*All archives* |  *Admin*

2004/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20040628
20040628.jpg
やっと休日。ここ数日は仕事から帰って何も手につかなかった。ということで日記も更新がこんなに遅くなってしまいました(なんと6月21日まで遡って更新)。何度も反省しているのに、またまとめてズバンと更新です。来月からは頑張ります(本当かよ)。24日のNIGHT SHKERのイベントの模様も、極力今週中になんとかしたいと……すみません▽さて、平身低頭して謝ったところで、今日はまず心身共にリフレッシュしなければと、例によって例の如く「丘の湯」へ。今日は贅沢にマッサージまで受けてしまいました。完全復活。めっちゃ元気になっちゃいました。やっぱこういう日が必要ですよね▽夜は友人を誘ってHARAHORO SHANGRILAという劇団の『受付の女たち04』を観て来た。2001年の5月に行われたものの再演で、自分は初演も観ている。ネタを知っているだけに、笑いの数は当然減ってはしまったが、やはり面白かった。とはいえ、今回の再演がどれほど意義のあるものだったのかは疑問。本の内容もキャストもほぼ同じで、コメディを再演すること。初めて見る人には何の問題もないんだろうけど、うーん……▽ここの演出家の中野さんは、直接知らないけどとっても尊敬しているし、影響を受けている人物。劇団のホームページで彼の日々の雑記「日常の断片」は常にチェックしてて、彼が賞賛した映画や本はほとんどチェックしているほど。実はこの日記、そのページのスタイルを模倣していたりする。ここ一ヶ月ほど雑記が更新されていないため、今回の芝居についても彼がどう捉えているのか分かりかねるが、彼のことだ、思惑はあるのだろう▽舞台本番ギリギリまでホンが上がらず、直前まで死に物狂いで稽古しているいつもに比べて、今回は再演ということもあって稽古量充分、余裕をもって本番に望めたようだが、実はそれももしかしたら逆効果だったりしたのでは、なんて勘繰ってしまったりもした今回の公演でした。▽ずっと観てきてる劇団だし、好きな劇団だし、強い思い入れのある劇団だからこその辛口批評になってしまいました。生意気書いちゃってすみません。僕の知ってる役者さんたち、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト
20040627
20040627.jpg
今日はDerbyのページ「2004春のG1十番勝負」の最終決戦、『宝塚記念』だった。これまでとことん負けてマイナス収支も半端ではなかったのだが、今日はズバリ的中!!見事、有終の美を飾りました。teruは……だったけど。ま、彼は今タイに出張中だからね、満足な情報も入手できない状態だったし、無理もないんだけど▽仕事が終わってから、ショーを観に来てくれた友人が今回の労をねぎらって甘味をご馳走してくれるということで、新宿駅西口のタカノフルーツパーラーへ。実は高野へ入るのは今回が初めて。店によってはもっと洒落ているのかもしれないけど、千疋屋にしても以前アルバイトをしてた高級デザート店にしても、意外と店内微妙なんだよなぁ。ウチは味で勝負っす。内装なんて拘らないっす。みたいな感じなのかしら▽で、友人オススメの季節限定「桃パフェ」を戴く。甘い桃がたっぷりと乗っかった見るからに美味しそうなパフェ。1300円という値段に見合うほどかというと少し首は捻りたくなるが、でもとっても幸せな気分でした。食べ終わってから写真撮るの忘れたことに気づき、相当ショック▽桃といえば、毎年夏に桃狩りに信州へ行く。もう5年連続行ってるかなぁ。teruも一緒に行くようになったのは3回目からか。その夏の桃狩りを思い出すと、その頃その頃の思い出が鮮やかに甦ってとても切なくなる。切なくなったので、今日はこの辺で。
20040625
20040625.jpg
昨夜はショーが終わってもすぐ帰宅する気になれず、店が終わるまでキャストやスタッフの人たちと話をしたり、久しぶりに激しく踊ったり、お茶を立ててもらったりして楽しんだ。当然終電は終わり、友達の家に3人で雑魚寝。みんなくったくたに疲れているのに、最後の余力を振り絞って、睡魔と闘いながらショーを振り返ったり、とりとめもないバカ話をした。こういう他愛無い時間がとても貴重で愛おしい▽朝起きて、出勤する友人と朝マックをしてから一旦帰宅。シャワーを浴びて出勤。今日は一日、まさに夏の夜の夢だったような昨夜の余韻に浸りながら一日を過ごしました。
20040624
20040624.jpg
いよいよNIGHT SHAKER本番当日!
