*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オペラ座の怪人
20120115.jpg
誘われて、久しぶりに劇団四季を。
演目は『オペラ座の怪人』。
この作品はミュージカルでも映画でも今まで観たことがなかった。
作曲家アンドリュー・ロイド・ウェーバーによって究極のラブストーリーに仕上げられた本作。
誰もが一度は耳にしたことのあるあの楽曲たちは、当時妻だったサラ・ブライトマンのために書かれたものだとか。
あのパイプオルガンの旋律とファントムの歌声にすっかり魅了されました。
映画でも一度観てみようかな。
スポンサーサイト
ダイヤモンドの夜に会おう
午後、久しぶりにキャラメルボックスの『流星ワゴン』を観るため池袋のサンシャインへ。
今回は菅野さんが出演するし、重松清の原作も読んでるし(発行当時だけど)。
ちょっと前に十番の居酒屋で地元の役者連中と飲んだ折、菅野さん本人からどんな感じかは聞いていたので、その後稽古を積んでどうなったのかも興味があった。
あの作品を舞台化すること自体、かなりなチャレンジだったとは思う。
しかもキャラメルのカラーを崩さずにやるとしたら、肝心な部分を描けないかも。
などと想像はしていたのだけど、それ以前に突っ込みどころが満載で。
終演後、菅野さんにご挨拶に伺った際にいろいろ投げかけてみたのだけど、期待した切り返しはなかった。うーむ。
20111218.jpg
夜は、渋谷松濤にあるセレブなサロン「エルデ」へ。
もう15年も昔、上京してすぐに入所した役者の養成所「アクターズ・ファーム」の同期と同窓会。
何年も音信不通になっていたのだけど、これもfacebookのおかげで連絡を取り合えるようになり、久しぶりに会おうじゃないかということになったのだ。
今回集まったのは、サロン付のバーで働いているHさんを含め6人だけだったが、うち4人が今でも現役で役者を続けていることに驚いたし、とても嬉しかった。
でも懐かしく昔を振り返る中で、仲間のうちで最も若く華やかだった女性の不幸や、諸々と世知辛い世の中を痛感するエピソードなどもあり、あの頃とはいろんなことが変わってしまったことを思い知らされもした。
そういえば、養成所の最後に打った卒業公演の内容がまさにこんな感じだった。
あの作品では、もう一度みんなで芝居をやろうなんて盛り上がるのだけど、でも流石にそうはならず。
でも、もし誰かが本気で言い出したら、どうなったんだろうな…。
何はともあれ、これからは極力、現役で役者を続けている仲間の舞台は観に行くことにしよう。
そしてまたいつか、ダイヤモンドの夜に会おう。
新喜劇辻本班
お昼前に歯医者。
大事な奥歯を一本抜かれた。
数年前に治療したとき、神経を抜いた歯はいずれと言われていたけど、ショック大。

麻酔でほっぺたが少し引き攣った顔で、新宿ルミネtheよしもとへ。
今回もまたせいこちゃんのご厚意で無料招待。有難い。
震災時に比べれば随分客の入りも戻ってきた感じ。
でも大半は修学旅行生で、しかも宮城の学校だった。

今回、前半はチュートや中川家も出てきたのだけど若干期待外れ。
売れてる人たちはここじゃ全力出さないんだなと思うと、仕方ないんだろうけど少し残念。
でも後半の辻本班の新喜劇は、今まで観た中で一番面白かった。
どこまでがアドリブか、もしかしてほとんどそうなのかとさえ思えるリアルな笑い。
でも実際は大半が計算なのだということがあとで分かって舌を巻く。
新喜劇の真髄、見せてもらいました。
ZEDに行ってきたZE~D!
新木場経由で舞浜という随分昔を思い出す懐かしいルートでTDRへ。
家族連れやら恋人同士、仲良しグループもたくさんでみんな笑顔の駅周辺。
そんな中、新聞を広げて「エリザベス女王杯(G1)」の予想に精を出す。

