*All archives* |  *Admin*

2005/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050529
20050529.jpg
9時半に仕事を終えて急いで帰宅。準備をして六本木へ。昨年の舞台で共演した女優さんから紹介されたカメラマンさんと待ち合わせて、彼の撮影に協力。ヒルズや麻布の街角で数十枚の写真を撮ってもらった。宣材写真を撮るときでさえカメラ前に立つ居心地の悪さといったらないのに、モデルとして自然に、かつ存在感を持って被写体になれるかといったら……。どんな出来だったかは、郵送してもらえるはずの写真を見てのお楽しみ。その写真がどう使われてどんな作品になるのか。100人の夢を追いかける若者たちを撮るつもりらしい▽日本ダービーはディープインパクトが期待通りの圧勝で無敗の2冠達成。あの武豊が緊張している姿は新鮮だった。この馬、怪我さえしなければ負けないんじゃないだろうか。昨年の年度代表馬ゼンノロブロイより、土曜に金鯱賞を勝ったタップダンスシチーより強いのではないだろうか。そしてこの馬なら、海外へ行ってもきっと通用する。負け知らずのまま海を渡り、凱旋門でガッツポーズを決める武を見せてくれ!
スポンサーサイト
20050528
20050528.jpg
昼前に起きて千駄木へ。駅でtellと待ち合わせ、狭い路地を入ったところにある小さいけれど小洒落たプレートランチを出すお店で来月行く予定の屋久島旅行についての打ち合わせをしながら昼食。どうしても行きたい場所を2、3ピックアップしてtell宅へ▽いれてくれたアイスコーヒーを飲みながらしばし雑談をした後、パソコンから鹿児島―屋久島間の船・飛行機と初日の宿を予約。とりあえず1泊目はユースホステルに決定。1ヶ月の間に35日が雨といわれる6月の屋久島なので、多分どこの宿もガラガラだろう。そうでなくても屋久島には宿泊施設がたくさんあるらしいので、今から全日の宿をおさえる必要もない。なんといっても今回の屋久島旅行は2005年の「行き当たりばっ旅」なので、万事計画通りに行動するなんてありえないのだ▽さらにホームページ関連の打ち合わせも少し。来月からこの日記もついにブログ移行する予定。この日記を更新するのって実はとても手間のかかる作業。滞りがちで、「またしばらく日記更新されてないね」というコンプレもこれで少しは減らせるのでは。過去の日記も読めるようにしておくので、どうぞよろしく▽明日はいよいよ「日本ダービー」。今夜は泊まりで仕事なのだが、競馬好きのおっちゃんと大予想大会になるはず。ディープインパクトは一体何馬身差で圧勝するんだろう。
20050527
20050527.jpg
もう何ヶ月も前に書類を出して何の連絡もなく、先日ようやく一時通過の電話があった映画『ガベージ・ファクトリー』のオーディションがあり、そのために今日は一日休みをもらった。会場は自由が丘の駅からしばらく歩いたところにある「緑ヶ丘文化会館」▽受付を終えて大きな会議室に入りアンケートを記入。その後カメラテストを兼ねた自己アピール。そして部屋を変えて監督やプロデューサーなどの前で台詞読み。それほどは緊張してなかったはずなのに、最後の台詞で、かんだ。がっくし。この映画、とても出たいのだ。何ヶ月か前の日記に原作本を読んだ感想を書いたが、久しぶりに胸の熱くなった本で、映画化されるならどんな小さな役でも、なんだったらスタッフでもいいから関わりたいと思っている。絶対いい映画にしてほしいし、この作品が現代の若者に理解され、支持されるようなら日本の未来はまだまだ捨てたもんじゃないと思える▽かんでしまって少々ヘコみながら会場を出たところで一服していたら、台詞読みでペアになった青年が隣に来て煙草に火をつけた。上出来とは言い難い演技を振り返りながら、お互いのことを少し話す。なんとなく打ち溶け合って、これから彼が向かう予定だというインフェス(インディーズムービー・フェスティバル)の関係者が来る寄り合いについて行くことに。