20040623
20040623.jpg
朝方、TONKAさんからメールをもらう。昨日の帰り際、人物の全体像を掴み、より生きた物語を作るために各々バックボーンを考えてみようと話していたのだ。早速彼女は、芸事の道に身を捧げた辰巳芸者、橘という女についてのストーリーを考えてくれたのだった。内容を是非紹介したいので、NIGHT SHAKER終了後にup予定のショーの模様とともに公開できればと思っている。もちろん、こちらも負けてはいられません。朝5時までかけて橘に恋する武士、鵜飼という男について掘り下げてみました。こちらも合わせてご覧下さいませ▽多忙の中、貴重な時間と労力を割いて、橘という役に取り組もうというTONKAさんの真摯な姿勢に感激。彼女の足を引っ張らないためにも、やれることに全力を尽くそう。希望の光が、さらに強く輝き始めた。
20040622
20040622.jpg
午後、昨日行けなかった「丘の湯」へ。ゆっくりはできなかったが、ちょぴっと癒された。今回初めて「寝転び湯」にも浸かったし。10人分くらいのスペースはあるのだが、大人気でいつも寝転べないのだ。枕は堅いけど背中が温かくて、天気良かったからお腹もポカポカで、気持ち良かったぁ▽夕方、新宿で友人のパソコンを選びに付き合い、お礼に夕飯をご馳走になってから、20時半に青山orbientへ。ショーを明後日に控えて、本日が初のリハーサル。まだ顔合わせさえ済んでいない人も何人かいたくらいで、とってもとっても不安▽はじめに軽くキャストとスタッフの紹介があって、台本の流れを説明。何はともあれ、時間がないということで、現時点で揃っている衣装に着替えて動いてみることに。芝居でもなく、所謂ファッションショーでもない。演者も、歌手がいて、役者がいて、モデルがいて、料理人がいて、主婦がいて……。言ってみれば烏合の衆である。規範もなければ通例もない、順路を指し示す矢印などないのだ。まさに手探り。でも手探りだからこその面白さっていうのもあって、もちろん不安もプレッシャーもある中で、それを楽しめているのは新鮮だった▽課題はたくさん残されたまま、終電の時間になって解散。次は本番当日、店がオープンする前の数時間で、ある程度見せられるものしなければならない。特に、主役の2人(自分と、相手役の歌姫、TONKAさん)は物語を引っ張っていかなければ。役の理解を深め、動きもよりスムーズに。考えなきゃいけないことは山ほどある。
20040621
20040621.jpg
案の定、「丘の湯」には行けなかった。台風の日の露天風呂ってのもちょっと興味そそられたけど、アシがバイクしかないので仕方なく断念▽軽くシャワーを浴びて少し時間ができたので1時間ほどの仮眠。夜、前の職場の友人と下北沢で食事。台風だから次の機会にという案も出たが、そうなると来月まで持ち越しになりそうだったので強行。風はそこそこ強かったが、雨も小雨程度に収まって、結果的に正解▽一緒に働いていた職場は某有名焼肉店だったのだが、若い男女が相当数いたこともあって、そこで繰り広げられた色恋模様はかなり多く、複雑に入り組んでいた。ほぼ全員がその渦中に巻き込まれ、次々と生まれる衝撃的な噂は、時に誇張され、時に歪み、一日にして千里を駆け巡ってはより斬新で強烈なものへと進化していった▽噂って怖い。どこでどんな風に伝わっているか分かったもんじゃない。でも噂を気にするあまり臆病になったり、疑心暗鬼になったりするのは嫌だ。人がなんと言おうとおかまいなしって生き方は、相当強い心の持ち主か、相当無神経なヤツにしかできない。「世の中の人は何とも言わば言え、我が為すること我のみぞ知る」坂本龍馬はカッコいいぜよ。
20040620
20040620.jpg
そろそろやるんじゃないかと思っていたら、やっぱりやってしまいました。本日起きられず、30分の遅刻。昨夜は目覚ましをセットもしないでいつの間にか意識を失っていた。よく起きられたものだ(て、褒めてどうする)。駅から職場まで距離があるのでこういう日はタクシーを使う。30分遅刻して、660円払う。何やってンだ。今日は12時間労働の日。そして明日は朝6時始業。つまり5時起床。因みに今は2時半。明日仕事終わったら「丘の湯」直行だな。あ、台風……。国土交通省防災情報提供センターのリアルタイムレーダーで見ると、四国は台風上陸直前のようだ。四国にいる現地リポーターさん、掲示板に台風情報お願いします。「ウチ酒屋なんだけど、看板飛んでっちゃったよ」とか、「学校休みになったけん、子供とアンパンマン見よらい」とかね。子供の頃台風って、ワクワクして好きだったなぁ。