昼食はイクスピアリの「ANGERINA PARIS」。
歯痛がヒドくて、何が食べたいかより何なら食べられるかで店をチョイス。
なのに、オムライス単品ではなくステーキとのセットメニューを注文。
普段早食いなのだけど、ゆーっくり食べました。
111113_1.jpg
余裕かましてのんびりしていると、気がつけば既に開場5分前。
慣れない場所で足早にウロウロしながら、それでもなんとか「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」に辿り着く。
111113_2.jpg
今日はついにシルクの「ZED」を鑑賞。
エンタメ好きな友人に、「絶対観ておくべきだ」と強力にプッシュされたこの作品。
この日を指折り数えて楽しみに待っていた。
zed.jpg
シルクの公演は、随分前に「アレグリア」を観て以来だったけど、ただただその迫力に圧倒されたそれに比べ、「ZED」にストーリー性も高く、その神秘的な世界観にぐいぐい引き込まれる。
ステージや衣装はもちろんのこと、洗練された肉体が繰り広げるアクロバティックな演技、光と歌が奏でる中世のタロットカードをモチーフにしたファンタジックな世界。そのどれもが芸術的で、半端なく美しい。
「天」と「地」の様々な世界を旅する主人公のZEDは、あたかもテグジュペリの星の王子様。
終始、感動に次ぐ感動で、2時間強があっという間。
今年いっぱいで終わってしまう前に観られて本当によかった。
友人に感謝感謝。
111113_3.jpg
公演が終わると日も暮れており、イクスピアリではきれいなツリーが点灯。
111113_4.jpg
そして、帰り際に舞浜駅で見つけた路線図の料金の不思議。
後になってその謎は解けたものの、どうして恵比寿だけ値段が高いのか分からず、誤表示ではないかと本気で思っていた。
111113_5.jpg
夕飯は、飯田橋で下車し「れもん屋」のお好み焼き。
相変わらず狭くて小汚いお店だけど、味は絶品。
そして、ZEDの余韻に浸りながら帰宅。
今夜はいい夢が見られそうだ。
中野ブロンディーズ
brondies.jpg
池袋でtellと待ち合わせ、デニーズで昼食。
注文した料理が出てくるまでの間、互いに沈黙してiphoneやらipadなどをいじる。
仕事だったからなのだけど、客観的にはさほど仲良くもなく、会話がない二人のように見えたはず。

サンシャイン劇場に移動して、たくませいこちゃんが出演する舞台『中野ブロンディーズ』を鑑賞。
AKBやらSKEやらのアイドルがワラワラ出てきて、勢いで突っ走る感じの作品なのかと思っていたが、これが期待以上の面白さ。
テーマも内容も構成も王道。
再々演になるのも納得。
開演前にむしゃくしゃしてた気持ちもチアアップされて吹き飛き飛びました。

終演後、楽屋にお邪魔してせいこちゃんと面会。
超のつく多忙な日々を乗り越え、立派に演じあげた彼女は流石。
楽屋で素な感じのアイドルを見るのも貴重な経験でした。

劇場近くのスタバに寄り、駅に向かう道すがら、もし自分の娘があんなステージに立ったら、もう開演前から泣きっぱなしだろうね、などとtellと話す。ま、自分には今のところ全くリアリティがないのだけど。。

池袋でtellと別れ、羽田に向かう。
そして、夕方の便で松山へ。
搭乗前に、数年ぶりに会う地元の友人から偶然声をかけられる。
不思議な縁で、地元ではなかなか会えないのに、以前にも東京でバッタリ会った彼女。
機内でCAに空いている隣の席を用意してもらい、松山空港まで近況報告。
元気そうでよかった。

20111008.jpg
実家に戻ると、リクエストしたチャゲタを作って母が待っていた。
相変わらず美味い。
どこの店に行っても絶対食べられないこの味。
食後はもちろん媛彦温泉へ。
自分の中に問題あり
午前中、中目黒某所にて作家登録している事務所のブレスト会に参加。
しかし、思考瞬発力のなさと無駄な謙虚さが仇となってガッツリ凹む結果に。
作家としても、経営者としても、まずは自分の中に大きな問題がある。
どうしなきゃいけないのかは分かっているのだけど、自分を変えるってのは本当に難しいことで。
この期に及んで自己啓発本でも読んでみようかと本気で考えている今日この頃。

いつまでも凹んでいても仕方がないので、帰り際、ジムで思い切り汗をかいて発散。
でも走りながらもずっと頭の中では大反省会が繰り広げられていて、気がつけばいつもよりたくさん走っていだけで、特に気晴らしにはならなかった。

帰宅後facebookを開くと、以前ちょっとしたご縁で知り合った「altro mondo」の南伊なみさんが、東京タワー正面エントランス広場で、野外ライブをやるという情報が。出演時間に間に合いそうだったので、自転車を飛ばしてタワーの真下へ。
広場はビアガーデンになっていたのだけど、涼しい風を受けて、とても気持ちよさそう。
映画『心霊病棟』の主題歌になっている「I miss you」も披露した「altro mondo」、素敵でした。
20110820_1.jpg
ライブが終わってしばらくすると、東京タワーがライトアップ。
見計らって見上げていたのだけど、点灯する瞬間を初めて見た。
そうこうしているうちに、凹んでた気持ちも少しずつ復活。
頑張ろっと。
20110820_2.jpg
ワンダーキャンプ
予定より少し早めに目白到着。
目白に来るのは、2年前の春に戸山公園で夜桜を観た帰り以来。
今後、一生思い出に残るシーンがいくつあるかわからないけど、あの夜もきっとそう。

