*All archives* |  *Admin*

2010/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京前夜
101130.jpg
午前5時半。二度目の脱稿。解放感より疲労感でいっぱい。

少しだけ眠って、母と一緒に父の墓参り。
いよいよ上京を明日に控え、そのことを報告に。
霊園を囲む山々の紅葉が美しかった。

明日は東京まで900キロを走行しなければならないので、給油ついでにGSでタイヤの溝や空気圧など点検。

夕方、もうどれくらい前になるか、以前もお願いした父が散髪に来ていた床屋で髭を剃ってもらう。
床屋のおばさんに、父の思い出話を聞かされながら、叱咤激励される。
おばさんの気持ちを、そしてこういう場所があることを、本当に有難く思う。

そして夜は、もちろん母と媛彦温泉に。
ここ数日は毎日欠かさず入りに来ていたが、今度帰郷するまでしばらくおあずけだ。
家がもっと近ければよかったのにね。
スポンサーサイト
まさかの
昨夜、〆切まで12時間を残して企画書と1話分のシナリオを脱稿。
これほど苦しんで書いたことは今までになかった。
苦しんだ分、解放感も大きい。

本日午後0時の〆切り直前に少しだけ手直しをして、母とランチ&買い物。
が、某Pから企画書修正の依頼とまさかの〆切延長の連絡。
山頂に着いてやっと下ろした荷物を、頂上はまだ先だと言われてまた背負い直す気分。
でも、ここは踏ん張りどころ。
所用を済ませて、またデスクの前に。

延長された〆切は、明日の午前中。
ギリギリまでかかりそうだ。
弘法様
もう何日も髭を剃っていない。
脱稿したらと思っているので、きっと〆切りギリギリまで剃れない。
101123.jpg
原稿書きがぐつぐつと煮詰まってきたので、気分転換に外出。
機会があればとずっと先延ばしにしていた、弘法大師の立つ丘に登ることにした。
前回は空手を習っていた頃だから、小学生以来か。その時は確か、初日の出を見に来たのだった。
あの頃よりは、若干小さくなった印象。実際は、自分が大きくなったのだけど。
それにしても、「苦しいときの神頼み」とは言うけれど、今大師様を拝むのはどうなんだろう。
「弘法も筆の誤り」って、意味合いは違うけど、執筆中だけに、なんかヤだ。
レオニー
昨日は母と、途中姉も誘ってお気に入りの「もにこど2」へ。
原稿の〆切やら、上京の準備やら、多忙な姉のスケジュールも加味すると、再上京までに3人で外食をする機会は恐らく今日が最後。
実家に帰れば、こんなチャンスを作るのは別に難しいことではないはず。
でも、今のような時間の流れの中で、というわけにはいかない。
慌ただしく過ぎゆく時の中で、こういう時間を本当に愛おしく思う昨今。
reoni101120.jpg
今夜は、母のリクエストで松井久子監督の映画『レオニー』を松前の劇場まで観に行った。
世界的な彫刻家、イサム・ノグチの母親であるアメリカ人女性、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた作品。
映画のベースとなったドウス昌代『イサム・ノグチ~宿命の越境者』に描かれている、レオニーの強い母親像、そして悲劇的な最期について、母から聞いた話だけど、そここそが見せ場だったのではないかと思ったのだが、何故かカットされていた。そのせいで、とても物足りなさを感じた。
いまだ実感湧かず
101116.jpg
執筆の合間を縫って、母のためにできることをいくつか。
庭にセンサーライトを追加したり、ベランダを補強したり。
ホームセンターに足繁く通った。

そして今日、役所で転出の手続きと、郵便局で転送手続き。
でもまだ実感は湧いてこない。
これからのこと
101114.jpg
姉と母と3人で「CHARLIE'S VEGETABLE」へ。
いくらビュッフェとはいえ、野菜だけじゃ絶対物足りないだろうと思っていたのだけど、これが大間違い。
新鮮で美味しい野菜をもりもり食べたらお腹いっぱい。
ジャガイモのポタージュ、ミネストローネ、クラムチャウダーという3種のスープも激美味だった。