20040618
20040618.jpg
またまた日記が滞っている。イベント終わったらちゃんとしますので、「どうせ一週間に一度くらいしか更新されないんだから、日々チェックしなくてもいいっしょ」なんて思わないでちょくちょく遊びに来てくださいまし▽昨日の夕方、teruがタイに出発した。今回は一年に一度の長期出張ということで帰国は来月になるかもしれない。宝塚記念を前に逃げ出したという説も……(嘘だけど)。今日は早速現地から日記を送ってくれた。ちゃんと画像つき。毎日のように仕事後は接待接待で観光する暇もなく、ホテルに戻るとバタンキュー(死語)な日々らしいので、毎日ってわけにはいかないだろうが、teruの日記を待ち侘びている人たちのために頑張って送ってほしい。てか、頑張らなきゃなのは自分か▽そういえば昨夜teruの夢を見た。なんかteruばっかやたらモテてて、ひたすら悔しい思いをする夢だった。なんでそんな夢見たのか分からないけど▽夜、仕事の後に3月の舞台で共演した女優さんとファミレスでお茶をしながら近況報告。「一体自分はどこへ行くのだろう」将来を楽観するでもなく、悲観するでもなく、ちょびっとだけ現実逃避して夢を語った。
20040617
20040617.jpg
一週間レンタルで借りたビデオを見る時間もない日々が続く。部屋もかなり荒れ果ててきた。休日の日にはまず掃除洗濯から。でもここ最近はその時間さえない。部屋が片付いてると、頭の中も整理されてて、能率的に事が運ぶのだが、散らかってると明らかに後でやるべきことを優先してしまったりする。それも意図的に。ダメなのに、あっち先やんなきゃなのにと思いながら、どうでもいいことに時間を浪費している自分。片付けなきゃと思いつつ、どんどん散らかっていく部屋と無関係ではないはず▽今日、ひとつの気持ちが僕の中で死んだ。気持ちって死ぬんだなって思った。それもかなりあっさりと。それは悲しくもあり、救いでもある。とはいえ、やっぱりずっと死なない想いってのもあるんじゃないかと思う。肉体が滅びた後まで生き続ける不死の想い。厄介だ。この年にもなると、誰でも一つくらい抱えて生きてるんじゃないだろうか、そういう想い。諦めたフリをしたり、忘れたフリをしながら。今日死んだ気持ちはもう二度と生き返らない気がする。それは救いでもあり、悲しくもある。
20040616
20040616.jpg
昨日から仕事は2連休だが、今日は相当ハードな一日になった。朝8時半に日舞同門の役者さんと新宿駅で待ち合わせ、都庁横の新宿中央公園で日本刀の使い方を教わる。公園に向かう途中のファミレスで今回のイベントの趣旨と、自分の役どころ、物語や舞台の作りなどを説明する。先日考えた演技プランを提示し、気になるところを手直ししてもらう▽中央公園はホームレスの青いビニールテントが犇き、ちょっとしたキャンプ施設のよう。芝を囲う柵にはタオルや靴下が一定間隔にきれいに干されている。流石にバーベキューを楽しんでる人はいなかったけど、東京のど真ん中、都庁も真横にあるのに……▽下が砂利になっている場所を探して、早速抜刀から教わる。刀は、勢いだけで早く美しく抜けるものではない。柔軟に腰を開き、鞘を上手に引きながら素早く抜刀。剣の使い手が満足に抜刀もできなければ笑い種だ▽続いて様々な刀の構え方と、斬り方。短い時間の中で、なんとか格好だけでもつくように。きっと細かいところを言えば全然なってないはずなんだけど、視界と感覚の中でその動きたるや完璧に美しく、自己陶酔のうちに次々と段階を踏んでいく。そして最後に納刀。これがまた難しい。血振りの動作から柄を支点に弧を描かせ、胸の前で鞘と棟を合わせる。鞘口を滑らせて剣先を合わせ、一旦鞘引きをして刀が鞘と同一直線上にきたら、鞘を出しつつ刀を引いて、納刀。スムーズに決まれば、ゆっくりでも納刀の動きだけで充分見せられると思う。ま、決まればだけど▽一通り学習したところで、実際に動いてみる。こことここに人がいて、舞台の幅がこれくらいだから……。