*All archives* |  *Admin*

2010/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息もできない
ikimodekinai.jpg
制作費が足りず自宅まで手放し、脚本・演出・編集、そして主演まで務め上げたヤン・イクチュン監督の衝撃作『息もできない』をまたも今治の劇場にて鑑賞。
怒りと憎しみだけをパワーに生きてきたチンピラが、合わせ鏡のように貧しさと暴力で崩壊した環境に育った女子高生と出逢う。やられっぱなしじゃいけない、やられたらやり返すんだ。糞ったれの人生で、あれほど憎んだ暴力に依存して生きてきた。暴力からは何も生まれない。そんなことは百も承知だ。しかし、女子高生と心で触れ合ううちにチンピラは知るのだ。赦すということを。
全編暴力塗れ。暴力の行き着く先。そしてその連鎖。ラストはとても切ない。が、鑑賞後に絶望より希望の光が見える不思議な作品。
スポンサーサイト
クロッシング
crossing.jpg
第81回アカデミー賞外国語映画部門賞の韓国代表作品に選ばれた、キム・テギュン監督の話題作『クロッシング』を母と観てきた。08年製作の映画が、ようやく今春日本で公開。そしてやっと愛媛に、と思ったら今治のマイナーな劇場。しかも一日一回上映なのに、観客は他に2人だけ。外国人、特に中国人や韓国人から日本人は自国の歴史についてあまりに無知だと批判されるが、隣国の現状にも関心が低過ぎる。ミサイルが飛んできたときだけ、北朝鮮という得体の知れない国家の存在を思い出す。北朝鮮は、大戦後の分断国家としてドイツと比較されることもあるが、東ドイツと北朝鮮では経済において圧倒的に異なるし、何よりベルリンの壁は20年も前に崩壊したのに、朝鮮半島の軍事境界線に引かれた緊張の糸は一向に緩む気配もない。ともすれば、日本だって分断国家になる可能性はあったわけだし、世界トップ2の経済大国に挟まれた日本にとって、南北朝鮮との友好関係はこの先の平和を維持するためには絶対条件のはず。そのためには、まず相手を知らなければ。脱北者100人への取材をもとに、北朝鮮における過酷な現実を骨太に描いた本作。映画だからドラマチックに脚色もされているし、監督によるプロパガンダ的な部分もなくはないのかもしれない。が、どう判断するにせよ、間違いなく一見の価値がある作品。物語としても、素晴らしかった。雨のラストシーンは、涙なくして見られない。『善き人のためのソナタ』や『トンネル』など、ベルリンの壁崩壊について描いた作品はハッピーエンドだが、本作はそうではない。そうであってはならないのだ。この惨状惨劇はいまだ続いているのだから。
大塚国際美術館
101017.jpg
徳島を経由して、昨夜のうちに鳴門入り。今日は大塚製薬グループの創業75周年事業で1998年に設立された「大塚国際美術館」に行って来た。07年に開館した新国立美術館に次ぐ、私立では国内最大の美術館。鳴門海峡の一握の砂から始まった陶板開発。世界最高レベルの優れたタイル製造技術を編み出した彼らは、オイルショックを契機に美術陶板を手がけるようになり、その作品の完成度は本物を所蔵する各国の美術館員さえをも唸らせた。

陶板に原寸で焼き付けた世界中の名画たち。中でもミケランジェロの「システィーナ礼拝堂天井画および壁画」の迫力は圧巻で、展示ホールに一歩踏み入れると、そのまましばし身動きが取れなくなる。他にも、「スクロヴェーニ礼拝堂の壁画」や、エルグレコの「祭壇衝立」、モネの「大睡蓮」、ピカソの「ゲルニカ」などなど、原寸大で味わう感動は格別。が、実物を見たことのある一般絵画にその感動はなく、やはり複製は複製でしかないのだと逆に思い知らされ、1000点余に及ぶ全展示作品を見終えた後には、感動より徒労感が残ってしまった。
Golden Spider
101015.jpg
NHK朝ドラ『てっぱん』を見て、お好み焼きが食べたくなったという母を「すみれ」に連れて行く。

そのついでというわけではないが、先月植樹したライラックが無事に根付いているかずっと気になっていたので、天候にも恵まれた本日、母を伴って再び皿が嶺へ。

母には車内で読書でもして待っててもらうことにして、風穴のある登山口から登り始める。日没が早くなったこの時期に、15時30分という通常ありえないスタートタイム。万が一にも迷ったら即アウトなので、登り慣れたルートを忠実に、ハイペースでせっせと登る。