インフェスやPFFに出品し入賞した監督や役者、スタッフさんなどがたくさん来るらしく、『ガベージ・ファクトリー』の中村監督も顔を見せるはずと聞いては行かない手はない▽中目黒から目黒銀座のドンツキまで行ったローソンの隣にある「ASMARA」という店(ここのサラダ美味しかった)が会場。着いたときにはまだスタッフの人が数人だったが、夜9時を回る頃には座れない人も出るほど店内は映画人で溢れかえっていた。待望の中村監督も来られて挨拶もできたし、以前PPFで入賞した監督から出演依頼の声もかけていただいた。その他、役者や監督などたくさんの出会いがあり、刺激的な話も聞けてとても有意義な時間を過ごせた。この出会い、大事にしていきたい。そして何より『ガベージ・ファクトリー』に出演決まるといい。
20050525
20050525.jpg
仕事終わりで中野へ。今夜は友人に誘われて『東京ビタミン寄席』というお笑いライブを観に行く。場所は「なかのゼロ」。総勢16組が登場し、中には昨年の「M?1グランプリ」のファイナリスト「東京ダイナマイト」や「飛石連休」もいて入場料900円にしては豪華なメンバーが顔を揃えた▽昨夜はほとんど眠ることができず、肉体的にも精神的にも限界に近かったが、無理矢理にでも笑うことで少し元気になれた気がする。面白かったのは「さくらんぼブービー」。初めて見たのだが、この面白さはハマる。あまりにくだらない。あのテンションに引いてしまう人もたくさんいるだろうが、一旦引き込まれてしまうとクセになってしまう。あと、「ダンディ坂野」。ネタ自体はさほど面白くないのだが、稀にみる温かい客の反応に、嬉しくて饒舌になっている姿がかなり笑えた▽ライブが終わると、飲みに行く友人たちと別れて帰宅。元気なくても疲れていても、それを見せないでいられるようにならなきゃな……。
20050523
20050523.jpg
仕事を少し早めに退けさせてもらって歯医者へ。今日は洗浄と薬を塗るだけなので5分ほどで終了。来週には空いた穴が塞がる予定▽その後、東銀座の「東劇」へ。2夜連続の映画。今日は『バタフライ・エフェクト』を観賞。教えてもらわなければ上映していることさえ知らなかった。こんなに面白い映画を危うく見逃しそうでした。サスペンスでありがなら究極のラブストーリー。人間の「記憶」を題材にした映画は今までにも多く作られてきたが、これは本当によくできた作品。ゲーム的で、ある部分タブーを冒している気もするが、緻密に練り上げられた構成と、物語の切なさ奥深さが違和感を帳消しにしている。今年初めに観た『SAW』以来の衝撃。オススメです。『コンスタンティン』観にいこうかどうしようか迷っている人は、こっちに行くべし。『コンスタンティン』観てないけど。そして観るなら渋谷でも新宿でもなく東銀座の「東劇」で観るべし。とっても快適でした。
20050522
20050522.jpg
昼過ぎからようやく行動開始。忙しい上に深夜勤務があったり体調も崩したりで、おまけに金曜の夜は1時間ちょっとしか寝てないのに昨日一日フルで動いたため疲れが相当蓄積していた。折角の休日だから朝から動きたかったが仕方がない▽ブレーキの調子が悪い自転車を修理に出したついでにコロッケとエビカツをお昼ご飯に買って帰る。食べながらオークス観戦。今春やっと勝ちました。長かった連敗街道からやっと脱出。最近の予想は復調気配。「Derby」のページ、期待してください▽渋谷に出て、久しぶりに書店でゆっくりとした時間。探していた本はあったのだが、価格がなんと4500円。専門書って売れないから半端じゃなく高い。結局図書館でコピーしたりしようかなって感じで不買。その後某大型電気店のゲームコーナーへ行き、PSPを前にして散々悩んだ挙句これまた不買。来月末締め切りの本をちゃんと書けたら自分へのご褒美に買うことにした。あ、てことは買うとしたら7月入ってからか。3日は誕生日。あーざーっす!▽修理が終わった自転車を受け取ってから夕飯を食べ、夜は話題の映画『交渉人真下正義』を観にいく。『踊る大捜査線2』より断然面白いという前評判で、監督が自らの代表作と豪語するこの作品、キャストこそ地味だが確かによくできていて面白かった。でもあの事故直後の公開となってしまったのは不幸な偶然だ。遺族は絶対観られないだろう。観ないほうがいい。