段取りは上手く組めたのだが、問題は舞台の広さ。横幅1メートル20センチしかないので、お客さんが非常に近い。両幅あと1メートルずつ確保できなければ、抜刀納刀さえ難しいだろう。この見せ場、あるとないとでは流れがかなり変わってくる。演者側のテンションも全然違う。なんとかなるといいなと思うけど、無理なものは無理だしね▽軽く昼食を摂って師匠と別れ、日舞へ。先生宅に伺ってから、そういえば今日の午後は混雑してる日だったと気づく。ま、でも折角来たのだからと当初の予定通り1時間ほどお時間を頂くことに。さっきの立ち回りも含めて現時点での演技プランを説明したあと、実際に動いて見せて動線と感情についてダメをもらう。ちょっと説明してみせただけなのに、自分では気づかなかったような奥深いところまで指摘されるのは流石。ありがたい。次に3人も控えていたので、浴衣や扇子、番傘などお借りして早々に退散▽一旦帰宅して、汗を洗い流した後、下北沢でキャスト、スタッフの顔合わせ兼、衣装合わせ。なんせめちゃ人見知りなもので、お芝居やる時なんかでもそうなのだが、馴染めるまでに時間がかかる。でも今回は衣装合わせの待ち時間で何人かとは話せたし、終わった後に打ち合わせも兼ねて朝まで飲んでた面子とは仲良くなれた。順調な滑り出し▽で、肝心な衣装はというと、正直とっても不満。役者でなくても、着ている服やメイクで自分が変わる感覚って、特に女性の方はよく分かるのではないでしょうか。今の衣装だととても気持ちを上に持っていけない。まだ決定ではないということなので、なんとか本番までにバッチリ格好いいものを用意してもらいたいものです▽今日は主役で、自分の相手役でもある歌手のTONKAさんが急な事情で参加できず、他にも何人か欠席者がいたので、全員の顔が揃うのは22日のリハか、もしかしたら本番ギリギリまで揃わなかったりして……。実際の芝居だったら絶対あり得ないことが、今回に限ってはアリアリだからなぁ。とっても不安。しかし朝まで続いた白熱トークは、半端じゃなかったなぁ。とてもついてけない。世の中信じられないほどパワフルな人がいるものだ。でもこういう熱い人たちの輪の中にいられる自分はとっても幸せだと思う。
20040615
20040615.jpg
ここのところ日記の更新が滞っていた。何日分かまとめてup。なるべくその都度更新したいとは思っているのだけれど、これからも度々あると思いますので、日記が更新されてる時はチェックしてみてくださいね。あと、昨日teruが日記にも書いてる企画の発表も近日中の予定。これは是非チェックしていただきたい。メインページに告知します▽teruの出勤を見送って、バイクで家路に就く。二車線の湾岸線を走るトラックの間をすり抜けて、ほとんど休みなく走り続けてもたっぷり2時間かかってしまいました。昼に宅配物が届く予定になっていたので、それまで一眠り。とってもいい天気で部屋にいるのは勿体ない気もしたけど、全開の窓から差し込む初夏の日差しと、心地よい風を感じながら眠りに落ちるのも決して悪いものではない▽夜、レイトショーで話題の邦画『世界の中心で、愛をさけぶ』を観た。まだそんな話題に上っていなかった頃、やはり柴咲コウの帯と、ポップのコメントが気になって小説を買って読んだ。正直、確かにピュアで素敵な物語だとは思ったが、200万部を超える爆発的なベストセラーになったり、映画化されたりすることになったのは偏に柴咲コウ効果に尽きるのではと思っていた。だから映画化されても観に行くつもりもなかったのだが、ここにきて翻意したのは友人知人が絶賛していたから。それも、男友達が声を揃えて「泣けた」と言う。男が涙するラブストーリー。こいつはチェックしとくべきかもな、そう思ったのである▽内容については現在上映中ということもあって控えるが、結論から言うと、泣けた。原作にはない躍動感だったり、人物の心の温かみだったり、そういうものがリアルに伝わってきて、自然と涙が溢れた。人を本気で好きになるって、すごいことだなって思ったし、それほど好きになれる誰かがいてくれるって幸せなことだなと。理屈じゃなくて、突き動かされる衝動。サクを演じた森山未來くんがインタビューでも答えていたけど、「人って誰かを好きになると走るなぁ」っていうのがとてもよく分かる気がする。駆け出さずにはいられないほど、叫ばずにはいられないほどの抑え切れない情熱を持って生きたい。生ききりたいと強く思う▽主人公の故郷は四国の高松という設定だったが、ところどころ愛媛がロケーションに使われていて、それもポイント高かった。瀬戸内を臨む四国の情景、懐かしくも愛おしい。上京する前は、ただ退屈でつまらないだけの土地だと思っていたのに。年を取ったということかしら……。
