*All archives* |  *Admin*

2010/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京へ
100127.jpg
2週間以上も更新が滞ってしまった。
いつもなら時を遡って、過去の記憶を掘り起こすところだが、今はその作業をする気になれない。
ま、とはいっても、数本の名画を鑑賞したことや、足底板HP作成に関わる打ち合わせ、人生初の確定申告、幾人かの旧友との再会、母を何度も病院に連れていったり、それから友人のダンス公演とか、また違った踊りの舞台など、特筆すべきことは…なくもないな。でも敢えて書かない。

実はこのままブログやめちゃおうかなと思っていたりしたのだが、今夜ふと、すごく身が軽くなったように感じた瞬間があって、今日のこの気持ちは大事に記しておくべきだろうと思った。

年始からずっと高熱で寝込んでいた母の調子が、ようやく落ち着いて元気になったこともある。
ジムを始めてから2週間、順調に4キロほど減量中。実際に体重が軽くなったということもある。
でも一番大きいのは、とあるきっかけがあって、再上京しようという気持ちが非常に強まったせい。
気持ちを失ったことは一度もなかったが、昨年の某試験後、モチベーションは落ちていたかもしれない。

今になって、ようやく火がついた。
風呂帰りに母に話し、少しずつ明日からでも準備に入ろうということになった。
まだ具体的なことは何も決まってないけど、踏み出せば、自ずと道は見えてくるだろう(この期に及んでのこの楽観ぶりには自分でも吃驚)。
とにかく、一日も早く東京に戻れるように。

気持ちを切り替えるためにも、本当に大切なものを再認識するためにも、来月頭に東京へ行く。
下準備として出来る範囲でもいいから、探せるものは探してこよう。

こんな風に思えるのは、友人の支えあればこそ。
闇の中だからこそ、大切な存在がはっきりと輝いて見える。
多謝。
スポンサーサイト
ジム初日
身体が鈍ると精神まで緩む。生活態度を改めるには、まず肉体改造から。ということで、思いついた勢いで昨日ジムに入会の手続きをしてきた。で、今日は早速朝からトレーニング。祝日でえらい混みようだったが、汗をかいて一日が始まるのは気持ちいい。

にしても、ゾーン限定で月会費3,465円は驚きの低価格。キャンペーン期間中で、入会金と初めの一カ月は月会費無料だったし。めっちゃ広いスタジオやプールは使えないが、有酸素と筋力トレーニングのマシンが使えて、サウナ・露天付きの風呂に入れるなら問題ない。新設5年目でマシンは最新だし。チェックイン時に渡されるリストバンドはロッカーキーにもなるが、通信機能が内蔵されており、使用前にマシンの所定箇所に翳せば、トレーニング実績がサーバーに送られ、ボディコンディションも含めて全てデータで管理される。もちろんそれらのデータは、端末でいつでもチェックできるようになっている。いやはや。

このジムのもう一つの利点は、大学から近いこと。トレーニングを終えたら、駐車場に車を置いたまま学校へ歩いて行ける。学食で昼食を摂り、午後からは勉強なり執筆なり。学校が休みの日は、今まで通り近所のカフェへ。とりあえずこのスタイルでやってみよう。

100111.jpg
今日のお昼は学校が休みだったので、高校時代に部活前によく食べに行った「粋人(すいじん)」というお店でチキンカツカレーを。懐かしい味。甘口なのだけど、ここのカレーと天津飯の味はクセになる。店の場所は変わったけど、味は変わらない。でもあの頃は大盛りでもペロリだったのに、今は半分も食べられない…。

のぼうの城
午後、高校時代の友人が家まで訪ねて来てくれた。昨日の記事でも紹介した近所の喫茶店で、互いの近況やら、昔話などに花を咲かせる。彼も来月にはパパになる予定。子が授かるまでの、今となっては滑稽な苦労話など聞いていただけに、一カ月後無事に、元気な赤子が産まれることを心から願う。
nobou.jpg
和田竜の『のぼうの城』を一気に読了。史実と相違する点が指摘されたり、歴史小説としては軽過ぎるという批判もあるようだが、ドラマとしては非常によくできている。と思ったら、元来脚本家で名をあげた人らしい。寄せ手側はともかくとして、城を守る人々(士農共々)のキャラがとても魅力的に描かれている。主人公がこれほど前面に出てこない作品も初めて。描き足りないと言えなくもないが、それも作者の意図なのかも。
松の内も過ぎた頃に
寒い朝は、玄関からポストまで小走りで新聞を取りに行く。袢纏の襟を締めながら、「寒い寒い」と脇目も振らずに。でも、今日のような穏やかな日は、庭の草木にも目を遣る余裕ができる。