20050521
20050521.jpg
朝まで仕事。1時間半くらいしか寝ていないのにさほど眠くもなく。とはいえ活発に動く気にもなれず。日中から布団に潜り込むのはとっても贅沢なことだけど、最低限の睡眠時間を確保することも必要なことなんだけど、でもすごく勿体ない気もして▽夕方からぼちぼち出かける準備をして、「中野ポケット」で公演中の芝居『ハイポキ』を観にいく。数年前、「東京ヴォードヴィルショー」の養成所に半年ほどいたとき同期だった人間がプロデュースし、「モダンスイマーズ」の蓬莱竜太が作・演出した舞台。養成所の先輩、同期、さらに一期下の役者に客演数名。彼らの演技も気になるところではあったが、最大の関心は劇作家の蓬莱氏。業界で引く手数多の売れっ子劇作家で、周囲の評判も高い▽ホンはよくできていたし、役者も良かったと思う。でも、心に残るような芝居だったかというとさほどでもなく。上手くまとまっているなという……。物語には話を引っ張る魅力的な主人公が必要なんだなと強く認識させられた。主人公にいかに感情移入し、舞台で共に生きる疑似体験できるかが大事。舞台、特に小劇場の芝居はその制作上、極力キャスト全員になるべく平等に活躍する機会を与える必要があったりする。それらをクリアして、さらにドラマ性の高い良質な物語を作れたら最高なんだけど▽終演後、同期だった数人に声をかけてから帰る。劇場の外で友人と一緒にいた「Theatre劇団子」の石山さんを紹介してもらう。いろんな意味で気まずい。実はこのホームページも観てくれていたらしく、恐縮しきり。でもとってもいい人だったので、ホッとする。機会があったら是非飲みに行きましょう。楽しみにしています▽新宿の「SAMRAT」でカレーを食べて帰る。バターナンが超美味。
20050519
20050519.jpg
午前9時半、24時間勤務終了。昨夜は一晩中歯痛にも悩まされたし、疲労困憊。一旦帰宅してから少しだけ寝て、15時半に無理矢理予約を入れてもらった歯医者へ。本当はせめて夕方くらいまで寝ていたかったが、治療を翌日に延ばせる痛みではなく▽治療を終え、友人がお手伝いをしている青山の某靴店でのイベントに顔を出す。店にいる人たちはほとんどスーツ姿。友人と少し会話を交わし、でも心地よい居場所も見つけられず、仕事を終えて来るtellを待ってそそくさと退散▽青山通りのうどん屋で夕食。そこそこ美味しかったけど、あの値段には参ったな……。やはり青山はまだ分不相応ということか。tellとの別れ際、中国出張のお土産に北京ダックを戴く。出張の話を聞いたとき、洒落で言ったつもりが本当に買ってきてくれるとは。感謝。でもどうやって調理したら良いのやら……。
20050518
20050518.jpg
午前中通常通り働いて、午後から六本木ヒルズへ。といっても遊びではない。昨夏、シナリオセンターの夏合宿の会場だったアカデミーヒルズで行われた「楽天トラベル」との新契約に関する説明会に参加。あまりに一方的で、弱者の足元を見た契約内容。IT企業らしい「これが時流です」と言わんばかりの傲慢さに憤慨。なんともドライな世の中になったものだ▽説明会終了が17時過ぎで、予定通り直帰すべく職場に連絡を入れると「今すぐ戻ってくれ」との指示。今夜勤務だった職員が緊急入院することになったらしい。とても心配。前々から約束していた予定もキャンセルして、とにもかくにも原宿へ戻る。そしてそのまま24時間勤務がスタート。歯が痛い。猛烈に痛い。
20050514
20050514.jpg
水曜に五反田で一緒にお蕎麦を食べたKenさんのライヴへ。場所は渋谷で最も艶っぽいエリア、円山町にある「club asia P」。「APARTMENTs」のライヴに行くのはこれで2回目。最近は街頭も含め結構頻繁に活動していて、毎回ご案内メールをもらうのだがなかなか時間を作れない。いつも職場ではお世話になっているのに申し訳ない▽水曜日の日記でも触れたが、彼らの新曲『カナリヤ』がとても良かった。スパニッシュ風でとても情熱的なメロディーだがその詩はとても切なく、歌の生まれた背景を知っているだけにKenさんの魂の叫びが心に響く▽ライブ後、外で熱を発散させていた彼と少し話す。その後、観に来ていた職場の人と渋谷の蕎麦屋で食事をして帰宅。今度は街頭で歌っている姿を見てみたい。