山の中腹に差し掛かると、少しずつ落ち葉の量が増えてきて、ちょうど1年前に登った霊峰石鎚の見事に敷き詰められた赤と黄の絨毯を思い出させる。あの登山に意味があったかなかったか、そんなことはもういい。いつかまた登るときには快晴に恵まれて、父が立った天狗岳を制することができればそれでいい。

そんなことを考えた後は、iphoneにダウンロードした「日経ヴェリタス 大江真理子のもやもやトーク」を聴きながら。2009年6月の初回から聴き始め、登山中に聴いたのがちょうど去年の今頃の回。民主党が政権交代を果たした後、JALが企業再生支援機構に再生支援の事前相談の申請を開始した頃で、エコカー補助金も始まったばかり、日経平均は10,000円をキープしており、円高懸念も90円を割る前の話。こう聞くと、1年もあっという間だ。そして着実に景気は悪化している。

1時間の予定より10分早く登頂成功。笹を押し分け、ドキドキしながら目的の場所に歩を進める。

ライラックの木は、無事そこにあった。父の遺灰を埋めた石碑の前に、か細い幹が、それでも真っ直ぐ天に向かって伸びていた。ホッと一息ついて、持ってきた水を根元にかけてやる。恐らく、今年はもうこれが最後だろう。どうか来年、また来られるまで無事に。しばし父とライラックの木に語りかけた後、母の待つ登山口まで一気に下山。

夜、いつもの媛彦温泉の露天風呂で、蜘蛛が巣を作る光景を初めて見た。
俊敏かつ鮮やかに、美しく透き通った網を紡ぐゴールデン・スパイダー。
すっ裸でうっとりと、その華麗な技に見惚れてた。
夜の蜘蛛だけど、何かの吉兆であるような、そんな気がした。
天地明察
tenchimeisatu.jpg
吉川英治文学新人賞と、2010年の本屋大賞1位を受賞した冲方丁の『天地明察』を読了。
四代家綱の治世、日本独自の暦を作るために立ちあがった、碁打ちにして数学者である渋川春海。二十年にわたり挫折と奮起を繰り返す彼の人生。その成長ぶりが、熱く、されど瑞々しく、しかも重厚に描かれている。
小説を読んでいて透明感を感じることは稀だが、それは一重に主人公である春海の純粋なキャラクター故であろう。彼の直向きな努力と情熱に、何度も魂が揺さぶられ、涙が溢れそうになる。数学者関孝和や、後妻えんとの遣り取りには実際何度泣かされたことか。
一度挫折を味わい、それでも歯を食い縛って再起を図ろうと頑張っている今だからこそ、この作品により共感を強くしたのかもしれない。
04年に始まった本屋大賞は今年で7回目。大賞を受賞した本は全て読んでおり、どれも素晴らしい作品であることに違いはないが、これぞまさに最高傑作。
もう一つのシアター!
theatre.jpg
先日東京で「Theatre劇団子」の通し稽古を見せてもらった後、役者のAくんと飲みながら聞いた話。なんと次回公演は紀伊国屋で、「Theatre劇団子」がモデルになった有川浩の小説『シアター!』を舞台化するのだという。小説のモデルになった劇団が、自らその劇団を演じるというのは、まさに恐らく演劇史上初の試み。内容は外伝的な感じで、原作とは全く異なるものになるらしいが、登場人物や世界観はもちろんそのまま引き継がれるだろうし、著者監修の下、この作品を作演の石山さんはじめ、役者たちがどう料理するか、非常に興味深い。

