渋谷で働いていた頃、ランチタイムの強い味方だった「サッドカフェ」へ。
馴染みの店員さんがちゃんと覚えていてくれて嬉しかった。

買い物がてら吉祥寺へ。
暮れなずむ井の頭公園の紅葉を眺めながら、のんびりお散歩。
こうやって少しずつ、東京での生活がまた日常になっていくんだな。
再上京祝い
101207_1.jpg
洗濯物は山ほど溜まっているのに、洗濯機が9日まで届かない。
仕方がないのでコインランドリーを探し歩くも都内では滅多にお目にかかれない。
結局歩いて行ける距離には見つからず、今夜冷蔵庫運搬用に借りたハイエースで五反田のランドリーへ。

洗濯を終え、品川でsaoriさんと冷蔵庫をピックアップ。
レンタカーを返す間に、仕事を終えたtellがsaoriさんと合流。
近くのスーパーで高級食材を買いこみ、叙々苑のキムチ鍋で再上京祝い。
散々散らかった部屋で申し訳なかったけど、気のおけない彼らなら。

今夜は珍しくann姫のいない、3人の大人な時間。
tellの学生時代の話を肴に、笑いの絶えない楽しいひとときでした。
裁縫は苦手
101204.jpg
午前中からann姫を連れてsaoriさんが来訪。
先日IKEKAで買ったカーテンを切ったり縫ったり吊るしたり。
部屋の窓がちょっと特殊な感じだったりするので、既製品のサイズはまず合わない。
家事全般嫌いじゃないけど、裁縫は非常に苦手なので本当に助かった。

少し遅いランチを、ウチの近くのレストランで。
場所的に少々高めは仕方ないが、この味なら大満足。
通ったりはできないけど、たまには訪れたい店。
テラス席もあって、ann姫が一緒でも大丈夫だし。
でもこれからはちょっと寒いかな。

片付けても片付けても、次から次へと新しい荷物が届いて、一向に片付く気配のない部屋。
早く友人たちを呼べるように頑張って片そ。
TBSで第二回目の勉強会
101203.jpg
午後、久しぶりに青山のサロンでkazくんに髪を切ってもらう。
結構切った上で、ちょっと強めにパーマをかけてもらう。
これで普段は軽く乾かしただけで済みそう。

夜は、TBSにて勉強会。
先に提出した企画書と第1話のシナリオについて、各プロデューサーからやいのやいの。
持てる力を出し切ったし、苦しんだ分作品への愛情もかなり強く、
厳しいダメ出しにも真っ向から立ち向かった。
それでも、見えないように包み隠した痛点を鋭い針で抉る抉る。
でも、心地よい痛みだったな。

勉強会の後は、局近くの居酒屋で飲み。
会ってみたかったプロデューサーともゆっくり話せたし、楽しい会だった。
でも大事なのはこれから。
初っ端からハードな一日
101208.jpg
実家を出発後一箇所寄り途をして、松山を発ったのが20時過ぎ。
で、都内着が6時過ぎだから約10時間の行程。
途中仮眠を摂ったりするだろうと13時間位を想定していたから、結構早く着いた。

マンションの他の住民を起こさないように、車からそっと荷物を運びこむ。
エレベーターがないので階段を何度も何度も上り下り。
miniに載っちゃうくらいだからと軽く考えれいたけど、これが結構大変で。
しかも忍び足、ドアもそっと、そっと開け閉め。

なんとか全ての荷物を搬入し終え、長距離を運転し終えた後だし、
物凄くシャワーを浴びたい衝動に駆られたが、なんとか我慢してtell宅へ移動。
saoriさんと一緒にIKEAと船橋ららポートに買い出しに出かける。
身体も脳もふらふらのふわふわだったが、何とか買い物を済ませ、一人部屋に戻る。

さらに、今夜は人に会うため八王子まで再びハンドルを握り、帰宅したのは日が変わる頃。
昨日から一体何時間起きていたのか。

脱稿明けの長距離ドライブ、荷物の搬入、大型家具の購入などなど。
そりゃ腰も痛めるわ。
再出発
101201_1.jpg
上京当日の貴重な時間なのに、二度も郵便局で無駄足を踏まされる。
民営化されて、一体どこが良くなったというのだろう。

帰宅後、せっせと車に荷物を詰め込んで、19時に家を出発。
玄関で泣きそうな母からのエールを動画撮影し、いよいよ車に乗り込む。

東京なんて飛行機なら1時間とちょっと。
今月中には父の法事もあるし、年末年始だって帰省する予定だ。
だから別に、そんな思い詰める必要なんてないのだけど。
やはり、2年近くも続いた日常にひとまず区切りがつくのだと思うと言葉に詰まる。
改まって感謝の言葉を言ったりするのは、敢えて避けよう。
ちょっと行ってくるよ、くらいの気軽な感じで出発しよう。

そう思ってアクセルを踏んだのに、バックミラーに映る母が、
いつまでもいつまでも、
見えなくなるまで大きく手を振るものだから、
視界はどうしたって曇ってしまった。

期待より不安の方が大きいけど、
安心より心配の方が強いけど、
でももう一歩踏み出したのだ。
頑張るしかない、
望む未来を手に入れるために。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。