20050511
20050511.jpg
仕事後、昼間一緒に働いている「APARTMENTs」のkenさんと五反田にある「昭月庵」という老舗の蕎麦屋さんへ。同じバンドでドラムを叩く、いかにも人の良さそうなkohjiroさんが作ってくれたコシのある手打ち蕎麦は本当に美味しかった。kenさんが絶賛する味噌焼きも最高。これだけで御飯三杯はいける。四国の人間だけに蕎麦よりも断然饂飩派なのだが、これぐらい美味ければ目の前に二品並べられて迷うかもしれない。ご馳走様でした。また近いうちに食べに行きます▽一旦恵比寿に出て、代官山経由で渋谷まで歩くと言うkenさんと一緒に駒沢通りを歩く。波乱万丈の彼の人生。一つ一つのエピソードがドラマのよう。それも昼ドラ系。「APARTMENTs」自信の新曲、『カナリヤ』が生まれた背景も聞くことができた。今週土曜日に渋谷で行われる彼らのライブがとても楽しみ。
20050510
20050510.jpg
仕事を終えて、渋谷で友人と会う。いきなりとってもコアな話。まだ出会って1年も経たないとは思えないほど。日本の行く末を憂い、自分たちの為すべきこと、そしていずれ成すべきことについて熱く語る。「幕末かよっ!」って感じ。でもプライベートな事に関してはお互いほとんど知らなかったりして。そういう間柄っていうのも面白い。今だから話せることは、思い出話じゃなくて、打破すべき現状と、掴み取る未来の栄光について。
20050509
20050509.jpg
夜、久しぶりに花屋に寄ってみて鉢植えの木なんて買ってみた。居住空間に植物があるだけで違った気分になる。記念日やちょっとした気分転換に綺麗な花を買うのも好きだけど、土に根を下ろし「生きていく」っていう気持ちを共感できる方がいい。だから本当は強制的に成長を抑制させられる鉢植えより、大地に芽吹き、太陽に向かってどこまでも伸びていく大樹にこそ気持ちは熱くなるのだけど。来月は屋久島に行く予定。各国を旅するカメラマンをして世界で一番美しいと言わしめた緑の島で、何かがきっと待っている。気がする▽深夜、ツッチーからの電話。人生を左右しかねない大事な岐路に立ち、決断を迫られている彼。無責任な発言だったかもしれない。でも一人の友人として、夢を追いかける一戦士として、熱烈なファンとして正直な気持ちを伝えたつもり。話していて、心の底から熱いものが込み上げてきた。青春だなぁ。青春してるなぁ。頑張ろうぜぃ!!
20050508
20050508.jpg
今日は遅いスタート。昼すぎに起きてゆっくりと出かける準備。一旦恵比寿に出て、忙しい日曜日の束の間の休息時間だったスタイリストのNORIくんを呼び出す。妙なところから生えている毛がとても気になる。抜こうとしたら怒られた▽雑貨屋など冷やかしながら駒沢通りを歩いて代官山へ。食事をしてから街をぶらぶらと歩く。少し肌寒かったせいか西郷山公園に人も少なく、いつも恋人たちに占領されてしまうベンチに老犬を連れた老婆。長年連れ添った一匹と一人は何を想い、どんな対話をするのだろう▽駒沢通りと旧山手通りの交差するあたりにできた「UNIT」へ。先月、駒沢公園近くのカフェでお会いした井出さんプロデュースのライヴイベント。基本的に所謂クラブ的な雰囲気って苦手なんだけど、今回は友人もたくさん来ていたし、新たな出逢いもあって楽しめた、方かな▽お目当ての金原千恵子さんのライブは素晴らしかった。有名アーティストのお抱え的な凄腕ミュージシャンをバックバンドに澄んだヴァオリンの音色がホール中に響き渡る。昨年の誕生日に「NIGHT SHAKER」の打ち上げから「fai」に流れたとき、彼女の音と出逢った。どのメロディーにも物語を感じられる彼女の楽曲が聴いていて本当に楽しい。
20050504
20050504.jpg