その楽しみを倍加するためにも、早速原作本を購入し、一晩で一気に読んだ。関わってきた演劇界、しかもモデルになっている劇団をよく知っているだけに、人物へのイメージや感情移入がとてもリアルにできて、非常に読みやすかった。作品の台詞やテンポも軽妙で、物語にぐいぐい引き込まれる。来春には続編も発売されるらしいが、その狭間に舞台化される「もう一つのシアター!」は本当に楽しみだ。こんな作品に、ほんの少しでも係ることができたら素敵だろうな。上京のタイミングはまだハッキリしないが、少しでもお手伝いできることがあればと思う。
KNIGHT & DAY
knightday.jpg
衣山でブランチ後、ジェームズ・マンゴールド監督『ナイト&デイ』を鑑賞。トム・クルーズの大ファンとして、公開が非常に楽しみだった作品。いやぁ、大満足でした。アクション映画に理屈はいらない。キャメロンが最高にキュートで、トムが相変わらずカッコ良くて、始めからエンディングまでハラハラドキドキ。これだけ楽しませてもらえれば充分。中には内容に深みのある出演作もあるけど、やっぱりトムの出る映画はこうでなくっちゃ。『TOPGUN』、『Mi:2』に続くBest3に、勝手にランクイン。それにしてもトムってば、本当に衰えを知らない。実は彼と誕生日が一緒なのだけど、齢は11コ上。もうすぐ50歳に手が届く人にはとても見えない…。なにはともあれ、最低あと一回は劇場に観に行きたい。

夜は、「SUGAR VILLAGE」というイベントに。毎年10月に、松山のBarやライブハウスで行われている音楽イベントで、1ドリンク付きのフリーパスを購入すれば、開催店舗を自由に渡り歩くことができる。時間は19時からの4時間。今年は10店舗にも拡大した各会場で、1時間毎に出演アーティストが入れ替わる。各店舗とも東京などからプロのミュージシャンを呼んで、地元ミュージシャンと一緒に松山で音楽を楽しもうというこのイベント。

毎年開催店舗数を増やし、恐らくもう10回以上は行われているこのイベント、実は最近まで全く知らなかったのだが、東京で知り合ったミュージシャン、「Taja」が出演することを知り、最近Twitterで出会った地元ミュージシャン「tock-pang」も参戦するというので、これはちょっと顔を出してみるか、ということになったわけでありんす。

最初に訪れたのは、1組目に「Taja」が出演する「BAR STANDARD」。店内はテーブルを全て撤去し、ステージとカウンターだけのオールスタンディング。Tajaのステージは少ししっとり目に始まったが、増える来客と共に楽曲も徐々に盛り上がり、ラス曲を迎える頃にはいい感じに酔いも回って、会場内の誰もがTajaの音楽に魅了されていた。1stステージ終了後に、nahoさんと少し話す時間があり、次は東京で、いまだ果たせずにいる約束もきっと近い未来にと握手を交わす。

2組目は、Tajaと同じく東京からのゲストミュージシャン「ブリーフブラジャーズ」。名前を聞いたときからそんな予感はしていたけれど、その公序良俗を乱しまくるお下品なステージは、期待を裏切ることなく松山の観客に衝撃を与えていた。「警察関係者と未成年の方はいらっしゃいませんよね」って、そりゃ確認するわな。

最高潮に盛り上がる中、爆笑しているnahoさんに「見るものも見たんで、そろそろ次の会場へ移ります」と、東京での再会を約束して店を出る。

1店舗だけ離れた場所にある店、「GRETSCH」に出演する地元ミュージシャン「tock-pang」は、21時からスタートの3組目。道に迷いながらもなんとか辿り着き、さっきまでとはまるで違うノスタルジックで大人な雰囲気の店で、jazzyな夜を味わう。tock-pangは、地元に限らず幅広く精力的に活動を続けている、非常に向上心の高いアーティスト。年末には東京にも進出する計画があるらしい。ただ、今日のステージングを見ていて非常に残念だったのはMC。観客の目線を意識できておらず、MCの度に不快な疎外感を覚えた。音楽は素晴らしいだけに、早く気付かないと勿体ないなと思う。