20040614
20040614.jpg
仕事後、バイクで高速に乗り、湾岸経由で千葉方面へ。今日はteruと依頼されている企業のホームページに関する打ち合わせ。昨日1時間しか寝てないし、半端じゃなく疲れていたので、作業前に風呂に入りに行くことにした。「丘の湯」にはちょい負けるけど、リーズナブルで綺麗な「常盤殿」というスーパー銭湯が「ららぽーと」にある。もう仕事中からずっとそこの風呂に入ってる自分をイメージしてたから、駐車場前まで来て休館に気づいたときには相当ガックリきた。その落ち込みぶりに気を遣ってくれたteruが、持っていた利用券でスポーツクラブの風呂に入ろうと言ってくれたのだが、なんとそこも今日が休館日。なんなんだよっ!つい先日も「丘の湯」で同じ目に遭ったとこなのに。どうやらここんとこついてないらしい。結局普通の銭湯で我慢。でもスチームサウナも露天もあったし、たまにはこういうとこも悪くない。風呂に入りながら夢や恋愛、結婚観とか、希望に満ちた将来について語り合うこういうひと時が一番楽しい▽美味しいメロンを食べながら作業を進める。初歩的な問題解決に思わぬ時間を取られ、予定より大幅に進行状況は遅れを取ったが、とりあえず実験的にアップしてみた。まだ穴ぼこだらけだけど、来月いっぱいを目処に完成させる予定。輝かしい未来を勝ち取るためにも頑張らなくてはなのでした▽お風呂の日記のネタ、やっぱりteruと被っちゃいました。ま、こんなのもアリだよね。こういう楽しみ方もアリだよね。いいよね?いいのか……。
20040613
20040613.jpg
23時過ぎに職場から一旦帰宅して、先日もお知らせした月末のイベント「night shaker」の打ち合わせに出かける。バイクで飛ばすと夜はまだまだ寒く、身体が冷えきってしばらくは思考が止まっていたが、暖かいうどんをご馳走になって元気回復。原案に基づいて物語をアレンジし、演技プランを固めていく。紙面上ではほぼ納得のいくものが出来上がるも、実際に動いてみないことには。きっと予期せぬ歪が随所に現れてくるはず。心強いのは某有名演出家に助言を頂けるかもということ▽通常、演劇だと稽古から本番まで最低でも一ヶ月。特に本番前一週間などは朝から晩までみっちりと稽古して本番に臨む。それでも完成度の高いものを自信もって観客に提供できるかっていうと難しい。が、今回はリハをほとんど行えない。本番二日前に約3時間、あとは本番当日、店の営業時間前に少し。そんな感じで本番を迎える。どこまで仕上がるかというと……。ショーだからもちろん台詞はないのだけど、ない分余計に動きや表情が大切になってくる。一緒に出演するモデルさんたちはその辺お手の物なのだろうが、動きにごまかしが効かないというプレッシャーは自分にとって相当重い。「不安はありますか?」と聞かれるなら、「不安しかないです」というのが現段階。「不安も大きいですけど、その分楽しみもビッグですね」なんて答えられるようになりたいものだ。ま、そんなインタビュー誰からもされないんだけど▽格好良いフライヤーも完成。欲しい方はメールください。入場は1人1ドリンク付で2500円、フライヤー持参で2000円。なのですが、ryuuのゲストとして来てくれる方は特別1000円でご入場頂けるように致します。「night shaker」というイベントが始まるのは19時から(終わりは25時)。ファッションショーは22時スタートです。ショーの時間は20分ほどだと思いますが、なにぶん遅い時間なので、帰りの電車とか気にしておかないとです。6月24日木曜日、場所は青山のTHE ORBIENTというclub▽再度帰宅して演技プランを軽く手直ししつつpc上に清書。今回のディレクターでもある友人にメールに添付して送信。その他ホームページ関連の作業などしてたらあっという間に朝7時。サッカーのイングランドvsフランス戦はどうなったんだろう。ベッカムのフリーキックから1点決まって前半イングランドがリードしてたのは知ってるんだけど。もう思いっきり「めざましテレビ」始まってるし。てか、もう出勤時間だし……。