早々に仕事を切り上げ、池袋で待っていてくれたツッチーと合流して練馬へ。今夜は友人宅でちょっとしたホームパーティー。チーズケーキとお酒を手土産にドアをノックすると、そこのアパートでルームシェアをしている女性2人が美味しい料理を作って出迎えてくれた▽新緑が目に鮮やかで、もうすっかり初夏の装いの今日この頃だが、友人と食卓を囲むなら時期を問わず鍋が最適。美味しさに目を丸くしながらご飯を2杯もお替りしてたくさん戴きました▽音楽の話、映画の話、思い出話、もちろん恋の話も欠かせません。心地よい空間で、楽しい会話が繰り広げられた。さらに今日はツッチーと『最後の約束』に関する打ち合わせも大事な用件の一つで、先日広瀬さんと仮録したMDを渡し、説明と要望を伝える。名曲「アイアルセカイ」に負けない素敵な曲を期待しています。話の流れから、今年のクリスマスに向けての企画なんかも持ち上がり、それが実現したらと想像するだけで高揚した気分に▽毎度のことだが、楽しく充実した時間は光の矢の如く過ぎ去る。いやぁ、しかし今日はツッチーの意外な面をたくさん見聞きして驚きの連続だったなぁ。楽しかった。そして美味しい料理とコーヒーを振舞ってくれたお二人、ご馳走様でした▽余談だが、「魔法の杖」という占い本には驚いた。イエス・ノーで答えられる今自分が一番気になっている質問を思ってページを開くのだが、そこにはまさにその質問のために用意されたような答えが書かれてあるのだ。そこには「自分の思い通りにできるなら、成功します」と記されてあった。どんな質問だったかはご想像に難くないと思います。
20050502
20050502.jpg
夜、渋谷でtellと待ち合わせ「spuma」へ。今回は誰かのライブが目的だったわけでもなく、落ち着いて話せる場所を探しながら彷徨っていたらここになったという感じ。ライブをやるアーティストによって当然客層が変わり、その結果店の雰囲気までいつもと違っていた。なんだか今日は落ち着かない感じだったなぁ▽食事をしながら聞いたtellの言葉に強いショックを受け、自分でも戸惑ってしまうほど動揺する。分かってはいたことなのに、これほどの激震が走るとは。地に足の着かない状態のまま、とりあえず場所を変えようということになり下北沢へ▽随分と久しぶりにスズナリ横丁の「DAYS」へ。一時は毎週のように通っていたのに。カウンター越しにお酒を作ってくれる友人にとても他人事ではない他人事と、思いっきり個人的な報告を1つずつ。他のお客さんからも祝福され、店内に幸せな空気が漂う。GW中休業している隣りの「ハピラキ」のゆうさんも遊びに来て、ひとしきり賑った後帰宅。tellとは今度ゆっくりサシで飲みに行かなければ。
20050501
20050501.jpg
六本木ヒルズのフリマを軽く覘き、近くの広場で遅い朝食。GWと無縁なだけに、今日は期間中唯一の休日、せめて日中だけでも雨に降られずにすんでよかった。いかに晴れ男といえど、一年中雨が降らないはずはない。どうしても降ってほしくないとき、せめてこの数時間だけでもって間天気をもたせるのが真の晴れ男(なんのこっちゃ)▽午後から上野動物園に。実は生まれて初めて。愛媛にも「とべ動物園」という多分上野より大きな動物園があって、学生時代に何度か行ったことがある。広いし動物の種類も多いのだが、やはりパンダはいない。とても楽しみだったのだが、客に楽しんでもらうことよりいかに列を乱さず素早く移動させるかということしか頭にないバカな警備員のおかげで、全然ゆっくり見られなかった。しかしやっぱり動物園って楽しいより切ない気持ちになる。狭い檻に入れられて、見せ物になって。飼育員がどれだけ愛情を持って接しても、人間のエゴに変わりはないわけで▽銀座に移動して一息ついていたところに友人からメール。撮影に使用した日本全国から集めた甘味があるけど食べに来ない?というお誘い。下腹の肉が気になる今日この頃、少しだけ迷ったが結局呼ばれることに。池袋の友人宅でケーキバイキングさながら甘いもの尽くし。美味しかった。ジム通わなきゃなぁ…。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。