折角なのだから22時からの4組目もどこか違う店で、もしくはTajaに再合流できればよかったのだが、この後徳島行きが控えていたので、残念ながら今年の「SUGAR VILLAGE」はここまで。来年以降は、タイミングよく帰郷してればってことになるだろうけど、こういうイベントが松山で行われているのは素敵なことだ。Taja以外にも、東京の知ってるミュージシャンたちが参加してくれるともっと嬉しい。
only a little more
101006_1.jpg
松濤公園でMと待ち合わせ、前を通るたびに行列しているカレー屋でランチ。甘辛で好みの味だったが、何せこのヴォリューム。頑張ったけど、3割ほど残してしまった。これで700円は安い。
101006_2.jpg
仕事へ向かうMを見送って、ハチ公広場で待ち合わせたKさんと合流。Denny'sで近況報告をした後、昨春まで共に働いた職場の跡地へ向かう。既に解体工事が始まっており、遠巻きに眺めながら寂しい気持ちに。
101006_3.jpg
原宿でKさんと別れ、洋服屋など冷やかしつつ渋谷に戻る。ホテルもなくなり、新しい店も次々とできて、宮下公園も様変わりするようだし、この街は本当に時の流れが速い。
今回、明確な足掛かりを得ることはできなかったけど、でもその時は確実に近付いている。松山も決して嫌いではないけれど、やっぱりこの街こそが自分の居場所なんだと強く思う。課題は山積してるけど、今できることから一つずつ。待っててね、もう少しだけ。
一生モノの関係
101005.jpg
昨夜は終電を逃すいつものパターンで、結局Poさん宅に泊めてもらった。そしてPoさんは今朝も5時起きで出勤。疲労と眠さを強引に振り切って出て行くPoさん。彼を優しく起こし、夫の健康のために朝から栄養たっぷりのジュースを作ってあげて、玄関先まで心配そうに見送るせいこちゃん。tell家も、そしてこの家も、愛に満ち満ちている。この2組の夫婦を見ていると、結婚っていいなと羨ましく思う。

午後から、毎度上京の度にお世話になっている友人Mと、二人の出会いの場であり、自分にとっては東京ライフの原点とも言える三軒茶屋へ。「ヨーロッパ食堂」でパスタランチ、「RAIN ON THE ROOF」でまったりとお茶。毎度毎度、よくもまぁ話が尽きないものだと自分でも感心するが、腐るならとっくに腐っているであろうこの腐れ縁も、一生モノの本当に大事な間柄。

夕刻からは、一月前に生まれたばかりの赤ちゃんを見せてもらいに、学習院近くの友人K宅へ。高校からの付き合いで、互いに夢を追いかけて上京してきたKも、ついに父親になった。もともと優しい男だけど、パパになってより表情が柔らかくなった。

仕事が大変なときに無理矢理お邪魔してしまったので、K宅からは早々に退出。渋谷を経由して再び広尾の不動産屋へ。予めピックアップしておいてもらった物件をいくつか内見させてもらったが、どれも何かしらが引っ掛かり、結局決まらず。物件も洋服も、恋愛の対象さえそうだけど、出逢いには「これ!」っていうインパクトが欲しいんだよなぁ。
レジェンドな2人
101004_1.jpg
今年の合同お誕生日会のためにケーキを買ってくれたお礼と、少し遅めの誕生日祝いを兼ねて、好物の鰻を渋谷「いちのや」でご馳走。店に対する期待が大き過ぎたせいか、味や香ばしさ、接客など値段の割にはという印象。でも楽しい会食になったから、それが一番。
101004_2.jpg
半蔵門に移動して、「Boulangerie a」にて女優のたくませいこちゃんと再会。さっき食べたばかりなのに、ここのパンが本当に美味しくて、互いの近況報告などしながらペロリと完食。
夕方に一旦別れ、彼女は仕事へ、自分はヘアサロンで久々にパーマをかけて、夜再び中野で再会。仕事を早く切り上げてくれたPoさんも合流して、3人でいつものように「GARRET」へ。
付き合い自体はまだ短いのだけど、大好きで、本当に大事な存在となったPoさんとせいこちゃん。美味しい酒を飲みながら、2人のドラマチックで感動的な、しかも流石は関西人夫婦だけあって、随所に笑いが散りばめられた、衝撃的なカミングアウト話で盛り上がる。出逢うべくして出逢ったというか、愛すべきこのレジェンドな2人が、これからもずっと仲良しでいてくれたらと、心の底から思ったのでした。
追善舞踊会
101003.jpg
「日本橋公会堂」で行われた「六世柏木琴章師 二十三回忌 追善舞踊会」。
先生を含め、同門が8名も出演し、そのうち3人は同輩。そして1人はその同輩の娘hanaちゃん、1人は先生のお孫さんのErena。
傘寿を越えて尚、ご健在というよりは堂々たる先生の舞姿に驚嘆し、ずっと心配していたErenaの成長に涙ぐみ、同輩親子の初々しさに笑顔がこぼれ、成長著しく、あっという間に名前を取ったKさんの、納得の舞いに感動。そして同門のトリを飾ったNは、「玉屋」という非常に難しい演目を、諸先輩方に一歩も引けを取ることなく立派に踊りきった。この日のために上京した甲斐があった。嬉しいし、誇らしいし、勝手に感謝の気持ちでいっぱいになった。先生がお元気なうちに、今度は自分もと思わずにはいられないが、その余裕が生まれるのはいつになるだろう。Time waits for no one…。