20040612
20040612.jpg
月末のイベント「night shaker」のためにやれることやってかないと。ということで、まず手始めにここんとこ休みがちだった日舞を真面目に取り組むことにした。なんと言っても、今回のファッションショーは着物ショー。動きはもちろんのこと、精神的な面も日舞に触れることで少し変わってくるはず。その時代の風習や格好、ものの考え方についても勉強が必要。日舞のことに限らず、いつも親身になって相談に乗って頂ける先生は、自分にとって師であると同時に、第二の母でもある大事な大事な存在。毎度ご迷惑ばかりおかけして、本当に頭が上がりません▽で、第二弾。減量。先日から体力と時間に余裕があるときには縄跳びをしたり、軽いジョギングをしたりしているのだけれど、手っ取り早い作戦として、夕飯を抜くことにした。昼食も極力ご飯少な目。ダイエットには炭水化物が天敵ですからね。あとは我慢我慢。「あ~、お腹減った~」って思った時からが勝負です。貯蓄している脂肪分をどんどん使ってもらわないと。出し惜しみしなくていいよー。少し頬がこけた顔でステージに臨めるように、大好きな甘いものもやめよう。いや、減らそう。あー、お腹減った。
20040609
20040609.jpg
先日、月曜日だったかな。友人から連絡をもらって、今度青山のクラブでちょっと変わったファッション・ショウをやるんだけど出てみないかと誘われた。面白そうだったし、声をかけてくれたことが嬉しかったし、何よりこんな機会は滅多にあるもんじゃないと思ったから二つ返事で了承した。が、今日仕事の後、会場となるクラブで打ち合わせに参加してかなりビビった。エラいことですよ、これは。そしてそして、責任重大でございます。ショウの中で小芝居があって、芸に命を賭ける美しき辰巳芸者に恋する色男を演じます。もちろんショウだから台詞はないのだけど、ポジション的にとっても重要。各方面で活躍している有能なクリエイターが集結し、このショウを成功させるために日夜情熱を燃やしている。絶対足を引っ張らないようにしなくては。今日から当日までに3キロ落とし、過去の日本映画を見て研究を重ね、最近あまり稽古に行けてなかった日舞も真剣に取り組もう。頑張らなきゃ!▽TONKAさんという美麗な歌姫が相手の辰巳芸者を演じる。彼女の歌声だけでその空間を魅了するだろうし、もしかしたら他の小芝居なんて蛇足以外の何者でもないかもしれない。でも、そう言われないように、やれるだけのことを▽その他にも企画目白押しで、きっと最高に素晴らしい夜になることは間違いない。もし興味のある方がいらしたら、是非足を運んでみてください。平日の夜だし、小芝居の終わる時間は終電ギリギリになっちゃうかもしれないけど。また詳細は追ってお知らせします。フライヤーも明後日くらいに出来るはずなのでご希望の方はBBSに書き込むか、メールでお知らせください。
20040608
20040608.jpg
一年のうち何度か、過去を振り返って思い出に浸ってしまうことが誰しもあるのではないだろうか。今日がそんな日。6月8日▽こんな日は掃除するといい。心理学的にも実証されている。ここ数日忙しくて部屋も散らかりっ放しだったから丁度いい。一つ一つ荷物と一緒に気持ちも整理していこう▽午後から府中へ買い物に出かける。途中東京競馬場の横を通ったのだが、競馬もないのにウキウキしてしまうのは困ったものだ。買い物を済ませ、軽く食事をしてから二日連続丘の湯へ。と、思っていたらなんと本日は休館。今月たった一度の休館日が今日だなんて。ついてない。もう絶対今日は入る気でいたから残念で仕方なく、他に良い場所はないかと帰宅後にネットで探してみるも、遠かったり高かったりで、何気に丘の湯が近くにあるって恵まれてるんだと再認識。でも、やっぱり悔しかったから、近くのスーパーでフルーツを買い漁り、超贅沢な気分を味わうことに。友人にもらったメロンと、実家から送ってもらった美生柑(みしょうかん。グレープフルーツのように半分に切ってスプーンですくって食べる。