一旦帰宅して、姉と二人で近場の喫茶店に。
執筆中の企画書の話から、再上京後の生活設計、そして母のこと。
穏やかに、和やかに、真剣に。
いい話し合いができたと思う。
黄砂
101112.jpg
長浜までドライブ。
黄砂の影響で、海に沈む美しいはずの夕陽もこの通り。
黄金というより、白金色。そういえば、昨日は白金にいたな。
全く眩しくない、寂しげな夕陽。
契約成立
ほんの数時間だけ眠り、先に出勤するtellを見送った後、saoriさんとann姫を保育園に送る。
仕事前に朝食を作り、子供を保育園に送って。母親ってスゴい。

不動産屋の本店がある白金高輪でSさんと待ち合わせ、いよいよ契約。
11月11日に契約成立。「いい月のいい日」。なんだか嬉しい。

その後、大家である某社にご挨拶に伺い、さらに麻布の物件に移動し、大家さん立会いのもと、諸々の最終確認。
窓から見えるこの景色が、日常になる。
夜はもっと素敵だろうな。
101111.jpg
今回本当によくしてくれた担当者のSさんにお礼を行って別れ、目黒へ移動。
目黒に来たらまず外せない、「こんぴら茶屋」でカレーうどんを食す。
101111_2.jpg
そして飛行機までまだ少し時間があったので、ずっと行きたかった「庭園美術館」へ。
雰囲気はとても良いのだけど、鳥の囀りよりも車の騒音が。
ま、場所的に仕方のないことではあるけど。
101111_1.jpg
次に東京へ来る時が、再上京のとき。
でもその前に、大きな課題が。
久しぶりのオーディション
101110.jpg
少々無理が祟ったのか、昨日は体調を崩してダウン。
気合いで治して、今日が〆切りの企画書もほぼ仕上げた。
そして再び東京へ。
真っ赤な夕陽を背に松山を出発し、尖った三日月を浮かべた煌びやかな東京の夜景に向けてランディング。
この時間のフライトって最高だ。

羽田から三軒茶屋へ向かい、友人と一緒に某オーディションを受ける。
なんとなく嫌な予感はしていたが、想像通りの胡散臭いものだった。
ま、久しぶりに友人とこういう経験ができたし、将来笑って話せるネタになりそうだから良しとしよう。

夜、またまたtell宅にお邪魔。
みんなが寝静まった後、朝5時まで企画書を書いて無事提出。
病み上がりには辛い作業だった。
物件再訪
滞在中7本観る予定だったが、1本だけ観る時間がなくTSUTAYAに資料DVDを返却。
でもなんとなくイメージは出来てきたような…。

宿泊していた「ドーミーイン浅草」をチェックアウトして麻布十番へ。
まだ契約が決まったわけじゃないけど、帰郷前にもう一度物件を見ておきたくて。
間取りもそうだけど、窓やベランダから見える景色が最高。
東京に戻って来たんだなと、否が応でも実感できる。

来週契約のためにもう一度東京へ来て、できれば今月中には本格上京したい。
影向堂様
浅草なんだからと、品川まで行くのに水上バスに乗船。
都営浅草線だろ、普通。
でも天気も良かったし、水上バスからスカイツリーを見てみたかった。
101105.jpg
日の出桟橋に到着した後、タクシーで品川の「ヨシモト品川シアター」へ。
いつもお世話になっている舞台監督さんに招待してもらって、久しぶりにヨシモトを観る。
コッテコテだけど、安心して楽しめるって大事。

品川「品達」でラーメンを食した後、渋谷に出て明治通りから青山通りを通る神宮前一周コースを散歩。
少々疲れて、渋谷駅に戻ってきた頃に、不動産の担当者Sさんから連絡。
例の物件、先約がキャンセルしました。と。
外資系の法律事務所で、法人だし、家賃交渉など一切不要ということだったので、ほぼ絶望だったはずなのに。
渋谷駅前でガッツポーズ。電話越しのSさんの声からも興奮が伝わってきた。
以前川崎に住んでいた時の物件もそうだったが、不動産運に恵まれているようだ。