夜は、8日に初日を迎える「Theatre劇団子」の公演、『愛知のオンナ』の通し稽古を見せてもらうため東高円寺に。本番を観られないことを非常に残念がっていたら、役者のAくんと主宰のIさんのご厚意で、急遽特別に通しを見せてくれることになったのだ。
久しぶりに味わう稽古場の雰囲気。ただの一見学者なのに、役者やスタッフさんたちよりきっと興奮していた。
装置も衣装も小道具もなしでの通しだったけど、役者の力量でそれらは容易にイメージできたし、テンポよく終始笑わせられてあっという間の1時間強。まさに、団子芝居の真骨頂。素晴らしかった。本番も間違いなく、客席を笑いの渦に巻き込むことでしょう。

稽古場を後にして、駅前の中華料理屋でAくんと飲む。演劇論、恋愛論、人生論を語りに語って、あっという間に終電タイム。彼とこうやって繋がっていられるのも、日舞のおかげだったりする。とても意義深い一日でした。
スイーツ腹
tellが午前中仕事だったので、ann姫のお相手をしながらsaoriさんと上京後の計画についてなど諸々話す。
101002_1.jpg
娘と約束したお土産を、ちゃんと買って戻ってきたtellと、午後からお出かけ。近場のラーメン屋で腹拵えを済ませ、広尾へと移動。さっきお昼を食べたばかりだけど、スイーツ腹が満たされていないよねとsaoriさんと強く合意し、駅近くの洒落たカフェに入る。広いテラス席で、ann姫もご機嫌。ガトーショコラに、勢いよくフォークをぶっ刺す。
101002_2.jpg
居心地のいいカフェで、ついついまったりと長居をしてしまい、肝心の物件探しは夕刻になってから。商店街の不動産屋に入り、条件を話した上でいくつか物件情報を見せてもらう。その中から1件だけ、最後に内見させてもらったときには、もうすっかり暗くなっていた。即決というわけにはいかず、非常に感じのいい担当者さんに、また後日連絡をもらうことにして、本日の物件探しは終了。

本当は夕飯まで一緒にと思っていたのだけど、空腹を訴える人間は一人もおらず、友人宅まで送ってもらってtellたちと別れる。満腹でもスイーツ腹は別腹。でもスイーツ腹が満たされていると、普通の食事は食べられない。
てっぱん
次の上京はTBSきっかけでと思っていたのだけど、10月からの新ドラマがスタートするこの時期、勉強会に割く時間を見つけるのは難しいようだ。とはいえ、悠長に待ってもいられないので、「顔を出します」と随分前から約束していた明後日の舞踊会をきっかけに、一旦東京行きを決意。

昨日から広島出張だったtellと、偶然にも羽田到着時刻が近いことが分かり、先に着いていた彼と到着ロビーで合流。品川で仕事だったsaoriさんが空港まで迎えに来てくれて、3人でtell宅へ帰る。

tell宅に着くと、ドアの向こうに先日3歳になったばかりのann姫。出張帰りのパパと一緒にやって来た、もうすっかり名前も覚えてくれた来訪者をも、最高の笑顔で歓迎してくれた。
101001_1.jpg
早速、tellのご両親と一緒に夕餉の卓を囲み、独特のもちもちっとした大阪風お好み焼きを戴く。お好みソースをかけ、さらにウスターソースもかけて食べるのも初めて。これが結構イケる。ご祖母様の元気そうなお顔も拝見できたし、こうやって4世代の幸せな食卓に加えてもらえることを、いつもながら本当に有難く思う。
101001_2.jpg
夕食後は、3台のチャリンコにann姫も乗っけて、4人でコンビニにアイスを買いに行った。買ってきたアイスを頬張りながら、ann姫にひとしきり遊んでもらい、彼女が眠った後は、お酒を飲みながら大人タイム。恒例になりつつあるこの時間。相変わらず大人は奇数だけど、幸せの度合いも鉄板なプレミアム・ナイト。

「てっぱん」といえば、今週から始まったばかりのNHK朝ドラと同タイトル。珍しく初回から欠かさず見ているけど、これがいいんだ。毎日朝から泣かされる。王道に勝るものなし。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。