100109.jpg
ぽつんと一輪、赤い木瓜。

100109_2.jpg
開花を待ち兼ねる蝋梅。
蝋梅の黄色い蕾は、冬の空に映える。

松の内も過ぎて、随分遅くはなってしまったが、母を連れて椿神社に初詣。
100109_3.jpg
おみくじは、大吉でした。いいことばっか書いてあった。今年こそ頑張らなきゃと思わせてくれました。実は、二度目に引いたやつだけど。ま、でも大事なのは自分の気持ちだから。

最近、イライラすることが多い。実は非常に孤独だったり、年初からいくつか欲望に規制をかけているから、そのストレスだったりするのかもしれない。クリアしなければならない大きな課題はたくさんあるけど、まずは生活態度から改めよう。弛みきった肉体と精神に喝を。

100109_4.jpg
昨年末から勉強や執筆に利用しているご近所のカフェ。営業時間も長いし、珈琲も美味いし(因みに画像はココア。写真撮る前に口をつけてしまった)、電源も貸してくれる。家族連れの客が多いせいで、週末やコアタイムは賑やかな感じだが、慣れてしまえば苦にはならない。強いて難点を挙げるとしたら、メニューのネーミングがいちいち可愛すぎるくらいか。オーダーする度に照れてしまう。
少年時代
柏原兵三の小説を藤子不二雄Aが漫画化し、篠田正浩監督が映画化した『少年時代』を観た。戦時下の昭和19年に富山に疎開した東京の少年と地元の少年。その二人の友情と葛藤。自らのプライドを守り、威厳を保つために暴力を振るう田舎のガキ大将。不器用さ故に力に訴えることしかできず、結果生まれた反対勢力によって力を奪われてしまう。しかし、孤独な敗者となっても、彼は彼なりの信念を貫いて強く生きる。権力争いの中で翻弄されながらも、自分らしく誠実に振舞おうとする転校生の主人公よりも、田舎のガキ大将の方がよほど魅力的に描かれている。東京に戻っていく少年の汽車を、彼からの贈り物を手に、ガキ大将走って追いかけるラストシーン。井上陽水の曲がかかって涙腺決壊。父も絶賛したというこの映画、とてもいい作品だった。

100108.jpg
久しぶりにフレンチトーストが食べたくなったので、ドラマ『ブザービート』のそれっぽく作ってみた。もうちょっと甘くてもよかったかなとも思うけど、メープルの代わりに蜂蜜かけて食べたら結構美味かった。
アバター
avater.jpg
ジェームズ・キャメロン監督の話題作『アバター』を観てきた。「これは映像革命だ」と各界で絶賛の嵐を巻き起こしているこの映画、確かにその迫力たるや圧巻。お手本のような王道を行く脚本で、破綻こそないものの新鮮味のないストーリー。なのに2時間42分という長尺を感じさせないのは、映像が凄過ぎるから。六本木のTOHOや新宿バルト9のような、映像も音響も素晴らしい劇場で観たかったなぁ。でもやっぱこの内容なら、アニメで充分だったんじゃないかって気がしなくもない。何はともあれ、絶対に映画館で観ておくべき作品。3Dの迫力を満喫するなら、絶対吹替版がオススメ。吹替でも何度か字幕が出るのだけど、字幕まで浮き出てくるのは興醒めな感じだった。
謹賀信年
sinhachikara.jpg
2010年の幕開け。
さて、今年はどんな年になるのか。現段階では全く想像がつかない。

昨年の正月には書き初めなんてものをしてみたりして、熟考の末に転機の「機」という字を書いた。
職場を失い、東京から松山に戻り、国家試験を受けてはみたものの不合格。どれを取っても、如何ともし難く、自分なりに納得せざるを得ない結果ではあるものの、前進を期して書した「機」に見合うものではなかった。いまだ好転の兆しさえ見えてこない現状ではあるものの、今年は積極的に動いていこうと思う。

前進するための具体的な材料が手元にない以上、自分を信じて一歩踏み出し、突き進むしかない。
そう思うようになったのは、昨年末の京都旅行で、我が心の師である山口監督に出逢い、彼の信条である

「信は力なり」

という言葉を戴いたからだ。ラガーマンだった頃、常に心に抱いていたこの言葉だが、今はもうすっかり忘れかけていた。チームメイトを信じるだけでなく、己を信じること。何においても、まずそこから始まる。なのに、一番肝要なそこがブレていることを改めて反省。自分を信じられない自分を好きでいられるはずがなく、自分を好きでいられない自分が、誰かから好かれるはずもない。こんな情けない自分でも見離さず、今でも傍にいてくれる人たちに感謝しつつ、その期待に応えられるような自分になれるよう頑張ろう。

「信は力なり」
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。