グレープフルーツより甘くて美味しい)を合わせてかなり豪華な盛り合わせ。フルーツだけでお腹いっぱいになるほど食べたのは生まれて初めてかもしれない▽今日はちょっとヘコみ気味な一日だったけど、すっごくいいこともあった。先日職場で知り合ったリチャード・クレイダーマンからCDが届いたのだ。あの、本物ですよ。気に入ってくれて、本当は日本に滞在中にってことだったんだけど、手元にないから帰国した後に郵送するよって住所聞かれて。舞い上がってしまいました。あの、クレイダーマンですからね。でもCDをもらえることより、一介の日本人青年にとても紳士的に、好意的に接してくれたことが嬉しかった。何より、”My Friend!”って呼んでくれたことが。早速お礼の手紙を書かなければ。実は後から分かったことだけど、彼の来日コンサートで舞台監督をやっているのは友人の弟だったってのにも驚いたな。
20040607
20040607.jpg
今日は明けなので昼過ぎに退社。用事があって原宿へ。昨夜から降り続いていた雨が上がり、晴れ間から眩しい光が差し込む。とても爽快な気分▽先日送付したDMがほぼみなさんのお手元に届いたよう。期待以上の来訪者の数で嬉しい限り。本当にありがとうございます。飽きられないように、日記はもちろん他のページもどんどん更新していきますので、ネットを開いたときには是非ともお立ち寄りくださいませ(もちろん「お気に入り」に入れて頂けましたよね?)。日記は3月28日からスタートしてますので、未読の方はヒマな時にでも読んでやってください。BBSへの書き込みもお待ちしています。ホームページに関するご意見ご感想、ryuu & teruへのメッセージに限らず、全ての人にとって楽しい交流の場になってもらえるといいなと思います▽7連勤明けでグッタリ疲れたので、また丘の湯へ行って来よう。会員になったので入湯料が50円安くなるのだ。
20040606
20040606.jpg
今夜は職場に泊まり。カプセルホテルのような場所で眠る。基本的にいつでもどこでも寝られる性質なのだが、ここは苦手。人の出入りがある度に目が覚めてしまう。ようやくウトウトし始めたと思ったらアラームが数分おきにあちらこちらで鳴り響く。なかなか止めてくれない人もいて、結局深い眠りにつくことはできない▽でも、ちゃんとした寝床で眠れるだけ幸せなんだけど。職場が西新宿なので駅はもちろん、ビル横、公園、いたるところでホームレスを見かける。以前は深刻な問題として頻繁に取り上げられ、特集になったりもしていたのに、最近は滅多に話題に上らない。不景気のせいだ。就職難やリストラって言葉が耳タコの世の中で、ホームレスは増える一方だろう。取り締まれるわけもない。
20040603
20040603.jpg
バイクで風を切るのが心地よい季節になった(もうすぐ梅雨らしいけど)。新宿から首都高に乗って千葉方面へ。レインボーブリッジは下を走るより視界が広く、遊覧船や台場の景色がクリアに見えて、磯の香りを吸い込みながら走るのは最高に気持ちいい。海からの強風に煽られながらもフルスロットルで湾岸を突っ走る▽某駅前でteruから昨日届いたばかりのホームページ開設告知用DMを受け取る。頑張って作った甲斐あって満足のいく出来上がり。PCのデスクトップ上で作っていたものを、実際に一つの作品として手にした時はちょっと嬉しかった。早速みなさんのお手元に届けるべく近くのファミレスで宛名書き▽帰りは下を通って新宿へ戻る。夜の銀座は歩行者天国ならぬタクシー天国みたいになっててすり抜けが大変。時間にはなんとか到着し、食事をしながら現在依頼されている某企業のホームページ作成に関する打ち合わせ。とりあえずトップ・メインのページデザインと全体の組織表を提示。とても気に入って頂けたのでこのまま作業を続行、7月末を目処に完成させる予定▽新宿郵便局からDMを発送。teruと合わせてとりあえず100枚ほど。早い人には明日届くのだろうか。アクセスしてくれるだろうか。楽しんでもらえるだろうか。期待と不安が入り混じる。月がとてもキレイな夜。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2004/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。