郷愁に浸りながら、目白通りをプラプラと歩いて「アイピット目白」へ。

今夜は、よしもと芸人が山手線全29駅の会場でお笑いイベントを開催する「ワンダーキャンプ」。
目白駅では、よしもとの俳優班が演劇の舞台を。
たくませいこちゃんも出演するというので、本当はtellやsaoriさんと行きたかったのだけど、tellは海外出張中だし、saoriさんは予定が合わず、一人で行ってきた。

正直、あまり期待はしていなかったのだけど、存外面白く鑑賞。
内容はともかくとして、ステージを面白くすることにかけて、やはりよしもとの人たちはプロだなと改めて。
せいこちゃんのハッチャケぶりも最高でした。
STORY
JULY2220ver.jpg
午後、競合他誌の営業さんが連続して来社。
持ってる畑の大きさも大事だけど、より耕す人だと思い知る。

打ち合わせが予定より早く終わって横浜へ。
「Thumbs up」というライブハウスで行われた『Story』という公演へ。
シンガーソングライターと舞台女優、そしてナレーターという3人の異業種コラボ。
各々がそれぞれのスタイルで小さな物語を語り紡いでいく。

3部構成の前半、三者が微妙にちぐはぐで、転換する展開に繋がりが途切れる。
後半は少しずつ絡み合うようになって、全体的に意図した空気感を醸しつつはあったが、
やはりそれでも個々の魅力を何倍にも増幅させるまでには至らなかったかも。
舞台女優である友人の、演技を交えた語り部としての才能は素晴らしかったし、
優しい音色で弾き語るシンガーの、どこか懐かしい感じのする歌声も魅力的だった。
なだけに、何かが違えばもっと素敵なステージになったのではと非常に惜しく感じた。

本来、震災翌日の3月12日が公演日だったこのステージ。
苦渋の決断から4ヶ月余り。
不撓不屈の精神で打った友人の晴れ舞台を観に来られてよかった。
そのペン書けず
朝から来客があり、先日契約した某ポータルサイトの管理画面について説明を受ける。
今日から、そのサイトにアンタントのサロン情報もアップ。
詳細については、近日中にアンタントのブログでご紹介できれば。

午後のお客様が帰られた後、軽く打ち合わせをして巣鴨の呉服屋へ。
実は今週月曜日に続いて二度目。
楽しい用事ではなかったが、いろいろと勉強になった。
そして少しでも役に立てたなら嬉しい。

渋谷で久しぶりに王将の餃子を食べた後、下北沢の駅前劇場へ。
当ブログではお馴染みTheatre劇団子の公演『そのペン書けず』を観てきた。

前回、紀伊国屋で大成功を収めた劇団にとって、今回こそが真の勝負公演。
下北沢が初参戦というのは意外だが、紀伊国屋の後に駅前劇場。
しかも役者が企画した初の時代モノ。
有川浩氏と沢城みゆきさんのタッグで獲得した新規客を繋ぎ留めた上に、前回少し首を捻ったコアファンを納得させるには、正直厳しいのではと思わずにはいられなかった、のだが。
20110624.jpg
今まで観た中で最もクオリティーの高い、劇団子の新たな代表作となるべき秀作だったと思う。
映画もTVも、そしてお芝居も、やっぱり人間を深く描いたドラマこそが素晴らしい。
石山さんの筆力を改めて思い知ったし、役者陣の力量のバランスも絶妙だと思った。
本当にいい物語だからこそ、いくつか欲張りな注文をつけたい気がしないでもないけれど、それはまた近々阿部くんに聞いてもらうとして。
劇団子の本来の、そして新たな魅力がたっぷり詰まった本作、いつか必ず再演してもらいたいものだ。
待った
一晩中格闘してはみたものの、復旧せず。
朝からサポートに電話して、試行錯誤してみるも、症状は悪化の一途。
挙句、リカバリさえかけられず、ご臨終を告げられる。
やむを得ず、渋谷のヤマダ電気で型落ちのデスクトップPCを購入。
時間もないし、駅まで運べる重さでもなかったので、タクシーで帰宅。
急いで作業して、夕方までにどうしても片づけなくてはならなかった作業をなんとか終了。

夕方、六本木でブツの受け渡しを終え、中野ポケットへ。
友人の出演する舞台『グッドモーニング・ブルーバード!』を鑑賞。
「実はこの作品を最後に、役者を辞めようと思う」と、その友人から聞かされていた。

序盤はなかなかよかった。
空間構成が上手く、もっと広い劇場でやれたらよかったのにと思った…。
この後は書く気になれない。
でも一つだけ言わせてもらうなら、友人に「その決断、待った」と言いたい。

逃げるように劇場を去り、友人宅で行われているお誕生日会へ。
この場で渡されたプレゼントが、本日なんとか間に合ったアンタントのギフトチケット。
とっても喜んでもらえてよかった。
ハードワークの合間を見つけて、身体のメンテナンスに来てもらえれば。
プロフィール

ryuu

Author:ryuu
Welcome!!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ryuu73
    follow me on Twitter
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。