浅草に戻り、浅草寺で感謝の意を込めて深々と頭を下げる。
実は浅草寺、おみくじは凶がとても多く出るらしい。
でもその後に、本堂横にある「影向堂」へ行き、自分の干支にあった仏様に参ることが大事なんだとか。
凶を引いて落ち込んでいる姿がよほど憐れだったのか、見ていた老人に教えてもらった。
その効果があったのだろう。多謝。
101105_2.jpg
ルクセンブルク大使館
浅草に宿を取っているならと昨夜友人に薦められた「モンブラン」でランチ。
ハンバーグ、美味美味。
101104_20101212102746.jpg
浅草寺に参拝し、おみくじを引く。
滅多にお目にかかることのなかった凶を引く。
直後、昨日見つけた物件が、先方の手違いで既に先約があったと連絡が入る。
膝から落ちるほど脱力。

こんな気運で観てもらうのもどうかと思ったが、これまた友人に薦められた占い屋でタロット。
怖くなるほど良く当たって、ということではないが、なんだか救われた気持ちになって店を出る。
こういうものに人生を左右されるのは馬鹿らしいと思うが、人の気持ちを掬いあげる作用もあるのだと始めて気付いた。
101104_2.jpg
夜は、市ヶ谷にあるルクセンブルク大使館で行われたMikiSakataさんのライブ&誕生日パーティーへ。
大使館というものに潜入するのは初体験だったが、最初に入ったのがルクセンブルクだなんて。国の場所もイマイチよく分かってないのに。でもグローバルな社交界にデビューした気分を味わうには充分。
ミキさんのライブも素敵だったし、料理も美味しかったし、いくつかの出逢いもあったし。満足。
101104.jpg
誘ってくれた友人と少しお茶をした後、浅草のホテルに戻って昨日のDVDの続きを鑑賞。
物件発見
101102_2.jpg
夕方まで寝れそうな勢いだったが、ann姫に優しく揺り起こされ、頑張って布団から出る。
101103.jpg
お昼までに出かけて、ann姫とsaoriさんとイクスピアリでスイーツなど食べつつ、tellのカットを待つ。
まだ11月に入ったばかりだというのに、もうすっかりクリスマスムードの施設内。

昼食後、六本木へ移動。
ヒルズの駐車場へ車を入れて、不動産の担当者Sさんと麻布近辺の物件を見て回る。
狭かったり古かったりで、それでもある程度妥協しなければと思いながら最後に内見した物件が、全員のテンションを一気に引き上げた。予算オーバーだけど、これは頑張る価値がある。
ということで、広尾の不動産屋へ行って早速申し込み手続きを。
決まるといいのだけど。

今夜は浅草のビジネスホテルに宿を取った。
部屋でパソコンを繋いだところに、昨夜tell宅から送信した企画書について、某Pから連絡があり、非常に有難いアドバイスを戴く。そうなると旅先ではあるが、時間が惜しい。ということで、その参考資料となるDVDを7本、近くのTSUTAYAで早速レンタル。

銀座で飲んでいる友人たちと合流した後、ホテルに戻って朝方までDVD鑑賞。
また今夜も寝不足は続く。
また東京へ
101102.jpg
先月29日に予定していた上京が、台風の影響を受けて今日に変更。
木更津上空から見た金色の夕景と富士山のてっぺんが、非常に美しかった。

羽田から一旦渋谷へ移動し、人を待つ間CafeMiyamaで執筆の続き。
昨夜から徹夜で書いている企画書の完成まであと少し。

待ち人と合流して六本木へ移動。
所用を済ませた後、おこのみ「ごっつい」で小腹を満たす。

渋谷に戻ってから、海外出張から戻って来たばかりのtellと浦安で合流。
パパの帰りを待ちわびていたann姫も一緒にtell宅へ。

夕飯は、tellのお母さんが焼いてくれた餃子をたらふく戴いた。

パパが帰って来て、いつもよりさらにテンション高めのann姫が眠った後は、tellとsaoriさんと3人で大人トーク。
tell家は本当に居心地が良くて、自分の家のようにくつろいでしまう。
でもちゃんと企画書は上げて、今夜24時の〆切り前に提出。
結局朝方まで飲んでいたけど、一体何時間起きていたのだろう。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。